ukdx12345のブログ +PCパソコン設定攻略

本拠地URL youtube.com/user/ukdx12345


テーマ:
※Windows10 PC自作 パソコン自作

⇒アロケーションサイズとは?とかは同じタグの記事にあるんでそっち見て。
⇒Windows10のアップグレード方法は?とかも同じタグにある。




 2016-2-11(木)
>>> パソコンをマザーボードから買う場合(完全版)を同じタグで作成
>>> ↓下のは調査してた当時のやつ。













☆CPUチップのCore i7とCore i5のどっち選べばいいのか(解説)最上段追加
☆CPUチップをAMD製ので組むならば編  最上段追加
※ Core i3がほぼ産業廃棄物に近い理由(解説) 追加
※ CPUチップのクロック数が増えるとどう性能差に反映されるのか編 追加
※ 「Pentium」でFps60を再生することは可能なのかを解説 追加

※4コア4スレッドと2コア4スレッドはどう違うのか?(解説+試作版) 追加
※マザーボードで使うチップセットの性能差はどの部分なのか編 追加

※どういうマシンのセッティングにすればいいのか編 追加
※グラフィックスボードはどれを選べばいいのか編 追加

※録画 or 動画を直保存するのへどういうセッティングが必要か編 追加
★グラフィックスボードはどのLvやメーカーのを買えばいいのか編 追加
※AMDが安いのか?Intelが高いのか?編 追加
☆グラボ + OpenGLって何?編 追加
☆グラボ + どれを買えばいい? 追加

★ディスプレイ編(解説) 最上段追加 
(ゲーミングモニターが安い仕様上のカラクリ 追加)
(品質の違い 追加)

★ハイパースレッディングの効果は? 最上段追加












@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@  <CPUチップ選び>
@ ・ゲーム機本体のエミュレーター ⇒ Core i7
@ ・遅延そのものが問題にならないCASE ⇒ Core i5
@ ・リアルタイムで「ビデオ録画する」 ⇒ Core i3~
@ ・再現が可能であるxグラボLvがいまいち ⇒ Pentium~

@      +

@例:MMDミクミクダンスだと↓
@ 最終的にはグラフィックス処理能力が必須なので、古いマシンの
@ Core i7ってのは「チップセット側が」足引っ張るからOUT.
@ 
@例2:プレイステーション初代(PS1)で問題になったのが⇒遅延。 
@ 終盤に発売されたゲームにおいては処理堕ちが起きてたことにより
@ 「何で??いきなり死んだんだ?現象へ至る(シューティング)」
@     +
@ i5とi7に「10000差」があるのではなく、+10000すればもっといい
@ パーツが手に入るわけよ、全部を最強にするとx2x3になっちゃうんで
@ 無駄づかいをすると?「累積赤字が酷い状態になるはず、」
@     +
@ ゲームだったら? ⇒ 処理能力が最優先だ、
@ 動画だったら? ⇒ 品質が最優先だ、
@ ゲームだったら、冷却能力こそ投資しないといけない要素で、
@ 動画だったら、ノイズキャンセル能力=マザボこそ課金対象やと、

@ ⇒全部するとなると?「電気代が酷い。」
@ (不具合が出てマシンが破損したら? ⇒ 全部無駄になっちゃう、)
@ (動画に強くしようとしたら 発熱問題でゲーム再生には向かなく?)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@  <CPUチップxAMD製>
@「問」インテルのCore i5にグラボをセットすればいいのでは?
@ ⇒自分が必要とするグラボのLvが解からない場合がある(ねん。)

@「問2」グラボの購入を遅らせたいということか?
@⇒ほぼそれやな。+Core i7で組める or notで事情が違い過ぎた、
@⇒Core i7は型落ちしてもCore i3を超える性能保証があり
@ プレイヤーの技量Lvが足りないころから使っても長く使える。
@    +
@ Pentiumとかは長く使えるかは「いつ買ったか?」に依存するタイプ
@ 新しい技術がまだ無くてとか 家庭用じゃない時代ならば旧式のが
@ 基本的には使われていたから、Pentium x グラボで練習してからの
@ 足りないパーツLvを判ってる状態で Newマシンを2号機を構築可能、
@ (Pentiumには賞味期限の短いハズレ年代というのがあったはずだと、)
@ (それを回避するのへ良いマザボを買うってのは まじでギャンブル)



@ <※AMD製のCPUチップを買った場合どうなるのか??>
@ ・Core i5以上で必要になるであろう「冷却能力Lv」が判明する。
@ ・Core i5以上を積んだ場合での「想定範囲」がわかる。
@ (例:このくらいな弱小マザボで動かしての性能限界など、)
@ ・今使ってるこのAMD機に付けてる「グラボを」外すことが可能、
@ ・つまりぃ? Pentiumだとマシンの作り替え費用は全額負担になる

@ (⇒よってこうなる↓)

@ 1:Core i3は初心者じゃセッティングし切れない。
@ 2:課金が可能ならば Pentiumを攻略型1号機にすると損した、
@ 3:ガチ課金ができないならば AMD製は候補になる
@ 4:ガチ課金ができるならば初心者「は」Core i5(推奨)
@ 5:初心者でCore i7を買ったとしても賞味期限切れに間に合わなく
@ 6:インターネットそのものを持ってない場合はPentiumでもOK
@(攻略型の初号機 と 必要最低限な初号機とでは要求スペックが違った)
@ 7:Core i7とCore i5「での」課金額に差はあまり無いといても
@ 欲しいディスプレイが無い or わかってない状態でCore i7のパーツ
@ セッティングで買う事そのものがコスパの悪い(良くない)行為なので
@ 初心者でCore i7課金することはムリゲー過ぎた(と思う派。) 


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@




@@@@@@@ <ディスプレイ/モニター編> @@@@@@@@@
@・どの液晶パネルを使えばいいか?
@ ⇒動画再生xFps60ならば「TN」
@ ⇒お絵かき中心ならば 「IPS」
@ ⇒個人的にどちらでもないCASEならば「VA」

@・画面サイズはどれがいい?
@ A:縦の長さが欲しい⇒ 1280x1000(19インチ)or 1600x1200(22)
@ B:横の長さが欲しい⇒ たぶん20インチ(16型で1400)
@ C:4kの動画をきれいに出す ⇒ たぶん30インチ前後。

@・なぜIPS方式ではないのか?
@ ⇒売ってるけど30インチとかになるんで、、人によるでこれは。
@ ⇒Fps60対応型のになるとw PC本体フルVer並みな値段なる。

@・どのメーカーがGood?
@ ナナオ = ノーマル以上を保証(課金額に性能が比例。)
@ 格安ブランド = 店で見れば解かる(残念仕様)
@ 三菱 = 4k動画x大型ディスプレイ対応は三菱のみらしい
@ DELL = 評判割れる、好きな人は好き ダメな人はダメ
@  

@・エロビデオを見ながらするには?
@ ⇒常に最前面に出す(設定) or マルチディスプレイ(やと思う、)

@・ゲーミングモニターが安い仕様上のカラクリ
@ ⇒色調整ができない、色単位での調整ができない。
@ ⇒(たぶんそして)生産設備をそのまま流用したことによりつまりぃ♪
@  余ったパーツで作ったのがゲーミングモニターと仮定すると、
@  完売してくれないと困っちゃうのでセール品と同Lvな値段となった(?)
@ 
@・品質の違い
@(その1)
@⇒発売開始日から生産終了までの長かったやつは 間違い無く低品質なはず、
@ 問題は「なぜに」生産されていたのか?⇒市販されていなかったからずばり 
@ どこかの大企業が「そのメーカー」に再購入を前提とする契約をしそして
@ 画面サイズ や 反応速後を満たしてもらいの、さらに会社向けへ営業をし
@ 2度買い割引とか「やってたと仮定し、」+複数購入割引とか価格交渉が
@ あったとすれば、 直売Shopのセール品で出品されていたとしても
@ 定価が旧当時価格に設定されてしまうため 
@     +
@ 『ソフマップとかで売ってた新型のよりも』品質が悪い奴なのに
@ 新型のよりも高額設定されているという意味不な現象へ至るリアルな事実。

@(その2)
@「問」何年くらいで性能が良くなるのか?:目安
@ ⇒2年後くらいだとしてもぉ 小型化がその後だから
@ ⇒22インチ(1600x1200)のが対象になるのは3年以上必要(?)
@ ⇒発売日が5年前のとかは特別な理由が無い限りはゴミ/化石Lv

@「問」なぜ値段が下がる?  
@ ⇒靴のSサイズとLサイズは値段が同じでしょ、
@ ⇒Mサイズディスプレイの費用はSサイズとLサイズで回収していたならば
@ ⇒後期開発型になりがちなMサイズは(22インチは)価格競争可能となる?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@





@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ ★ハイパースレッディングの効果は?
@ ・2コア-4スレッド = 4.7GHzくらいないと無意味。
@ (出せないならば 4コアの3.7GHzの方が◎とかなる)
@ (CPUチップ小さいのだと冷却不足x安定しないから速度死ぬ)
@     +
@ノーマルサイズの奴だと生産技術Lvが足りてない段階においては
@コア数が増えるほどCPUチップの最高速度は低下したとなる??

@ ・4コア-8スレッド = 4GHz以下ならほぼ無意味。
@ ・6コア-12スレッド= 通常時はHSを切れが正解。
@ ・8コア-16スレッド= 通常時はHSを切れが正解。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@











  ----- パーツ ------
・HDD と SSD ⇒ 新品 or 使用中のを使いまわし
 理由:中古で買ったとしても性能Lvが低いため使い物にならない、
 理由:SSDをSATA接続で使わないとアロケーションサイズ512k~にできなく
 理由:HDDの賞味期限は5年なので保管目的ならばHDDの交換は必須事項、

・CPUチップ ⇒ 新品のみ。 Core i7以外は中古で買うと損する。
 (中古のCPUは主に「修理用」に使われてたらしい。)

・RAMメモリー ⇒ 2015年においては「マイクロンの使ってるならOK」
 (ジャンク品を使った場合での安全保障は無いパターン、)

・電源装置 ⇒ ケチれない。 不良な電流が発生すると全パーツ壊せた
 (参考:冷蔵庫の消費電力300W 炊飯ジャー500W ノートPC100W)

・マザーボード ⇒ 高稼働型マシンならばCPU以上の代金を出せ、でOK
 (Low仕様 と ウルトラ仕様とでは最低必要条件に違いがある、)
 (初回購入のはケーブルとかの付属品が欲しいので新品以外は買えません。)

・CPUクーラー ⇒ 付属品のは放熱フィンの材質がちゃっちいw
 (高稼働さす場合 or Core i5以上の場合はパーツ課金が必須Lv、)

・グリス ⇒ いつでも付け替えれる。
 (性能が足りなかった場合は最高級系 or ハイパー系のを買えパターン。)

・グラフィックスボード/グラボ ⇒ 消費電力を確認ことよろ。 
 (最高クラスのになると? ⇒ 1枚500Wを超えてきたぜ、by web)





 




  ----- <費用の計算式> -----
Aタイプ:CPUチップ + 電源装置 + 雑貨
Bタイプ:マザーボード + HDD + SSD
Cタイプ:RAMメモリー + グラボ

 A:B:C = 1:1:1比とする。
   
(CPUのグレードに比例したパーツの品質Lvを獲得可能となた。)
(参考:Core i3だとPentiumの2倍は課金可能です、性能限界な意味でも)



※ディスプレイは? ⇒ ケチれないので+家電+定額商品(だぜ。)
※テレビ画面の品質はケチったところでそもそもなメリットが無えズラ。
     +
 (プレステとかゲームすると解かるが、、、)
⇒画面がゴミのようなLvだとゲームの動きと絵がボロボロでこれはダメ。
⇒つまりぃ?:ブラウン管テレビが予想外に超高性能だっただけ、実は。


・「問」予想される最低額は?
 Pentium + 電源 + 雑貨 = 15000~ 
14000 x 3タイプ = 45000
45000 + ディスプレイ無い場合 = 70000円以上。(理由:OS代別。)


・「問2」市販の無料パソコンじゃだめなのか?
 答え:デスクトップになるとなぜかなくなる。
 答え:ノートPCだとグラボの拡張が無いため「攻略上完全に詰んでた罠。」
 (ただし?:インターネット契約の付録でもらえるならもらっとけ程度、)
 (なぜなら:サブマシンがあれば故障時の Web検索含むに使えたのな。)












  ----<自作する場合やらないといけないことがあって>----
<その1>
・消費電力の計算。 (by web)
 HDD/SSD ⇒ 20W 
 マザーボード⇒ ものによる。 
 CPU ⇒ 発熱W数の1.5倍(発熱80⇒消費120W以上)
 RAM ⇒ 10Wx枚数
 グラボ ⇒ ものによる
 その他 ⇒ 10W?x同時接続数
 CDドライブ⇒ 20W?
 CPUクーラー⇒ ものによる。

その1:20+20(=40)+75以上(=115)+20+10+20
 (=165W以上+マザーボード+グラボ+CPUクーラー)=最低400前後
  
その2:400Wの電力を確保するには? ⇒ 1.4倍以上の容量が必要
 使用中のグラボによるとして、最低でも500W以上の電源装置が必須。

参考:電子レンジ1300W 洗濯機500 せんぷうき50W



<その2>
・マザーボードのBIOSをメーカーのWebサイトからダウンロード(USBメモリー)
・マザーボードに使われているパーツの意味を知れ。
 ⇒理由は?:自分の使いたい内容とマザボの仕様が一致してないとNG
 ⇒基礎的には大丈夫なはずなんだが、、、。



<その3> 修理方法学習。
・マザーボードはマザボに付いてる「ボタン電池(大)」が電池切れになると起動できない + ボタン電池の寿命は平均5年。
・RAMメモリは刺したままだと 接続端子にゴミが溜まっていくので、CPUクーラーのホコリ除去の時に、RAMメモリも掃除する場合「カートリッジのコネクターのピンを折らないためへx抜き方を工夫しろ!!(としか言えん・ω・ ギシギシに狭いんで雑な抜き方をすると折れるのと+接点不良を起こす原因になる罠、接点不良は4BのえんぴつをつけとけばOK。らしい。)」

・マザボがどうやって壊れていくかって??
 確率50% ⇒ 電源装置が粗悪だった。
 確率??% ⇒ 不良品だった
 確率??% ⇒ コンセントを刺したままにし続けたことでショート
 (電源ONのままなら問題無いが OFFだとちと事情が違うらしい、)
 (保険としてアースをちゃんとしましょう。アース線=帯電分を逃がす電線)
 確率??% ⇒ 自分でハンダづけ(半田付け)すれば修理可能なパーツ
 確率??% ⇒ カードリッジコネクターが死んだ。(メンテのサボり。)
 確率10% ⇒ 電池切れ。
 確率??% ⇒ 半田がクラックした。(半田付けが割れてはがれてる。)
 確率その他 ⇒ BIOSが破損した、接続不良、ガチなマジな寿命









  --- <テレビとディスプレイはどう違う?> ----
その1:解析度 ⇒ 同じLvの場合 ディスプレイの方が安い。
その2:電気代 ⇒ ディスプレイはものによっては省電力モデル、

その3:課金要素
テレビ ⇒ 課金しても画面サイズが巨大化しただけ。 
ディスプレイ ⇒ 選択肢が増えた。

その4:ノーマル級を最低保証するブランド
・ソニー ⇒ ノーマルが多い
・シャープ ⇒ たぶんノーマル
・日立 ⇒ マイナー
・富士通⇒ マイナー
・ナナオ⇒ 安いのは「X」らしい、課金に質が比例。
・三菱 ⇒ 大型化に対応してるのはここだけ。
・東芝 ⇒ テレビはマイナー 

その5:仕様
TN方式 ⇒ 遅延0.01秒
VA方式 ⇒ 遅延0.05秒以内 + テレビに多い
IPS方式 ⇒ 遅延は商品による + 縦置きが可能。

その6:どこで買う?
電気屋 ⇒ ノーマルLvのなら安く買えることがある。
パーツショップ ⇒ 底値にはなりにくいが、課金アイテム多い。
中古屋 ⇒ すごくいい品が「まれに」ある。(ほぼ半値。)
通販/直買い ⇒ 確定勝利。 ただしそんなに安くなく。
ジャンク品 ⇒ 修理できる人が有利。 オークションも。














  ----- Core i3がほぼ産業廃棄物な件 -----
<状況説明↓>
1:処理能力が絶対に欲しい!ならば Core i5~(でしょ。)
2:グラフィックスカード無しでは動画再生がすぐ限界になっちゃう罠、

⇒「 Atom(モバイル用) 」がある段階でモバイルPentiumとか意味不過ぎる


 (グラボが搭載されてないCASEだと、)
・Core i5ならば? ⇒ 処理能力がまだあるからモバイルでもOK(やねん)
・Core i3だと? ⇒ Speedと動画の両方が生かせない+そもそも安くなく。
    +
モバイルPentiumがあることで?⇒動画に弱いノートPCが量産されたオチ
 (ただのゴミ同然やと、定価で買ったならば本当にゼニ失いだお。)
    +
バッテリーの減りは早いしx放熱をミスると壊れたし
Pentiumの性能限界まで装備させようとしたことで市販PCの価格が高くなる 
 (だから?w:Atomは装備を省いてるPCになるんで安くなるねん、)


<その2↓>
α:デスクトップPCでCore i3を買うことが「ほぼありえない。」
β:ノートPCで Core i3を使うことのメリットがほとんどなく、

   ↓

よって?:Core i3にCPUとしての付加価値は成立しなくなる、
ということは:PentiumのAPU版(ほぼAMD製)の方が消費電力が安くなる、
 (グラボを積んで冷却2個にするよりもAPUの方が消費減ったはずやと)

モバイルPentiumが無く、Atomしかないならば Atomの上はCore i3(APU版)しかないので、ノートPCに採用される可能性は高くなるなぜならば、Core i5にしてしまうと価格が+12000になるため安値販売の需要としては使えない訳よ、ならば「セレロン」でいいのか?と問われると基礎的には需要が無いため上位グレード・ブランド製のになると Atom//Core i3//Core i5 ということとなり 結果的に選択肢を増やせていた(はず。) 
 ⇒Atomは酷いとしても 消費電力の低さが圧倒的なはずだしでで、、
 













 ---CPUチップのクロック数が増えるとどう性能差に反映されるのか編---
・目安:チャージが早くなる。
    +
 チャージ可能な威力そのものは増えてない(可能性が高い。)
 同じクロック数の場合だと CPUそのものの能力差が性能差となる(?)


・「問」4コア と 2コアはどう違うのか??
⇒4コアの方が「威力型」  2コアの方が「節電タイプ」
同じクロック数に近いならば4コアの方ができることは多いが、冷却能力x電力供給は 2コアよりも必要になる傾向があり、 ただし?、2コアで4コアの性能を出すには攻撃回数の多さで稼ぐこととなるため 発熱量が低いx『基礎』クロック数が高い2コアでないと、4コアよりも部分的にのみ強い「セッティングにするってのは、」成立させにくい(かと。+根拠なし。)
 

・「問2」Atomの4コアをオーバークロックすればPentiumよりも強く?
⇒実験する価値はあると思うが? Atomの基礎クロック数が低いwからね。
    +
Atomを搭載可能なマザーボードがあまり無いようで、(参考)Core i7ならば最安値のでもPentiumと同じクロック数で4コアになるから Atomの価格が高価だった場合やと Atomをオーバークロックするメリットは薄く?。


・「問3」Core i3を使う場合は?
⇒Core i3の1番良い奴♪♪をさらにオーバークロックさせて使うことをすれば、Core i5でのクロック数の低さによるデメリットが発生する箇所「かしょ」においては有利になる(らしく) Core i3の仕様だと対応不可能な次元においては4コア必須なのですよねとなる、
   +
要するに?:クロック数の差が「小さいやつならば」+7000円にしなくてもOKで、ちとばかしオーバークロックすればOKとなる (0.1GHz 上げた程度では電圧負荷は誤差内。) めちゃんとギリギリまで上げると電圧がきつ過ぎたことにより CPU使用率が低くても基礎での100%と同じ状態での負荷が全パーツに掛かる(?)














  ----- PentiumでFps60を再生した場合(解説) -----
☆その1
 解析度4k ⇒ そもそも2コアを基準としていない。
 Fps60 ⇒ 同じく2コアを基準にはしていない。
    +
2016年前半の段階においては グラフィックスカードの中レベルの性能がぎりぎり4k-Fps60「に」届かない状態なので、4kの画質を最強仕様でハイクオリティ化させようとすると♪♪ ノイズキャンセル費用(パーツのLv)なんかが高額化し過ぎたので いやいやwそれ以前でおそらくマザーボードの性能そのものがまだ対応途中という可能性が高く  
    ↓
    ↓
録画(キャプチャー)なんかをぶん回すならば 2k(HD1320?)への完全対応型でマシンをセッティングした方が安くてxそれをサブ・パソコンに落とすことも可能となるはずゆえの、 あと普及率も問題で「=youtubeに4k動画はあるけどそれ5%くらいしかないから」 どうしても4k対応型が必須なのだでない限りは 

・2016年においては「2k」がRPGゲームでいう裏ボスを倒せる最強レベルみたいなものやと、 レベルをカンスト(カウンターストップ/MAX)させれば4k対応型になるけど その費用があればPCパソコンをもう1台作れる(⇒x倍値) 一応。




☆その2
 OCオーバークロックさせれば? ⇒ 60Fpsはそれでも厳しい。
  youtubeに動画がある。
Fps60とか高画質HDのは4コアで無理やり対応させてるのが現状っぽい。















  --- 4コア4スレッドと2コア4スレッドでの違い(解説) ---
目安:品質よりも効率を重視するならばスレッド数を増やせばいいだけ。
     ↓
     ↓
要するに?:映像の品質を優先したい場合は2コアx4スレッド系はNG
 


・コア ≒ ガスコンロ
・スレッド ≒ 同時調理可能な数。
    +
1つの鉄板とコンロで「2品以上を同時調理可能なのは事実だが」火加減こそ命「な」卵焼きとかになってくると 逆効果になる可能性(?)。  
    
・(別例:)Core i5をOCオーバークロックしまくってCore i7と同等の性能を構築するとかも 品質が欲しい!CASEにおいては逆効果となる可能性、 


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ 「「 CPUチップのグレード<図> 」」
@・Pentiumを強化すると ⇒ Core i5になる
@・Core i3を強化すると ⇒ Core i7になる
@・Core i5を強化すると ⇒ Core i7のエクセレントEX版

@     +
@ Pentiumで対応できないLvへセッティングする場合は
@ Core i5ではなくCore i7を使わないとクロック数がだめで、
@ 今使用中の課金PCを サブマシンに落とす予定ならばCore i5でOK
@ (ゴミLvなディスプレイだったりしたらCore i3でも問題無いかと、)
@ (結局最終的にはマザーボードxディスプレイのLvが絡んで来たりなはず、) 



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@















  --- マザーボードで使うチップセットの性能差(解説) ---
「問」 基礎能力そのものに差はあるのか?
⇒(おそらく?、)「同じVerのならば 攻撃力は同じと思う派」
⇒(それと、)設計は同じのではないので 完全一致した訳ではないはず。
    +
(ゆえの、)多分なa マザーボード側そのものが設計ミスしてた場合 チップセットの性能が出ず、マザーボードに使われてる構成パーツの品質が良い奴だったとしてもぅ NGがエラーが発生したというカラクリ(?)。 



「問2」 防御力の高いタイプのはお得なのか??
⇒(発売当時においての)「新型なウィルス(未知)」に対抗できる程度ということはよw 3年後くらいになれば解析が進んでいくのもありやな、敵側の(ハッキング/クラッキングの)Lvが上がったことにより防御力のボーナス値は無効化されていたのでは?? (ってことよろ。)
     +
⇒(通常に考えて、) 「Xeonシリーズ(CPUチップ)」を使うようなマシンが、オンラインゲームのような標的になりがちな商売に使われるとは思えない or 「Xeonのマシンへ」直接アクセス可能なやり方で 有名系なオンラインサービスを(インターネットのサービスを)運営するというのも無いと思うねん。
     +
新型へ買い替えをせずに x 2年以上使い続けるとかならば、防御力の高いチップセットによる恩恵は最終的に無くなったのならば(=未知でないウィルスに対抗できてれば十分??)、 下位のチップセットでも(使用するパーツのセッティングによっては)運用が可能な疑い残る。



「問3」 どういう機能差がある? (by:webより)
1:特殊セッティングが可能 or not
2:USBポートを何個使えたか。 (最低0個)
3:RAMメモリの最大合計サイズ
4:使用可能なパーツの最大Lv
5:同時に使えるパーツの数 (HDD/SSD)(グレードアップパーツ)
6:もしもエラーが発生したときに自動対応した or not















 --- どういうマシンのセッティングにすればいいのか編(試作版)---
「αタイプ」 Fps40~60以外は認めない
・CPU ⇒ Core i5 と ちゃんと冷やせるCPUクーラー
・オーバークロック可能なマザーボード
・Fpsを維持したことにより 最終的にノイズの少なさは犠牲になるため(?)


「βタイプ」 Fpsよりも画質を優先する  
・CPU ⇒ Core i7 
・グラフィックスカード⇒搭載メモリのあたりハズレがあるから注意。by web


「Cタイプ」 現状のPCがあまりにも酷過ぎたので強化したい。
・CPU ⇒ 強化されるのならば新型のPentiumでもOK
・グラフィックスカード ⇒ 上位版との性能差 と 旧当時でのMAXを比較


「Dタイプ」 使用中のマシンよりも強くしたい!
・マザーボード ⇒ オーバークロック可能なやつ。
・CPU ⇒ 合ってるやつ。(たぶんPentiumは無いLv 、)
・CPUグリス ⇒ 2回以上塗れる x 良い奴。 
・グラフィックスカード ⇒ 消費電力内で動かせる奴、
    +
 目安はCタイプの課金版(?)















  --- グラフィックスボードはどれを選べばいいのか編---
目安:最大消費電力は記載されていた「W(ワット数)の2倍~」

・問1:CPUチップの性能が良すぎるのか?グラボの性能が低過ぎたのか?
    ↓
    ↓
 (ベンチマークがベンチアークとして機能していない可能性の疑い。)
・「1」ずばり:その数値が画質4kなのか2.5kでのFps値なのかがはっきりしない。から、(例)2倍の性能がある「らしい」程度 + ℃さえ攻略できてれば安全保証のある状態で動画再生が可能ということかと(?)

・「2」性能差の格差が大きいというよりもぅ??
⇒GPUチップの表記方法に問題があったと。 ⇒同じシリーズの中で1.5倍~2倍超えの性能差を確認できるCASE ⇒ 「インテルでいう所の」Core i3 と Core i5 Core i5 と Core i7エクストリームVerを比べているようなものだと(思われる。) 
    +
GPUチップの場合だと(例)890 ⇒ 990というグレードUpなのではないことがややこしく、 880と890のNeo版が⇒990(みたいな。なので) 番号の法則性に互換性が無い、それと6年以上古いGPUチップですら 後期開発型の「量産版」くらいな性能に届いてくるため、(ゆえの)、インテル/AMDのCPUチップのような消費電力への省エネ化をせずに作られる上位型のグラボは 電気代と故障率が高くなってた代わりに値段に比例しないx高い成長率が発生した傾向がある。(by:Webより)


・「3」ただし上位のグラフィックスボードを使い + APUの(GPU搭載型のCPUチップの)性能を3倍4倍超えてくるLvのをやるには、 グラボ側の処理能力に付いてこれるLvなCPUチップの性能Lvでないとできなく。
      ↓
      ↓<構造図>
      ↓
CPU関係の処理をする(演算など?) + GPU処理をGPU側でやってもらう ⇒ので GPU側がどんなけ高速処理できたとしても CPUが間に合わない「と」絵を描く能力はあるのに紙が無い(みたいな現象が起きた?ため) ヒュージな/巨大なやつになるとFpsを下げようとする仕様そのものを CPUやGPUや再生ソフトが持ってないため、再生不能 or ぷちフリーズへ至るカラクリ。













 ----- 録画・動画を作って保存するのへ必要なセッティング -----
<その1>
(たぶん?)RAMメモリに一時保存してからHDD/SSDに書き込んでいたと思う、
(ゆえの?)RAMメモリの品質が劣化品のやつだと、きれいさを出せて無く??

<その2>
・SSDだと ⇒ 上書きに強くないらしい(構造上)、上書き回数0を要求。
・HDDだと ⇒ 書き込みと読み込み速度に限界がありxディスクという構造上の問題があるんで、アロケーションサイズは32kを基準として ディスクの大トロ部分が64kなだけだな、よって画質4kとか画質2.5kで組んだとしてもぅ アロケーションサイズが足りない!!ことにより画質の劣化が確実に起きたと思う派。
    +
・SSDにおいても ⇒ 録画はインストールとは違い受付時間が短いはずだから、録画用に「ドライブそのものを設定して(ビデオに最適化っていう項目がある。)」使用したとしても 書き込み速度へ依存した アロケーションサイズのMAX値ならば「256k」でストップする可能性はありそう。 
⇒通常時のならばロード能力ゆえ「2048k(2メガ)」できたかもしれないが、
⇒書き込み能力要求のCASEだと事情が変わっちゃうかなかもと。


<その3>
・ストレスフリーで書き込みさせるには?
「1」Windows OS専用のHDD
「2」録画とかのソフトが入ってる「SSD」アロケーションサイズ1000kとか
「3」保存場所とするHDD/SSD

⇒読み込みすると 書き込めない!から3個必要になる。
⇒アロケーションサイズが録画アプリ(キャプチャーとか、)よりも小さいからw パーティションを2つ以上作っちゃうと性能が下がってしまうSSDだと 書き込みと読み込みを同時にやれる仕様やつのCASEですら 分離させずに運用することへのメリットが無さ過ぎた。












 @@@@@ グラフィックスボードのLvやメーカーでの違い @@@@@
<その1>
そのVerの上位グレードになると処理能力とノイズ発生確率の両方が上がる。
(プロジェクションマッピングの映像が汚い!のはたぶんそれ。)


<その2>
GPUチップのメーカー製造元が違うと 当然に線の出方や発色に違いがある、
(Nvidia か AMDのどっちがいいかは、使用目的に依存したパターン。)


<その3>
(参考:こういうデータがある、)
NvidiaのGPUチップ ⇒ ぼかしをあまりやらずに絵を出そうとする、
AMDのGPUチップ ⇒ シャープにする部分しない部分を分けてる、
    +
 攻撃力を上げて物理で殴ればいい = Nvidia製(安くなると性能ガタ落ち)
 ゲームクリアーできるなら良くね?= AMD製(工夫を前提とした仕様。)


<その4>(簡単に言うと?)
Nvidia = 解析度の高さに依存するスタイル
AMD = 解析度に合わせた仕様にするスタイル
   ↓
AMD限定(例): 「「 AMD Fluid Motion Video 」」
 ⇒フレームを疑似的に60Fpsにするセッティングができるシステム。
 ⇒解析度があがっても30Fpsは30な訳でみたいな、そんな感じ。
(動画のうp主側に完全依存する しないの違い。やな。)











     --- AMDが安いのか?Intelが高いのか編 ---
<その1>(もしかすると?)
・Intel = 高速重視のCPU(マザーボードが速度に付いてこれない)
・AMD = ノーマルモーターみたいなやつ??

    ↓
    ↓

・IntelのCPUチップにおいて、特殊な欲張りセッティングなマザーボードになる程 マザーボードに原因がある系のエラーが発生した傾向があり(by Web)、 ふつう・完全にゴミ・ちょっといいの どれかがメーカー製造元の単位で発生してしまう奴。
(例:Skylakeの2015年版は AsRockのマザーボードが最強、MSIがノーマルらしい)


・AMDの場合は、そのVerでの最上位系のCPUチップになると(アイドル時/アイドリングの消費電力65W級になると)動作保証されてるマザーボードという項目があったりするみたいやと、 通常強化版のCPUチップになると「対応BIOS以外は動かん!」そうなってて、使う側が使用するBIOSのバージョンそのものをミスることが無いようになってるから+選択肢そのものが無い状態でのエラー発生率%(ゆえの) エラー報告数の少なさとなる??。
      


<その2>(ちょっと高いマシンセッティングとなると)
・AMD =動作保証付きのマザーボードしか選択肢が無い。≒確実狙い
・Intel =ちょっと高い価格帯Lvのでは手に入らないリスクがある、
(⇒インテルのは安いマザーにCore i5みたいなことが本当にありえる、)
(⇒安いマザーボードになるとCPUの性能を引き出せないくなる、)
(⇒Core i5からは使われてるパーツの品質が悪いと影響が出ちゃうみたいだ。)

     +

・価格と性能を取るならば ⇒Core i5
・確実な動作保証 ⇒AMDの最上位CPUシリーズ(熱量200W)
 (値段がほとんど同じだったりする、)
 (Pentiumパソコンの2倍課金Lvでマシンを構築するならAMDが確実っぽい。)
 (Intelの上位CPUは総費用に制限が無いことを前提にしないと組めない感じ。)











   @@@@@@@ グラボ+OpenGL(解説) @@@@@@@
目安:Open GL ⇒ (をカスタムすると)Direct X
 (Open GL ・ Open CL ・ CUDAの3種類がある。基礎タイプ。)

重要:ダイレクトX モデルのはOpen GLへの互換性が基本的には無い。


<Aタイプ>グラフィックスボード(ビデオカード)
・GTXシリーズ/Redionシリーズ = Direct X 専用モデル。
・Quadro系とかは = Open GLモデル(基礎型=ダイレクトXの兼用可能)

<Bタイプ>CPUに搭載されてるGPU
・IntelのCPU =(のは)Direct X 寄りの性能。
・AMDのAPU =Open GL 寄りの性能。 
 (APU =とは2色パン、ミックス。 GPUチップ搭載型CPU。)

    ↓

AMD製の方がGood? ⇒ 守備範囲に最低保証がある。
Intelならば? ⇒ プチ課金程度のパソコンだとまじで損する、
 (たいていなCASEでGTXグラボでカバーし切れない人の方が多い、)
 (GTXグラボで贅沢したい訳でない場合はQuadro系しか選択肢が無く)
 Quadro系にすると?CPUチップのLvが要ったから♪格安では作れないの。









   @@@@@@ グラボ+どれを買えばいい? @@@@@@
・非課金組 = 買うとしても、酷い状態で無いことにするのを目的
・ガチ課金組= 使用目的を満たせてればそれでOK
・ドブ課金組= PCパソコン本体費用そのものが元取りできないLv


『問』GTX/Radion or Quadro/FirePro の どっちがいいのか??
・非課金:Newマシンを組んだ時に安くて性能を出せる方を優先する。
・課金組:目的に合わせて買うから「大丈夫だw問題無い。」
・ドブ課金組:目的のグラボが発売次第 PC本体を新しくするとか。

     +

超安いグラボは? ⇒動画再生を目的にしてない。2画面・3画面表示専用
非課金勢が買うなら⇒もっとも優先する内容へ特化させることが正解。
 (グラボのメモリーサイズ量が要るなら ⇒ SLI対応型、)
 (火力よりも加速力がほしい!⇒ GTX/Redion = Direct X 寄りの。)
 (バグ発生率%の低さこそ要る⇒ Quadro/FirePro = OpenGL系寄りの。)

     ↓

「問」下位グレードのQuadro系で動かせたのか?
⇒ただし?:Gif・動画を作る場合 メモリ1Gを余裕で超えるんで
⇒最低でも2G持ってないと ゴミになる、
⇒GTX/Radeonだと使えなくなるアプリがあるけど? youtubeをぶん回せない!とかの方がもっと辛い状態になっちゃうはずだとすると、 グラボのメモリが「2Gになってしまう場合限定で」同じ2G以上~からのならば OpenCL寄りにするならRadeonで◎ 完全にOpenGL要素を切ってしまうならばGTXを買って、 使うでも問題無いCASEならば(よ)下位のQuadro系を買うよりもLvが高くなる。
 (説明:重い設定でも動けるのがQuadro系)
 (説明:重くないならば動けるぜがGTX/Radeon系。)仕様の違い(?)。


使用金額はおそらく同じだとしてやな ステータスの偏り方を選ぶだけ。
使いたい奴のLvがまだ開発完了してない頃に課金すれば、使えはするとしてもぉ 動作保証と性能限界の上限は保証されてないため Neo系/新型のグラボの仕様が 自分のニーズを(需要を)完全に十分満たしてくるのかは「検証実験後でしかわからなく。」
 (例:GTX970は4G表記だけど、高速稼働するのが3.0Gまでなため)
 (SLIで2枚デュアルさせた場合 速度不一致が発生したためうまくいかない罠)
    + 
 偽装表示になるんで販売したパーツショップは差額の返金赤字状態、
 Nvidia本体側は当然にゴネる(だたこねる)から マルチ商法な言い方をすると
Nvidia「親」 パーツショップ「子ネズミ」ゆえの親にダメージが発生し難く、





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。