大阪府の橋下徹知事を代表とする政治団体(地域政党)「大阪維新の会」が19日、政治資金規正法に基づく政治団体の届け出を府選挙管理委員会に提出し、正式に設立した。メンバーは府議会橋下派の24人に加え、大阪市議1人、堺市議5人の計30人。大阪市を解体して府内中心部を20の特別区に再編する「大阪都」構想を主要政策に掲げ、まずは来春の統一地方選で府議会、大阪・堺両市議会での過半数獲得を目指す。正式名称は「ローカルパーティー『大阪維新の会』」。政治資金規正法上の「政党」に当たらないが「地域政党」を名乗る。設立集会が19日夕、大阪市内で開かれ、橋下知事は「東京都と共に、日本を引っ張っていく」と宣言した。【田辺一城】

【関連ニュース】
舛添氏:次の一手は? 新党構想、援軍なく
橋下知事:豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ
橋下知事:「行政の大掃除を」枝野行政刷新相にエール
教員人事権移譲:副文科相容認 大阪府11年度から実施へ
橋下知事:府の教育人事権移譲…5市町へ、教委廃止も視野

移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
<質問なるほドリ>アジア大会新種目、なぜ囲碁が選ばれたの?(毎日新聞)
「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)
<火山噴火>降灰、日本には届かず 健康への影響限定的か(毎日新聞)
AD