【グレンダンボ近郊(オーストラリア南部)永山悦子】小惑星イトカワの岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」は13日深夜、地球に帰還した。月より遠い天体に着陸し、地球に戻ってくるのは史上初。宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、はやぶさは午後10時50分ごろ(日本時間)、大気圏に突入、はやぶさ本体は燃え尽きた。JAXAは、ヘリコプターによる捜索隊が目視でカプセルを発見したことを明らかにした。14日朝、回収作業を始める。

 中にイトカワの砂などが入っていれば、世界で初めて小惑星で直接採取した物質となる。03年5月の打ち上げから7年。予定より3年長引いた旅の総距離は、月への往復約8000回に相当する約60億キロに達した。

【関連ニュース】
はやぶさ:7年、60億キロ…世界初の旅終え帰還
はやぶさ:大気圏突入、本体燃え尽きる…カプセル分離成功
はやぶさ:ファン共感、豪州で「最期見届ける」
はやぶさ:「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室
はやぶさ:カプセル切り離し…地球帰還へ 小惑星探査機

<参院選>菅首相、勝敗ライン50議席見直さず(毎日新聞)
<未来の科学技術>31年に宇宙旅行 40年に有人月面基地(毎日新聞)
「経済成長」と「財政再建」で意見交換-民主議連・国家財政考える会(医療介護CBニュース)
交通事故死者、5000人切る=交通安全白書(時事通信)
<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
AD