ソーシャルファイナンスを志し、オランダのRotterdam School of Management, Erasmus University (RSM)に留学。
みなさまのご協力のおかげで無事に卒業、就職することができました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。



ブログでは日々の生活において感じたことや読んだ本のこと、さらにはCSR・ソーシャルファイナンスなどに関係した情報などを綴っていきます。


これからも「ゆーけーのお仕事日記」をどうぞよろしくお願いします。


ご感想やメッセージなどございましたら、thedelegateofuk @ msn.com までお願いします(@の前後の空欄は削除してください)。



管理人のホームページはこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由

2017-02-28 20:17:20 テーマ:読書

日本随一の古書店街でオフィス街でもある、東京・神保町には1軒のユニークな定食屋さんがあるそうです。

その名は、「未来食堂」。

 

そのユニークなポイントの一つが、「ただでご飯を食べさせてくれる」こと。

そんな「ただめし」を食べさせる食堂が、ボランティアではなくしっかり黒字を出している。

そんな話を耳にして、その店主の方が書かれた書籍を読んでみました。

 

未来食堂の大きなユニークポイントは、「まかない」「ただめし」「あつらえ」「さしいれ」。

 

まかないとは、その名の通り、お店を手伝ってくれた方に対して、食事を提供すること。

50分で1食と標準化されていて、1度お客さんとして来た方は誰でもまかないを申し出ることができるそうです。

興味深いのは、必ずしも食事が目的でまかないを申し出るわけではないということ。

飲食業界では自分でお店を出したいと思っても、修業期間が長く、すぐには技術を身につけさせてもらうことが難しいことから、そのような方が修行目的でまかないを行ったりすることもあるのだとか。

つい「食事が無料」「労働力の補てん」という点に目が行きがちですが、こういう価値もあるのかと、目から鱗でした。

 

ただめしもその名の通り、無料で食事を提供すること。

ただ、食事(食費)を提供するのがお店ではなく、「まかない」で無料券を取得した人、のがユニークです(もっとも、まかないをした人が自分で食べるだけだと「ただめし」=「まかない」になりそうですが)。

前述のとおり、「まかない」をする人の中には無料で食事をすること自体が目的ではない人もいて、そういう人は無料でご飯を食べる権利を持て余してしまいます。

そういう場合には、その無料券を他のお客さんに譲ることができ、結果として他のお客さんは「ただめし」を食べることができるということです。

まかないさんとお客さんがちょっとした縁でつながるのが面白いです。

 

あつらえ、とはお客さんの好みや要望に合わせた食べ物を提供すること。

ベースとなるのは定食ですが、お客さんのその時の気分や食べたいものに合わせて、小鉢をつけたり、定食の一部を変更したりしてそのお願いに応えます。

もともと店主の方は偏食だったこともあり、「おいしい」を押し付けられるのに違和感があり、だからこそ、いろんな人に「おいしい」を押し付けず、人それぞれに好みに合ったものを提供したいと考えたそうです。

こういうこともお店の個性を生み出すのですから、人の特徴を安易に評価してはいけないと思わされます。

 

そして、4つ目のさしいれ

一般的に居酒屋などでお酒を持ち込むと持込料がかかりますが、未来食堂では持込料はとらず、持ち込んだ量の半分をお店に提供することになります。

お酒の行方はケースバイケースのようですが、基本的にはお店においてあって、他のお客さんが自由に飲んでよいようです。

つまり、お酒を持ってきたお客さんが他のお客さんに差し入れするのをお店が媒介しているということです。

 

 

普通のお店だと、お客さんは自分たちでご飯を食べるので、あまりお店の人や他のお客さんとの関係を意識することはありませんが、未来食堂では、顔は見えないながらも、無料券を提供してくれたまかないさんや差し入れをくれた他のお客さんとの関係を感じることになりますので、その程よい距離感は素敵だと思います。

 

また、行き場のない人のセーフティネットとなることや、経営の透明性(ウェブで業績が公開されています)、飲食業界で頑張りたい人の経験を積む場の提供といったことを意識されているということも興味深く感じました。

 

そのほかにも、起業するには具体的なイメージ・情景を描くことの大切さも記されていて、自分でサービスを作ることについての大きなヒントをもらった気がします。

何かを考えるとき、つい抽象的な言葉で進めてしまうことがありますが、それではうまくいかないことがよくわかります。

 

 

自分は今資産運用業界にいますが、未来食堂と同じように、投資家の方とのもっと近い関係を築き、また資産運用業自体にもっと社会的な意義を持たせ、それを投資家の方と共有したいと思っていましたので、全く業種は違いますが、考えさせられることが多かったです。

 

まずは未来食堂さんにお邪魔して、ご飯や雰囲気を味わってみたいところです。

 

 

ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由
太田出版 (2017-01-11)
売り上げランキング: 13,689

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「読書」 の記事

占守島の戦い

2017-02-05 08:51:05 テーマ:読書
日本において終戦日は1945年8月15日とされていますが、実際にはその後も連合国との戦闘状態は局地的に続き、法的な効果が発生する終戦日は9月2日でした(降伏文書への調印日)。
 
そして、8月15日から9月2日における隙間の2週間においても数々のドラマがありました。
そのうちの一つが、占守島の戦いです。
 
連合国は協調して第二次世界大戦を戦ったとはいえ、各国は大戦後を見据えて行動しており、ソ連は南部(日本北部)に一気に勢力を拡大する目論見でした。
そのため、アメリカには北海道東部をソ連占領地とするように要求するなどの動きを見せていました(この要求はアメリカに拒否されます)。
また、実力行使も進めており、千島列島を一気に南下し、北海道に上陸する予定だったようです。
 
そのため、8月15日以降も戦闘を停止することはなく、千島列島の攻略を開始しました。
その千島列島の最北部に位置するのが、カムチャッカ半島と目と鼻の先にある占守島(しゅむしゅとう)です。
 
終戦当時、占守島はソ連ではなく、対米国との北部戦線の最前線として守備が固められていました。
各地で戦況が苦しくなってくる中で兵力が引き抜かれていきましたが、それでも8月15日時点では占守島付近には約25,000名の兵力が配置されていました。
しかし、アメリカが攻撃してくることはないまま終戦を迎えましたが、緊張の糸が解けたのも束の間で、代わりにロシアがポツダム宣言受諾後に攻撃をかけてきました。
 
国家としては降伏を決めたものの、日本軍は軍隊としてはまだ意気軒高で、また戦闘は中止していたものの自衛は認めていたため、占守島の守備部隊は反撃を行うことになり、占守島の戦いが幕を開けます。
 
その占守島を、停戦の軍使としてソ連軍に派遣された長島厚大尉の目線から書かれた書籍を最近読みました。
長島氏は少なくとも5年前まではご存命で、講演なども行われているそうです。
こうして歴史の証言者がその物語を残し続けてくださることは非常にありがたいことです。
 
8月18日未明にソ連が占守島に上陸を開始し、激しい戦闘が始まります。
そして、18日の午後には激戦のさなか、停戦の軍使として長島氏が派遣されます。
 
著者が長島氏に「死ぬかもしれないという恐怖を感じなかったか」と質問したのに対し、「大任を光栄に思い、その遂行のことしか考えられなかった」と長島氏は答えています。
著者は愚問を恥じたと書いていますが、やはり一般人は同様の気持ちを持つでしょうし、また戦陣に身を置いていた長島氏が任務を光栄に思い、それを果たすことだけしか考えなかったのも事実だと思います。
この辺りが一般人と戦陣に身を置いていた人との違いでしょうし、改めて立派な軍人が今の日本の礎となっていることに思いを巡らせました(もちろん軍人に限らず多くの先人の努力の賜物ですが)。
 
さて、その長島氏は護衛・通訳を連れてソ連軍の陣に向かうのですが、戦闘中の同輩からはなぜ敵陣に行くのかと詰られ、途中で護衛・通訳が戦死し、そもそもソ連軍とのコミュニケーションが取れない状態になっていましたが、途中でソ連軍の捕虜を見つけて連れて行ったり、停戦文書に司令官名のサインがないからと受け取りを拒否されかけると、その場で切腹(ハラキリ)するぞと脅したりして、その後の本格的な停戦・武装解除交渉につなげます。
 
そして、8月21日正午ごろ、ついに両軍は戦闘を中止し、占守島の戦いは終わりました。
 
もし長島氏が途中で戦死していたり、ソ連軍とうまくコミュニケーションをとれなかったりしたら、停戦が遅れ、より多くの犠牲者が双方に出たことは確実で、長島氏のおかげで多くの人命が救われたことは確かでしょう(その後シベリアに抑留されてしまいますが)。
 
本書では長島氏の軍使としての活躍だけでなく、占守島の守備隊がいかによく戦い、またいかに素晴らしい人たちだったかも描かれています。
 
今もって北方領土問題が解決していないのは残念なことではありますが、占守島の戦いがなければ、北方領土問題は北海道東部の帰属を争うものとなっていたかもしれず、その意味では北方四島が係争地となっていることは不幸中の幸いともいえるかもしれませんし、改めて占守島で戦ってくれた方々に敬意を表するべきだと思います。
 
 
ともあれ、先人たちが命を懸けて守ってくれたこの国を、我々も少しでも良くして次の世代につなげられるように生きたいものです。
 
 
北海道を守った占守島の戦い (祥伝社新書332)
上原 卓
祥伝社
売り上げランキング: 46,308
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

戦国の貧乏天皇

2017-02-04 14:00:37 テーマ:読書
天皇陛下の「ご意向」が表明されて以降、(象徴)天皇・天皇制のあり方についての議論が盛んになっていますが、言うまでもなく天皇の存在は古くから日本社会にとって重要であり続け、歴代の天皇・朝廷はその存在意義を維持すべく努力を積み重ねてきました。
 
天皇・朝廷のポジション・存在意義は時代によって異なり、古代や明治~戦前のように絶対的権威として君臨した時代もあれば、武士政権の時代のように、時の政権を権威によって後押しし、間接的に世情の安定に貢献した時代もありました。
 
そんな天皇・朝廷の存在意義が最も脅かされた時期(の一つ)は室町末期・戦国時代(織田信長の上洛以前)ではないかと思います。
個人的には、天皇の権威とは、権威の受け手となる、ある程度安定した政権があってこそ機能するもので、安定した政権がなく、混とんとして人々がその日の安全や生活にも困るような場合には機能しにくいものなのではないかと思います。
生活に困っていれば、偉い人のありがたいお言葉よりも目先の衣食住が大事になるのは想像に難くありません。
 
そして天皇・朝廷はその権威の提供と引き換えにその運営をサポートされているという側面があるため、権威の受け手がいない場合には、当然ながらその運営に支障をきたすことになります(戦国時代においても、天皇・貴族の自前の荘園は多少存続していましたが、武士の横領・侵略の憂き目に遭うことが多かったようです)。
そして、その存在価値が低かったゆえに、その時期の天皇については認知度が低く、研究もあまりなされてこなかったようです。
 
そのような経緯から、一般的にはその日の生活にも困窮しているというイメージが広がっていた戦国時代ですが、実際はどのような状態だったのか関心を持っていたところ、そのものズバリ、渡邊大門氏の「戦国の貧乏天皇」という書籍を見つけたので、読んでみることに(上記の認識も、本書に書いてある内容に基づくものです)。
 
本書で取り上げられるのは、後花園天皇後土御門天皇後柏原天皇後奈良天皇です。
時期的には応仁の乱から戦国時代中期頃(桶狭間の戦いの前)になります。
 
後花園天皇の頃の室町幕府の将軍は6代将軍・足利義教。
強権政治で一時幕府の権威を立て直したともいわれますが、実は関東公方・足利持氏が反乱を起こした際(永享の乱)には、義教は朝廷の権威に頼り、後花園天皇より持氏追討の綸旨を受けています。
さらに義教が重心の赤松満祐に討たれる事件(嘉吉の乱)が発生すると、混乱して有効な手立てを打てない幕府を援護すべく綸旨を発しています。
しかも、その綸旨は天皇自ら添削するなど、世情の安定のために強い意志を持っていたことがうかがわれます。
 
また、市井の民が飢餓貧困に苦しむ中、市民の安寧のために祈祷を行うとともに、御所造営を行おうとする将軍・足利義政に対しては漢詩をもって叱責するなど、人々の暮らしを思いやる気持ちを持っていたそうです。
 
後花園天皇以降、財政難のため即位式を含め数々の儀式が行われなくなっていきましたが、伝統的な儀式や教養は朝廷の存続のために必要なことから、天皇や貴族たちはそのような環境下でも学問や儀式のリハーサルを続けていたそうです。
 
財政難を解決するために、寄付をしてくれた大名に官位を与えるなどの苦肉の策をとる一方で、例えば後奈良天皇はその状況を苦々しく思っていたようで、官位をすぐには与えなかったり、公家大名の一条房冬がやはり献金で官位を求めたとき、それを事後的に聞いた後奈良天皇は激怒して返金してしまったというエピソードが残っています。
苦しい現実の中で、少しでも理想に近づこうとしている後奈良天皇の苦心が察せられます。
 
戦乱と財政難のため、内裏が危険にさらされたり、修繕が十分にできなかったり、と住居にも苦労した天皇・朝廷ですが、それを支えたのは戦国大名たちでした。
戦国大名は権威付けという目的はありながらも、朝廷に寄付を行うとともに、天皇・貴族領を支配している大名の中には、その年貢を朝廷に納付するものもいました(横領されたケースの方が多いのではないかと思いますが)。
戦国の姦雄として知られる宇喜多氏は、実はかなり律儀に朝廷に年貢を納付していたそうで、戦国大名としての顔とは違った一面が垣間見られます。
 
 
織田信長登場以降、豊臣政権・徳川幕府と安定した政権が確立されたことにより、朝廷の財政は安定するとともに、それまでとは違った役割を果たすことになります。
 
 
戦国時代には財政難で苦労を重ねながらも、自らの存在意義を忘れず、努力を続けていた戦国時代の天皇の姿は、現在とは位置づけは異なるといえどもやはり国家統合・国家安寧の象徴なのだと印象深く読みました。
 
 
皇位継承に限らず、今後天皇制がどのような道をたどるのかはわかりませんが、天皇の存在は日本の歴史とは切り離せないものであり、歴代天皇の想いが報われるようなあり方であってほしいものです。
 
 
戦国の貧乏天皇
戦国の貧乏天皇
posted with amazlet at 17.02.04
渡邊 大門
柏書房
売り上げランキング: 122,371
 
AD

後北条氏と大日本帝国

2017-01-21 23:34:40 テーマ:趣味や遊び♪

「後北条氏(小田原北条氏)は他の戦国大名に比べて地味だからなかなか話題にならない」という話をよく聞きますが、それはなぜなのか、ということをいつも疑問に感じています。

 

地方の小勢力が既存の名門勢力(今風に言うとエスタブリッシュメント、ということでしょうか)と戦いを繰り返しながらのし上がっていき、最後は時代の波に飲み込まれて一気に滅亡してしまう、という後北条氏の歴史はむしろドラマチックだし、変化の激しい現在だからこそ受け入れられやすいのではないかと思います。

実際には後北条氏の祖・北条早雲(伊勢盛時)は室町幕府の名門・伊勢氏出身であるといわれていますが、それでも関東にあっては余所者ですし、関東には堀越公方・古河公方・関東管領上杉氏などのエスタブリッシュメントがひしめいていました。

そして北条氏はそれらの勢力と抗争を繰り返し、最終的には関東に覇を唱えます。

最近は田中角栄ブームみたいですが、それなら同じような歴史を持つ後北条氏ももっと注目されてもいいのかな、と密かに思っています。

 

それはさておき、最近昭和史に関する本を読んでいたら、ふと後北条氏と大日本帝国の歴史には共通点が多いのでは、なんてことを考えました。

 

例えば、

・後北条氏も大日本帝国も地方の小勢力から一大勢力を築いた。

・両者とも、自勢力をはるかに上回る巨大勢力との戦争は望んでいなかったが、最終的には交渉がうまくまとまらず、紛争状態になってしまった(北条氏政も豊臣氏に従属の意思を表明していますし、昭和天皇も戦争は望んでいなかったとされています)。

・その交渉の過程で、自勢力内の意思統一ができずまとまりがなかった。

・紛争状態に入るきっかけをうまくかわせなかった(豊臣政権からの最後通牒にせよ、ハル・ノートにせよ、うまくかわす方法はあったそうです)。

・既存の同盟勢力との戦争状態になっていた(徳川氏は小田原征伐の直前まで北条氏と同盟しており、英国も第二次世界大戦の少し前までは日英同盟を締結していた)。

・頼りにしていた同盟者が自分より早く戦線離脱し、一手に戦争を引き受けることになった。

・負け戦が多かったが、局地戦では意地を見せたケースもあり(硫黄島の戦い、忍城の戦い、韮山城の戦い、など)。

・第二次世界大戦時のABCD包囲網を北条氏に当てはめるなら、アメリカ:豊臣家、イギリス:徳川家、中国:上杉家、オランダ:佐竹家みたいな?

※豊臣政権の前身である織田政権と北条家はもともと友好関係にあった。徳川家とは小田原征伐の直前まで同盟関係。上杉家とは越相同盟時を除けば仇敵の関係。佐竹家と北条家も長年の敵対関係で、佐竹家は北条家と伊達家という敵対勢力に挟まれ窮地にあった。

・終戦を決断した時には、すでに無条件降伏するしかない状況になっていた(本拠地小田原城の包囲、原爆投下)。

・一度の敗戦で、建国以来の成果物をほぼすべて失った。

・敗者側の責任者は勝者によって裁かれた(北条氏政・氏照は秀吉の命により切腹、主要戦犯は東京裁判で死刑判決)。

 

これらの内容は滅亡に向かうものに共通のものもあるので、後北条氏や大日本帝国固有のものばかりでもないでしょうが、それでもこれほど共通点があるのは意外でした。

これを見ると、北条氏の歴史も見せ方によっては人々の関心を引き立てられるのではないかと思ったりします。

 

とりあえず、せっかく思いついたので、妄想も交じってますが書き綴ってみました。

 

 

せっかく後北条氏推しをしたので、ついでに最近訪れた後北条氏ゆかりの場所の写真を載せておきます。

これで少しでも多くの人に北条氏に関心を持ってもらえれば嬉しいです(笑)

 

八王子城

八王子城は北条氏康の三男・北条氏照の居城で、北条氏の武蔵支配と西の守備の拠点となりました。

豊臣秀吉の攻撃を受けたときは、氏照は小田原城に籠城し、城は家臣たちが守っていましたが、奮戦むなしく落城。

落城の際には凄惨な光景が繰り広げられたようで、悲話も残っています。

 

城主の活動・生活の場である御主殿入口。

 

 

落城時に家臣や女性たちが身を投げたと伝わる御主殿の滝。

ホラースポットとしても有名です。

 

外部と御主殿をつなぐ曳橋。

 

 

韮山城

韮山城は北条氏康の五男・北条氏規の居城で、豊臣秀吉による小田原征伐時には最前線の城として激戦を繰り広げ、城主・氏規の指揮の下、寡兵ながら数か月の籠城に耐えた堅城です。

坂の厳しさ・道の狭さからも攻めにくさが伺えます。

 

坂道は長く、急で、道も細く、登るのが大変でした。

 

 

険しい道のりを越えて本丸に上ると、見事な眺望でした。

 

 

ついでに、韮山城近くにある世界遺産・韮山反射炉にも行ってきたので、こちらも。

 

韮山反射炉と富士山という二つの世界遺産が並んでいます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

抵抗にあっても信念を貫く難しさ

2017-01-01 23:46:51 テーマ:読書

仕事をしたり、議論をしたりするときに、相手から強い抵抗や非難を受けたりすると、ついつい自分の意見を引っ込めてその場がうまくいくようにしてしまいがちで、その結果自己嫌悪に陥ることがままあります。

 

もちろん、何かを進めるときには妥協が必要なときもあるでしょうが、毎度腰砕けになっていては自分の役割も果たせませんし、自分の向かうべき場所に進むこともできません。

だから、必要な時に自分の主張を通すべく強い気持ちをもって粘ることは大事なことだと常々思います。

 

自分の主張を通すための強い意志は、すべての改革者に共通するものです。

中国史上、最大の改革者の一人である宋(北宋)の宰相・王安石の姿勢にもまさにその強さが垣間見えます。

偶然図書館で王安石の書籍を見かけて手に取ってみると、王安石の政策のみならず、それを推進せしめた彼の性格についても考えさせられるものがありました。

 

 

唐王朝滅亡後の五代十国時代を制した宋ですが、建国当初から異民族の侵攻に悩まされ、その異民族対策のための国防費の増加や官僚機構の拡大による経費の膨張で、建国から100年の間に深刻な財政危機に陥っていました。

もちろん、その間改革は試みられ経済的に発展したものの、財政難を克服するまでには至りませんでした。

王安石はそのような状況下、当時の皇帝・神宗の期待を受けて登板します。

宰相になったのは50歳の時。それまではどちらかというと地方においてキャリアを積んでおり、中央での活躍が比較的目立たなかった中での抜擢でした。

 

王安石が展開した政策は総称して新法といわれます。

新法において王安石が目指したものは富国強兵、すなわち国家自体を豊かにし、同時に軍事力も向上させ、異民族に対する弱腰の態度を改めるということでした。

文治国家であった宋は異民族から攻勢を受けており、お金で解決していましたが、緊張関係がある以上軍備も整えておく必要があり、実効的かつ効率的な軍事力の整備が喫緊の課題でした。

自分の中では政治改革というとまず経済政策というイメージがあり、特に宋王朝では強兵政策というイメージがなかったので、改めて新法を俯瞰すると王安石のスケールの大きさを感じさせられます。

 

新法で彼が展開した政策は多数ありますが、その中でも有名かつ議論の的になったのは青苗法募役法です。

青苗法は有事の際の民衆の救済のために政府が備蓄していた穀物を有利子で農民に貸与するものです。

政府が備蓄していた穀物はしばしば流用されたり、管理がずさんで傷んで使い物にならなくなったりして、備蓄制度が機能しなくなっていました。

そこで、備蓄している穀物を有利子で貸与し、期日に穀物を返済させることで、常に新しい穀物を備蓄し、国庫にも寄与させるというのが青苗法の趣旨です。

 

募役法は、従来政府の事業のために民衆に労役を課していましたが、その労役に対し賃金を支払うとともに、労役を免除されていた層に課金することでその賃金に充当するというものです。

 

彼の革新的な政策に反対する人も多くいました。

そのような反対派は旧法派といわれます。その代表として知られるのが、資治通鑑の著者である司馬光です。

 

旧法派と新法派は価値観の違いや既得権益の保護などを巡って激しい対立を繰り広げます。

もともと宋の文化として議論を大事にするということがあり、それが行き過ぎで議論のための議論があったようで、そういうことを嫌った王安石は反対者に対し左遷で応じます。

もちろん、何でも一方的に左遷させたわけではなく、妥協も図って政策に修正もかけていますが、最終的には新法を通すために突き進んでいます。

 

結果的には新法派は旧法派に敗れ、王安石の政策はことごとく廃止されてしまいます。

そして、この新法と旧法の対立が宋の寿命を縮めたといわれています。

この辺りは二大政党制の課題として、現代にも共通するところかもしれません。

 

 

新法の是非については専門家の評価に任せるとしても、理想に突き進む王安石の強い意志は、一社会人として見習うべきところが多いと思います。

 

2017年の仕事を始めるにあたり、王安石の姿勢に学ぶ、ということを一つの目標にして頑張っていきたいところです。

 

 

王安石―北宋の孤高の改革者 (世界史リブレット人)
小林 義廣
山川出版社
売り上げランキング: 152,443

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

運用会社はどんな仕事をしているのか

2016-12-18 18:24:43 テーマ:投資・投資信託

NISAに続き、ジュニアNISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)の対象の拡大、と個人が投資するための環境が整備される中、投資のためのツールである投資信託についても注目が集まっているのではないかと思います。

 

一方、投資信託は自動車や食品のように目に見えるものではないので、その特徴や品質がつかみにくいし、そもそもどうやってできている商品なのかというのもわかりづらい、というのが一般的な投資信託に対する印象ではないでしょうか。

同じ金融商品でも、株式や債券は政府や企業などの発行体とリンクしているので、発行体の印象は持ちやすいかもしれませんが、投資信託だと「●●アセットマネジメント」や「○○投信投資顧問」といった運用会社の名前が前面に出てくるので、やはりイメージが持ちづらいように思います(日系だと有名な金融グループの名前が冠されていることが多いので比較的イメージを持ちやすいかもしれませんが外資系になると全く印象がなくなりそうです)。

自分自身、資産運用業界に入る前は運用会社がどのような仕事をしているのか具体的なことはあまりわかりませんでした。

 

しかし、実際に運用会社がどのような仕事をしていて、どういったことに気を配ってお客さまにサービスを提供しているかを知ってもらうことは、投資信託に対して信頼を寄せてもらうために重要なことだと思います。

 

といったことは常日頃考えていて、以前にも投資信託委託会社の仕事を紹介する記事を作成したことがありますが、より具体的に運用会社の業務を紹介してくれている本に出合いました。

 

「外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏」、とそのものズバリな書名ですが、大手外資系運用会社のドイチェ・アセット・マネジメントが、運用部門のみならず、営業や管理部門・サポート部門など各部署の役割を丁寧に解説してくれています。

 

運用会社の業務の紹介で運用部門の話をしているものはよく見かけますが、ミドル・バックの役割についても一般向けに丁寧に説明している本を見たのは初めてで非常に新鮮でした。

 

投資信託の品質は運用部門だけでなく、投信計理(投資信託の値段の算出)やディスクロージャー(情報開示)、お客さまサポートなど裏側から支える様々な業務に支えられているのが実情ですが、そういうところもきちんとお客さまにアピールする姿勢は管理部門の人間としては非常に好印象でした。

 

一般投資家の方や運用会社への就職を希望する方が運用会社の業務について理解を深めることができるだけでなく、運用会社で働いている人が運用会社の業務の全体像を整理するためにも役に立つと思います。

 

もっとも、コンプライアンス部門の話はほとんど出てこなかったので、コンプライアンスの人間としてはもうちょっと書いてよー、というところでしたが(笑)、それを差し引いても素晴らしい内容でした。

どこかで運用会社のコンプライアンスの仕事について一般向けに書く機会があれば手を挙げてみたいです(まずはブログから?)。

 

ともあれ、本書が投資信託(業界)に対する理解と信頼の向上につながり、より多くの方に投資信託を身近なものとしていただければ、業界人としても嬉しいものです。

 

 

外資系運用会社が明かす投資信託の舞台裏
ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社 資産運用研究所
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 119,783

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ガバナンスの形

2016-12-03 11:57:15 テーマ:読書

昨今相次ぐ企業の不祥事が報道される都度注目されるキーワードの一つに「(コーポレート)ガバナンス」があります。

ガバナンスとは文字通り企業統治のあり方のことで、企業活動をどのようにコントロールするかということです。

似たような用語に「内部統制」がありますが、内部統制が企業の内部においてどのように企業活動をコントロールするかに主眼を置いているのに対し、ガバナンスは株主など社外の捨て行くホルダーの関与も大きな要素になっていることから、内部統制はガバナンスの一部と考えることができそうです。

 

ガバナンスというと大抵「コーポレート」という冠言葉がつくような印象がありますが、やはりガバナンスという問題は伝統的には企業統治という文脈で議論されることが多く、内部統制、株主やメインバンクの関与など、様々な側面から企業(特に株式会社)のあり方が俎上に上ってきました。

(もちろん公的機関やNPO、軍事組織などのガバナンスについても多くの研究があると思いますが。)

 

このように従来はガバナンス論の主戦場は株式会社でしたが、最近は投資信託についてもガバナンス論との接点が出てきました。

投資信託の運営についても様々な意思決定があるなかで、投資家のための意思決定を担保するためにガバナンスはどうあるべきか、ということです。

 

投資信託はその形態において契約型投資信託会社型投資信託に分類されます。

一般的に投資家がイメージする投資信託(銀行や証券会社で取り扱っている「●●ファンド」)は契約型投資信託であることが多いです。

一方、不動産に投資するREIT(リート)などは会社という形態をとり、会社として上場しています。このような形態は投資法人と呼ばれ、実際に意思決定の会議体も存在します。

 

後者の投資法人の場合、個々の投資信託が投資法人として意思決定を行っているため、株式会社のガバナンスの延長線上で議論することができると思われますが、前者の契約型投資信託の場合、個々の投資信託の意思決定を(投資信託とは別の法人格である)資産運用会社が行っているため、意思決定の妥当性の検証が難しいことがガバナンスとして問題があるのではないか、とされているようです。

 

もちろん、資産運用会社は投資家(受益者)に対する忠実義務を負っているため、個々の投資信託に関するすべての意思決定は、その投資信託の受益者の利益に忠実に行われています。資産運用会社のコンプライアンス部門も当然忠実義務に則り各業務のチェックを行っているはずです。

また、投資信託の内容などに重大な変更があったり、投資信託を償還する場合は株主総会のように受益者に対して意思決定を求めます(基本的には書面決議という形です)。

 

そう考えると、契約型投資信託においても意思決定の妥当性は担保される仕組みになっていると思われますが、意思決定機関と意思決定対象(投資信託)が一対一の方が透明性が増すということなのかもしれません。

私が考えていることくらい識者は考えているはずですし、透明性・わかりやすさの観点で改善できることはまだあるでしょうから、議論の深化を待ちたいところです。

こういうところを常時アップデートするのが、いいコンプライアンス担当者だと思うので、引き続きフォローしていきたいところです(笑)

 

 

といって、常時ガバナンス論の動向を見ているわけでもないのですが、ガバナンスで面白いと思うのは、組織の形・特徴は結構多様で、それに応じてガバナンスのあり方も千差万別であるということです。

 

個人的に一番面白いと思うのは相互会社

相互会社というのは保険会社にのみ認められた会社形態で、保険の加入者が株主のように会社構成員(社員)となりますが、実際の意思決定は加入者代表の総代(総代会)が行います。

その総代は社員(保険加入者)が選んでいるという立て付けですが、実際には保険会社の意向が働いているようで、そういう意味では保険会社が自ら監督者を選出していることになります。

その一方、相互会社は上場していないため、株主も存在せず、基本的には投資家からのプレッシャーはないといえそうです。

 

また、相互会社に特徴的なのは自己資本で、株式会社では株主が拠出した資本金が自己資本の中核となりますが、相互会社の自己資本は「基金」で、これは議決権のない債券であり、相互会社にとっては債務となります。

債務が自己資本となること、自己資本と会社の意思決定権が分離されているという点も興味深いところです(株式にも議決権のないものなどがありますので、相互会社に特有とまでは言えませんが)。

 

最近では第一生命など生命保険会社が相互会社から株式会社に移行する動きがありますが、依然として大手生命保険会社の多くが相互会社形態をとっていますので、まだまだ相互会社のガバナンスについては議論する社会的意義がありそうです。

 

 

それはさておき、最近読んだ本(柳川範之「法と企業行動の経済分析」)の中にも面白いガバナンスの話がありました。

ゴルフ場です。

 

以下は、本書の内容をベースに記載しています。

 

初心者ゴルファーの私はあまりゴルフにまつわることがよくわからないのですが、いわゆるゴルフ場の会員になるには「会員権」が必要になります。

会員権を取得すると、ゴルフ場で優先的にプレーができるようになるようです。

 

会員権を取得するには、ゴルフ場から直接購入するか、会員権市場で購入するか、のどちらかになります。この仕組みは株式市場と似ています。

 

会員権を購入するには、入会金や手数料に加え「預託金」を払う必要があります。

預託金はゴルフ場の建設や設備投資などに使われますが、一定期間後に返還されるものです。

会員権市場で購入する場合も、会員権の価格に預託金が含まれているため、預託金を拠出していることには変わりありません。

 

預託金はゴルフ場にとっては債務ですが、それによってゴルフ場の意思決定に関与するものではないため、通常会員はゴルフ場運営会社のガバナンスには関与しません。

 

しかし、その会員がゴルフ場運営会社のガバナンス当事者になるときがあります。

それは、ゴルフ場が経営危機に陥るときです。

 

経営危機に陥ると民事再生法などによる経営再建が模索されますが、そのためには再生計画が債権者にも容認される必要があります。

通常の場合、最大の債権者はメインバンクでしょうから、最大の交渉相手は銀行になると思われます。

タフネゴシエーターかもしれませんが、交渉相手が絞られますし、メインバンクは貸出先と一蓮托生というところもありますので、交渉しやすいともいえます。

 

しかし、ゴルフ場の場合、メインバンク以上にゴルフ場の会員の方が預託金(返還請求権)という形で債権を保有していたため、会員がガバナンスの当事者になりました。

特に個々の会員の債権額は小さく、会員数は多いため、再建策(=債権額の縮小)の合意を取りまとめるには相当の苦労が生じます。

 

債権債務発生時にお互い想定していなかった当事者が、ガバナンスの当事者になること、またガバナンスの当事者になるにあたってのニーズ(ゴルフ場の場合、預託金額縮小または請求権の一定期間凍結の代わりにプレー権の保証)が通常のケースと異なること、合意のとりまとめのプロセスが通常と異なることなどが興味深かったです。

 

ある意味、組織の数だけガバナンスの形もあるので、かなり奥が深い世界です。

 

ガバナンスを知ることは組織のあり方を知ることにもつながるので、これからもいろいろガバナンスについて学んでいきたいと思います。

 

なお、これらは、資料に基づくものを除きすべて私見です(コンプライアンス担当者らしい締め(笑))。

 

 

 

法と企業行動の経済分析
柳川 範之
日本経済新聞社
売り上げランキング: 271,279
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ベンチャー運用会社の立ち上げ

2016-11-18 21:30:00 テーマ:お話を聞いてきました

技術革新の速度が早くなっている今日、金融業界でもその流れを受けて、新しいアイデアと技術を使った新しいサービスが日々生まれています。いわゆるフィンテック(Fintech)です。

 

資産運用業界もその例外ではなく、多くの資産運用会社がフィンテックの流れに乗って新しいサービスを模索しています。

 

中でも目立つのが、AI(人工知能)を使用して投資判断を行う運用サービス。

AIが人間より多くの情報を処理してより効率的な運用を行うことを目指したり、投資家のニーズをより深く把握して、個々の投資家に合わせた投資を行ってくれる、といったサービスが登場しています。

AIのレベルが向上すると、より高度なサービスも期待できそうで、業界に属する者としてこの流れには注目しています。

 

そしてFintechは各分野で新規参入を促していますが、資産運用業界にもやはり多くの新規事業者が新しい技術を使ったサービスを提供しようとしています。

そしてその新規参入事業者の中にはベンチャー企業も多くいます。

 

Fintechにもベンチャー企業にも関心がありますので、興味深く動向を見ていたら、まさにFintechで資産運用業を始めたい、というベンチャー企業からお話しませんか、というお声がけを受けました。

昨今の状況に関心を持っている者としては是非お話を聞いてみたかったので、早速お会いすることに。

 

今回お話を伺ったのは、その名もズバリ「ロボット投信」という会社。

創業者の方からお声がけいただいたのでマンツーマンかと思っていましたが、なんと4名の方がいらっしゃって恐縮してしまいました(笑)

 

ちなみに資産運用業(業法である金融商品取引法上は投信運用業といいます)を始めるにはコンプライアンス担当者の確保が必須のため、コンプライアンス経験者は重宝されるようで、大変ありがたいです。

正直自分から望んで得たキャリアではないですが、これも縁、運ということなのでしょうか。

 

 

ロボット投信さんの出来立てオフィスで、自己紹介のあと、簡単にビジネスモデルを説明いただきました。

 

ロボット投信という名前もあり、AIを使った運用のみを強みとしてビジネスをしていくのかと思っていましたが、実は強みはそれだけではなく、彼らの開発したサービスを活用して販売チャネルにも工夫をしているとのこと。

 

資産運用会社では運用の質や運用資産が一番大事と思われがちですが、資産運用会社の経営という観点では販売チャネルこそが最重要だと思います。

素晴らしい運用を行っても、運用資産自体の規模が大きくならないと会社の収入は増えませんので

その点にも工夫をされているというのはよく考えらえているという印象を受けました。

 

※個々の投資信託には、信託報酬(運用・管理費用)がその投資信託の日々の残高(純資産)の●●%と定められていて、それが運用会社の収入になるため、運用成績が良いだけでなく、その投資信託自体が多く売れて預かり資産が増えないと運用会社の収入は大きくは増加しないことになります。

 

 

ちなみに一般的な投資信託を販売するチャネルとしては、証券会社や銀行などの販売会社に販売してもらう形式と、投資信託の運用会社が自ら投資家に販売する形式があります(会社によっては両方行っている場合もあります)。

 

運用会社が直接お客さまと接するという点では直接販売する方が適しているとも言えますが、販売網やシステムは証券会社や銀行の方が投資していますので、預かり資産の額は販売会社経由の方が格段に大きいです。

個人的には直接販売には夢があると思うのですが、収益性やコンプライアンス上の観点からは販売会社と提携したビジネスモデルの方が経営が安定しやすいですし、ロボット投信さんもその点をよく考慮されていましたので、さすがだなと思いました。

 

ロボット投信さんの売りは、低コストで充実した顧客サービスやマーケティングを行っていくことのようです。

ウェブサイトにも掲載されている、すでに開発している資産運用業務に関連するサービスを活かしていくとのことでした。

顧客サービスやマーケティングで差別化を図るというのはよく聞く話ですが、それを実現している事例は資産運用業界ではあまり見かけませんので、興味深くお話を伺いました。

 

また、運用においても低コストで個々の投資家のニーズや市場環境に合わせた運用サービスを提供していくとのことです。

システムを使ってETFを組み合わせるアセットアロケーション型の運用はすでに多くの事例がありますが、ロボット投信さんはそれ以外にも投資家のニーズ・嗜好をくみ取るサービスを考えているようです。

先行事例についてもいくつか説明いただき、個人的にもワクワクしました。

その投資信託が設定されて、投資するのが今から楽しみです。

 

 

創業者の野口さんは私と同世代ですが、自分の理想をしっかりと持ち、素晴らしい仲間を集め、前に進んでいく姿がまぶしかったです。

同世代の星として、また次世代の資産運用業界の牽引役としてこれからも応援していきたいと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

笑顔は人を惹きつける

2016-08-07 18:54:44 テーマ:ブログ
今年も夏真っ盛り。毎日通勤で汗びっしょりでサラリーマン的には(?)少々辛いです。
でも、そんな夏ですが、毎年たくさんのものをくれるので無下にもできません。
特に今年は甲子園に加え、リオデジャネイロオリンピックもあるので、より暑い夏になりそうです。

オリンピックの時は、テレビをつけたときに放送されている種目を見ていることが多いです。詳しくない種目だと(ほとんどの競技についてあまり知識がないのですが)、イメージと違った側面を発見することが多くて面白いです。

今大会でもいくつかの種目を見ましたが、特に印象に残ったのが女子48kg級ウェイトリフティング。
自分より小柄な選手が体重の2倍以上あるバーベルを持ち上げている姿自体が崇高です。

個人的なイメージではウェイトリフティングは筋力勝負の種目という感じでしたが、実際には選手間で多くの駆け引きがあります。
他の選手がどのくらいの重さを持ち上げるのか、限られた試技の回数の中で他の選手を出し抜くためにどの重さを選択するか、など多くの駆け引きの要素がありました。
もちろん、自分の持ち上げられる重さには限界がありますし、試技の際に心身の状態を最高にしなければならず、そのためには休憩の時間も大事で、そのあたりも持ち上げる重さを選択する要素になっているようです。

この種目では、ロンドンオリンピック銀メダリストの三宅宏美選手が、腰を痛めて痛み止めを打ちながらも奮闘し、見事銅メダルを獲得しました。

ウェイトリフティングは「スナッチ(バーベルを一気に頭上に持ち上げる)」と「クリーン&ジャーク(バーベルを一度肩まで持ち上げてから頭上に持ち上げる)」があり、各3回の試技ができるのですが、三宅選手はスナッチ3度目で成功し、しかも床に崩れ落ちそうなところをぎりぎり踏ん張っての成功で、本人もコメントされているとおり、奇跡とも思えるような成功でした。
その後、クリーン&ジャークでも好成績を残し、見事銅メダル。見てて本当にすごいと思いました。

その一方、もう一人印象に残ったのが金メダルを獲得したタイのソピタ・タナサン選手。
もちろん金メダルという成績も素晴らしいのですが、それ以上に印象に残ったのは彼女の「笑顔」。

多くの選手は試技に成功したあと、どちらかというと安堵の表情を浮かべていました(もちろん順位がかかっているときなどは皆さん笑顔でしたが)。
プレッシャーもあるし、そうでなくても力を入れて踏ん張っているわけですから、「ふーっ」という感じになるのが自然だと思います。

そんな中、タナサン選手は成功した後、安堵の表情というよりいつもニコッと笑顔でプラットフォームを離れていました。
その笑顔を見ながら、笑顔って素敵だなー、なんて競技とは別のことを考えていました(笑)

彼女の国、タイは「微笑みの国」とも呼ばれる、笑顔あふれる国民性で知られています。
タイ人の友人は非常に性格がいいし、タイに行った時も多くの人が笑顔でいたのは印象に残っていますが、タナサン選手の笑顔も、まさに「微笑みの国」の代表らしい、といえるのかもしれません。

「笑う門には福来る」といいますが、笑顔は本当に人を惹きつけると改めて感じました。

※あくまで個人的な印象ですし、また試技後の表情に優劣があるとは思っていませんので、念のため。そして、もちろん競技後の三宅選手の笑顔も素敵でした。


一方、涙で人を惹きつけるのが甲子園といえるかもしれません。
勝者の歓喜も素晴らしいですが、同じく練習に打ち込み、一球一打にかけてきた敗者の涙にも心打つものがあります。
だからこそ、プロ野球とは違った魅力があり、多くのファンが時として出身地に関係なく高校球児を応援するのだと思います。

ちなみにこの記事を書きながら、盛岡大付対九州国際大付の試合を見ていましたが、お互いに追いつき追い越し、また追いつきのシーソーゲームで、最後まで試合の行方が分からない素晴らしい試合でした。
毎度のことですが最後まであきらめない球児たちの姿勢にも感動します。


と、いろんな面でスポーツから心に栄養をもらった一日になりました。
スポーツにそこまで関心を持っているわけではない自分でもこんな気持になれるので、オリンピックが平和の祭典として、これから(も)世界中の人の気持ちをつなげてくれることを期待したいと思います。

また、自分もできるだけ笑顔を多くして、周りの人の気持ちを和やかにできたらと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

起業家訪問-LandsSkip

2016-07-09 18:34:49 テーマ:お話を聞いてきました
最近は世間的に、というだけではなく、自分の周りにも起業したりフリーランスとして活躍する人が増えてきて、会社勤めの身としてはそういうことに憧れつつも、自分がどうしたいか、どうすべきか、ということをよく考えますが、そんなときに、起業家として活躍している知人がオフィスを移転したと聞いたので、見学がてらお話を伺うことにしました。

今回お話を伺ったのは、株式会社ランドスキップの下村社長。
最近はメディアへの露出も増え、注目されているベンチャー経営者です。

Landskip


ランドスキップのサービスは、オフィスや自宅などに居ながらにして世界の風景を連れてくる、その風景の中に入ることができるようにするというもの。
ゆらぎのある自然の景色によってユーザーに癒しを届けることを目指しているとのこと。

スペースのレイアウトなども影響するでしょうが、例えば壁に貼り付けたモニターやスクリーンに森や海、砂漠や湖などの景色が映し出されると、本当にその中にいるような気分になりそうです。
実際某社のオフィスの様子を見せてもらいましたが、その景色があるだけで雰囲気が全然違いました。


下村さんとは起業前から面識があり、せめてネットワーキングくらいは協力できないかと思い、友人のベンチャーCFOと技術系出身コンサルを誘って飲みながらいろいろ話したことがあります。
今回もその面子でお邪魔することになりました。


オフィスは表参道駅から徒歩数分。オシャレですね。
ベンチャー企業が共同で使用していると思われるフロアの一角にランドスキップはありました。

少し職場を見せていただいた後、応接間に。
IT系ながら(というのも語弊がありますが)自然を大事にするランドスキップの応接間はなんと和室!!これはインパクトがあります。
現在は普通の和室ですが、今後モニターを壁に設置して、ここにも自然の風景を持ってくるようです。その時にはまたお邪魔したいものです。

和室

その応接間では、ビジネス関係の話を1時間半ほどしていました。
やっぱりベンチャー経験者や技術バックグラウンドのあるコンサルがベンチャー経営者と話すと、深くて示唆のある話が多く出ました。

以下、4人で話し合った内容です(特定の個人の意見ではありません)。

【起業に至る経緯、働き方について】
下村さんは文系出身でプログラミングの知識もほとんどなかったが、専門のプログラムを6か月で終え、必要なプログラミングのスキルを習得。
 仕事をしながらだったので非常にハードだったが乗り越えられた。
・オフィススペースは24時間空いているのでいつでも使えるし、いつでも働いている。
・現在は社員2名(下村さん含む)で、他の方はハーフコミット(ハーフコミットの人が動けるのは土日であることが多いため、土日のどちらかはオフィスにいる必要がある)。

【プロフェッショナルの働き方について】
・アウトプットさえ出してもらえれば、ハーフコミットでも支障はない。そのため、プロフェッショナルにフルコミットを求める必要もない(複数のプロジェクトを抱えるコンサルに近い感覚)。
プロフェッショナリズムのある人間を縛るのはナンセンスで、仕事の仕方は任せるべき。気分の乗らないときに仕事させるより、本人が働きやすいやり方を選んでくれればよい。
・副業についても禁止する意味はないのではないか。利益相反については、背任はもとより犯罪であるし、アウトプットベースでの評価ができるのであれば、会社としても不利益はないはず(もちろん、同業他社に副業で行くなど、ケースバイケースの判断は必要だが)。
・逆に副業によって新しい知見や経験を得ることでブレークスルーにつながることもあるのではないか。
・最近では、ローンディールなど、大企業からベンチャー企業に出向するという形で人材育成、スキルの共有を進めるという動きもある。
大企業でゼネラリストとして育成された人材となんでもやらなくてはいけないベンチャー企業は実は相性が良い。特に自分で手を動かす若い人は貴重な存在。
・経営に関する意思決定を実際に行うのもベンチャーでの貴重な経験。実際に「決める」仕事をする人は検討の深度が深い。

【リクルーティングについて】
ハーフコミットする仲間に支えられているビジネスモデルだが、そのような仲間を集めるのは明確なビジョン。
・採用面接の際には仕事の話をしても、良いことしか話さないのであまり効果はない。
・仕事の代わりにその人自体を知るための話をしている。好きなことや節目の決断など。
 人として興味を持てればそれでいい。仕事ができなくても全人格の否定にはつながらない。
 仕事ができないなら手助けしたりできる仕事を探してあげればいい。
ただ、何であれ好きなものに対して浅いことしか話せない人はダメ。

【ランドスキップのビジネスプランなどについて】
最近大手企業と取引するようになってからビジネスが軌道に乗ってきた。
・顧客としてはオフィスやマンション(共有フロアに)が増えてきている。
・Apple TVやスカパーにプロダクトを供給することで固定ユーザーを獲得でき、収益の安定につながっている。
・地方自治体からの撮影依頼も増えている(観光につながる)。
会社やビジネスの規模は大きければいいわけではなく、「Small & Premium」を目指したい。
ベンチャーキャピタルは規模の追求を志向するので、出資を仰ぐなら自分のビジョン・夢と照らし合わせる必要がある。
・会社を大きくしなくても、事業提携・アライアンスなどでビジネスを大きくすることはできる。
・地方とITは相性が良い。そのようなビジネスが地方であまり生まれないのは、プログラミングなどをきちんと教えてくれる人が少ないからではないか。


このように、ベンチャービジネスについて有意義な話をお聞きすることができました。
ベンチャー経営者とベンチャーCFO・コンサルという、良いシナジーが生まれたようで楽しい時間となりました。
また、同年代の人が活躍しているのを見ていると励みになります。

下村社長、ありがとうございました!


こうやってネットワーキングのお手伝いをしたり、ブログ記事を書いて情報発信をするのも楽しいので、これからもいろんな方とお話したり、面白い人と人をつなげていけたらと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。