政府の国家戦略室が6月に策定する財政運営戦略と中期財政フレームの素案が30日、明らかになった。財政運営戦略の柱となる財政健全化の最終目標は、国内総生産(GDP)に対する債務残高比率を「安定的に縮減させる」こととし、その中間目標として基礎的財政収支(プライマリーバランス)などの達成を4段階で定める。新規施策や減税には恒久的な財源を確保する「ペイアズユーゴー原則」など財政運営ルールの確立も目指す。
 国と地方を合わせた債務残高比率の安定的縮減を可能にするため、(1)2011~13年度の歳出の大枠を示す中期財政フレームを設定(2)基礎的財政収支赤字を半減(3)同収支の均衡化(4)同収支の黒字化-の4段階で目標達成時期を示す。ただ、国債に関する歳出・歳入を除いた基礎的財政収支の代わりに、金利上昇を念頭に、元利払い費を加えた財政収支を用いる可能性にも言及している。 

【関連ニュース】
首相記者会見の要旨
子ども手当は無駄削減で=行政刷新相
国債発行、13年度に55兆円=予算100兆円に膨張
予算・識者コメント
財政悪化、先進国で突出=国債残高は税収17年分に-10年度予算案

元会社員に求刑通り無期=夫婦殺害、放火-長野地裁支部(時事通信)
経済協定受け入れの外国人、3人初の看護師合格(読売新聞)
首相が初のオープン会見、「珍質問」「激辛質問」も続々…(産経新聞)
<センバツ>「負けて恥」発言の開星監督、処分へ(毎日新聞)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
AD