大相撲の親方の便宜で暴力団幹部が観戦していたとされる問題に関し、中井洽国家公安委員長は28日の閣議後記者会見で、日本相撲協会の監督官庁である文部科学省の川端達夫大臣に対し、同省と警察庁の担当者を交えた意見交換を提案したことを明らかにした。
中井国家公安委員長は、事件捜査や暴力団排除を進める警察と文科省は「立場が違う」と強調。その上で「相撲協会の問題について認識を共有する。(問題が)たび重なるので、両大臣で相撲界の知識の交換も含めていろんなことをやっていきたい」と話した。

【関連ニュース】
日証協に暴力団情報提供=株式市場から排除支援へ
大手ゼネコンに暴排条項指示=「一方的な契約解除」盛り込む
歌舞伎座建て替えに介入許すな=暴力団排除協議会が発足
北九州市を警察庁長官が視察=市長と会談、捜査員激励
工藤会本部を捜索=ビル発砲、関与の疑い

<放火>自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川(毎日新聞)
生活保護受給者の老齢加算廃止、2審も原告敗訴(読売新聞)
「金は使った」容疑者の娘が供述 千葉の放火殺人(産経新聞)
<東日本入管センター>ハンスト参加者ゼロに 待遇改善訴え(毎日新聞)
美人女将の宿 島根・松平閣 宍道湖借景の日本庭園(産経新聞)
AD