第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)で羽生善治前王将(39)を降し、初めてこのタイトルを獲得した久保利明王将(34)の就位式が26日、大阪・ホテル阪神で開かれた。04年の谷川浩司九段(王位・棋王)以来、関西本部所属では6年ぶりとなる2冠達成を、集まったファンや関係者ら約300人が祝福した。

【関連特集】激戦を振り返る 王将戦ブログ

 山本進・スポーツニッポン新聞社社長らのあいさつに続き、米長邦雄・日本将棋連盟会長が贈位状と賞金目録を授与。伊藤芳明・毎日新聞大阪本社代表が王将盾を手渡した。

 王将位奪取に続いて棋王戦でも初防衛を決め、波に乗る久保王将は「第2局で負けた時にもすがすがしい充実感を感じることができ、精神的な成長を実感できた。これからも将棋を楽しむことをキーワードにして努力していきたい」と語った。【澤木政輝】

【関連ニュース】
【棋譜】王将戦7番勝負
将棋:鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局
【特集】写真も動画も満載 将棋のページ
将棋:久保棋王が初防衛 3勝2敗

パトカーに追われた車衝突、1人死亡3人重軽傷(読売新聞)
事業仕分け JICA大幅縮減 4法人8事業「廃止」判定(毎日新聞)
交番ガラス割られる 大阪・西淀川(産経新聞)
平城遷都1300年祭 収容力に不安 万単位“難民”どうする?(産経新聞)
将棋 久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人(毎日新聞)
AD