2009-11-10 19:56:43

誰もいない墓場の中で女が服を脱いだら、そのとき罪はあるのか?

テーマ:時事ネタ
宮沢りえヌード写真集は児童ポルノか?という議論はまだ記憶に新しいですが、政権交代したら紀信センセイが捕まっちゃいましたね(笑)

『篠山紀信さんの事務所などを家宅捜索』

いや、でもこれって単なる笑い話なんでしょうか?

出版が今年の1月、撮影は昨年の8月なのに、なぜわざわざ今、そんな昔のことを蒸し返して、という点にちょっと不審を感じます。最近、この手の取り締まりが妙に続いている気がするんですよね。

『白昼の公園で「M字開脚」撮影の男女逮捕』
これは公然わいせつではなく『条例違反の疑い』。『合意した男女が「パンチラ撮影」で摘発されるのは極めて異例という』って聞いたことないよ、そんなこと。はじめてじゃない?

『宮城の浜辺でヌード撮影の疑い 写真業の男ら2人逮捕』
こちらの主催者はその筋ではちょっと有名な「センセイ」だったらしいですね。

これら2件はいずれも通報、ということは別に悪質な常習性があって以前からマークされていたとかそういうわけではないんですから、ちょっと注意程度で済む話だと思うんですが。

この手の、ある意味「被害者のいない犯罪」というのは、個人に対して公共がどこまで行動を制限できるか、を問うものであるわけです。「公に迷惑がかかるから○○をするな」という論法は当然ながら容易に「公のために市民は○○である義務を負う」という命令にすり替わるわけで、そのコトの重大性から本来は憲法で議論する話なんですよね。

公と私の線引きが、地方地方の条例だとか、現場の警察官の恣意だとか、世間の空気だとかで何となく、ある一方向に流されていくというのはちょっと怖い気がします。いや、本当に、単にエロ爺が捕まった、というだけの、そんな大げさな心配をしなくても良い話なら良いんですが。

あ、そういや、アキバでパンツ見せて捕まった女の人もいましたね(笑) ああいう形で自己主張させておく方がはるかに無害だと思うんですがねえ。軽微な犯罪でも取り締まる欧米流の割れ窓理論より、囲む師は欠く孫子の兵法の方が大局的には正しいんじゃないか、と。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Uジローさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。