1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-05-30 00:30:17

加速度センサー付きのV904SHこそライトセーバーにしたいんだよなぁ

テーマ:雑記
ちょっと古いネタなんですが、こういうのを見掛けました。

「MacBookをライトセーバーにするMacSaber」

MacBookには、HDD保護用に姿勢や振動を検知するための加速度センサーが入っているらしいのですが、それを利用してMacBookをブンブンと振り回すとスターウォーズのライトセーバー(光の剣)みたいな「ブーン」という音を出すようにするソフトがあるそうです。

MacBookを持っていないので試せないのが残念なのですが、ふと思いました。
これ、Vodafoneの携帯電話 V904SH にこそ、ぴったりのソフトじゃないですか!?

携帯電話だからブンブン振り回すのも簡単だし危なくないw
おまけにコイツには、最近の携帯電話の例に漏れず、やたらにランプがついていて、デフォルトで無駄にライトセーバーっぽく光ったりする。

何よりも、V904SHにはMacBook同様の加速度センサーが入っている!

誰かコレ、Vアプリに移植してくださらないでしょうか?w
シェアウェアとか有料アプリとかでも良いです。

ってゆーか、そんなにライトセーバーが欲しければオモチャの買えよ、というツッコミはナシでw
携帯電話がライトセーバーになる意味不明さが良いんじゃないですか!


<追記>
あ、そうそう!
V904SHにはGPSやBluetoothも付いているんです。これを使わない手はない!

2台のV904SHが接近すると、「ブーン!」という刃が伸びる効果音とともに自動的に光り出したりなんかしちゃって戦闘態勢に入るわけです。

お互いに振り回して、光の刃が接触した!?とおぼしき瞬間には、ちゃんと「ぼよ~ん」と反発音が出ちゃったりして。そのとき、バイブで振動すれば完璧です。

そうそう、一人で2台つなげて持ってなぎなた状にしたときは微妙に「ブーン」の周波数を変えてくださいね!

・・・って、私は一体、何を妄想しているんでしょうね orz
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-28 15:45:05

改めて藤田社長に苦言申し上げる

テーマ:雑記
最近、アメブロのスパム対応があまりにひどいことにキレて、アメブロの藤田社長に苦言を呈した記事を書いたのですが、時間が経って読み返してみるとあまりに品がなく恥ずかしいものがあるので、書き直すことにしました。
(前回バージョンをお読みになってしまった方々、申し訳ありません)

アメブロを運営しているサイバーエージェント社の藤田社長は、ご自身もアメブロでいわゆる「社長ブログ」を書かれているのですが、このところの内容にはちょっと心配になるところが多いんですよね。ま、私ごときがそんなこと言ってもしょうがない話なんですが、一度、文句を言い出してしまった手前、ばっさり削除というわけにもいかないので書き直します。

まず、プログラマの端くれとして反応しないわけにはいかないのは、ちょっと古いネタですが、「技術者採用」の件。技術系人間を「頭数」扱いして世間の「IT技術系」な人たちのプライドをいたく傷つけた、とされる件ですが、アメブロユーザーとしても不満を感じざるを得ないです。

藤田社長が感じられている問題は以前のリニューアル失敗騒動の頃から明らかなわけで、最近のアメブロのスパム対策の遅れにイライラさせられているユーザーとしては、「分かっているならもっと早く何とかしてよ!」と言いたくもなるというものです。技術系の人間でなければ何とも思わないのかもしれないですけどねぇ・・・。

より深刻に感じられるのは、このところのサイバーエージェント社の株価低迷に関してまるで危機意識を持たれていないように見受けられる点です。

もちろん、株価なんてものは根拠無く上下するものなので、上場企業の社長がいちいち株価の変動に一喜一憂したりコメントしたりする必要もありませんし、またそんなことをやってはいけないわけですが、それにしても緊張感がなさ過ぎるような印象を受けるんですよね。もしかしたら、株式市場全体が値下がりしているのだからしょうがないとか、うちはまだマシな方、程度に考えられているのかもしれませんが、もしそうであればそれは大きな間違いではないかと。

まあ、私は別にサイバーエージェントの株主でも何でもないので、別にどうでも良いことではあるのですが・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
2006-05-28 14:45:12

国産で低価格なフルカスタマイズキーボード

テーマ:キーボード・マウスReview
ということで、こんなものが出たそうです。



キーボードの聖地(笑)、ネオテックで売ってるというのが意外と言えば意外。ネオテックの主流はビンテージ物のキーボードで、こういうキワモノ的なものはあんまり扱ってないイメージがあったんだけど。

スイッチは、ネオテックホームページの説明によるとメンブレンですがコイルスプリングとのこと。製造元もPOS端末の長野テクトロンということですし、スーパーのレジやATMみたいなリニアな感触(バネを押し縮める感触が直に味わえるヤツ)のキータッチが期待できそうですね。

初回入荷分は売り切れてしまったそうですが、来週早々にはまた入荷するようなのでご興味ある方はネオテックへどうぞ。

個人的には、わざわざ通販で買うほどの気は起こらないかなぁ。アキバにぶらっと寄ってキータッチが気に入れば衝動買い、って感じの物欲刺激度。でも最近、アキバにあんまり行く機会ないなぁ・・・。

<追記>
yfiさんの紹介記事に、「キー押下圧が高くバラつきがあり」という情報があったので、製品仕様をチェックしてみたところ、確かに「キー動作力 65g±30g」とありますね。

「65g」というのは、Cherryの黒軸も確かそんなもので、まあ悪くはないとは思いますが、Cherry黒軸と違ってメンブレンスイッチなので底打ちしないとスイッチが入らないことを考えると確かに高過ぎかな?と感じます。

バラツキの方、「±30g」とはスゴイですねぇ・・・。いくら何でも同じ器体内のキー間でこれだけのバラツキが出るわけではないんでしょうけど、「+30g」の方に当たってしまった日には指の筋力がつきまくりそうです(笑)。

確かに文字入力用には不向きな仕様ですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-20 12:07:02

いわゆる「インテルは逝ってる」話

テーマ:時事ネタ
ただの偶然だろうが、CPU市場で興味深いニュースが相次いだ。

「復活したEfficeonはXboxポータブルに搭載か」

XBOXのポータブル機の存在が意外なところで明らかになった話。だが、注目は何と言ってもTransmeta社だろう。かつて省電力CPUのCrusoeで一世を風靡したあのTransmetaだ。

つい先日のVAIO記事で「Transmeta CPUのOQOなんて買わねーよ」とTransmeta死亡扱いしたことに奮起したわけはもちろんないだろうが、久々にTransmetaが元気な、いや、元気以上なところを見せてくれた。

Transmetaと言えば、Crusoeで彗星のごとくデビューしたときは「いずれデスクトップでもこういうのが主流になる!インテル逝ったな」と興奮させてくれたものだが、最近はすっかり輝きを失っていた。このところのモバイル電子器機の盛り上がりに、本来ならこういうときはTransmetaが主役を演じていたはずなのに・・と悲しんでいたが、まさかこういう形で復活を遂げるとはさすがDitzel氏、まだまだ勝負を諦めていないようで嬉しい限りだ。



さて、Transmetaは直接的には「帝国」Intelを叩きつぶすことに失敗したように見えるのだが、こんなニュースを聞くとそうでもなかったのかなと思い直す。

「Dell、AMDプロセッサの採用を発表」

Intel様々!Intel命!Intelラブ!なDellがついにIntelとの一夫一妻制を投げ出すそうだ。まあ、DellとIntelの離婚は時間の問題と言われ続けてきたことで、Dellも家計がどんどんと悪化し、近所の評判も芳しくない現状、出来の悪い嫁(あるいは夫でも良いけど)を抱え続けることはできないのは当然だろう。

Intelが常に2つの技術チームを競わせるようにして競争力を高めてきたのはよく知られるところだ(もちろん、実際のところはもっと複雑だろうが)。たとえメインの正規軍が不利な状況に陥ったとしても、今度はバックアップとして待機していた親衛隊が主戦力として機能する、というような感じだ。

AMDのような貧しい企業には当然、そんな贅沢なことはできず、常に一つのシナリオに全力投球、いやそれどころか信用全力2階建て状態で全リソース以上の経営資源を投入してIntel正規軍と戦わざるを得なかった。そういうわけで、これまで何度も死闘の末にようやく帝国正規軍を追い詰めたと思った次の瞬間に親衛隊から不意打ち喰らって戦線後退、ということを繰り返してきた。

だが、今度はどうも状況が違うようだ。Intel正規軍はかなり旗色が悪くなってきているにもかかわらず、いつまで待っても親衛隊は現れない。シェアが浸食されようと、株価が叩かれようとやられるがままなのである。帝国はいつの間にこんなにも余裕を失ってしまったのだろうか? そう考えると、やはりTransmetaの存在は大きかったのではないかと思えるのだ。

Transmetaの奇襲には、当時、Intelは完全に虚を突かれた感がある。Transmetaが持ってきたソリューションは圧倒的で、Intelがその手のプロセッサで追いつくのは絶望的にさえ思えた。当時、PC、文字通りの「パーソナル」コンピューターの主流がノート型に移行していくことが期待されていたわけで(実際、それは正しかったのだが)、Transmetaの登場はIntelにとって、その新しいメインストリーム市場をそっくり失ってしまうほどの危機にさえ思えた。

そこからのIntelの驚異的な巻き返しは周知の通り。驚異的なスピードで省電力・高性能の燃費の良いCPU、Pentium Mのローンチを成功させ、それによって新しいノートPCの地平を広げてかえってノートPCのマーケットを爆発的に広げたのはさすがにIntel、まさに災い転じて福となすとはこのことで、その老獪さをまざまざと見せつけてくれたわけだ。

しかしその代償は想像以上に大きかったのだろうか。その間、IntelはCPUの主戦場でもあり、CPUの華でもあるハイエンドの領域でAMDに遅れを取ることになる。この失策に関して、実際にTransmetaの影響があったのかどうかは分からないが、傍目から見れば、まるで高級スポーツカーメーカーが小型大衆車の開発に明け暮れたあげく、F1で敗れ、高級車市場を失ったかのように見えるのだ。

はっきりと言えることは、AMDのハイエンドCPUの開発は難航を極め、スケジュールも大幅に遅れてのリリースだったので、もしIntelが順調にAMD対策を取っていたら今頃息の根が止まっていたのはAMDの方だ、ということだ。そして、それはこれまでのIntel帝国の圧倒的な軍事力からすれば当然のように予想されていたシナリオだった。にもかかわらず、そうはならなかったのだ。



AMDには、Intelに比べるとまだ致命的な弱点がある。Intelなら、仮に世界中のCPUを作れ、と言われてもそれに対応できるだけの生産キャパがある。というより、実際、すでにそれに近いことをしているわけだ。だが、AMDにはそれがない。そのため、PCメーカーにとってはそもそも性能以前にAMD CPUでメインストリームのPCを作る、なんて選択肢は存在しないという状況が続いていた。逆にAMDにしてみれば大量の採用予定がなければ莫大な設備投資を必要とするキャパ増設なんてできないわけだ。

こういうのは鶏が先か卵が先か、というような感じで、なかなか打開は難しいのだが、一度、歯車が回り出すと驚くほどの勢いで好循環が始まることも多い。そして、このあたりのニュース(全くnewではないが)を見るに、すでに時代が変革する歯車は回り始めているのではないか、と思うのである。

「AMD、新工場完成で対インテル戦略を強化」

他方、ソフトウェアの世界でも「帝国」マイクロソフトが困難に突き当たっているわけで、相次いだTransmetaとDellのニュースは、PC界隈が激動の時代に突入していくことを改めて強く予感させてくれる。

ただ、こういうところに日本のIT企業の名前が全く出てこないのはつくづく残念に感じるとともに、一応、IT屋のはしくれとしては大変にふがいなく、また申し訳なく思う。まっことなさけのうござる・・・。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-05-19 00:50:02

Winny規制が憲法違反ならWinny利用は国民の権利?

テーマ:時事ネタ
今日はいろいろと疲れました・・。
でも、これをスルーするわけにはいかんでしょうな。

『Winny遮断に国が「待った」』

プロバイダがWinnyのみを規制するには、ある通信がWinnyによる通信かどうか中身を解析しないといけないわけで、それは、

検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

と謳った憲法、およびその精神に基づいた電気通信事業法に違反するのではないか、という指摘は前々からありました。

ただ、Winnyを表だって擁護する頭の良い人たちがいなかったので、調子にぷららのような乗ったプロバイダたちが堂々とWinny規制をやっていたわけです。

そのうち「憲法違反だ!」「賠償だ!」ってな集団訴訟でも起こるか?とちょっとワクワクして成り行きを見守っていたのですが、まさかお上から指導が入るとは意外でした。小泉内閣ではWinnyは目の敵にしていたと思うのですが、それはそれ、これはこれ、守るべきものはちゃんと守ろうね、とちゃんと正論を通そうとする人たちは行政にもいるんだな、とちょっと見直しましたね。

アメリカあたりならこの総務省の指導を受けて速攻でぷららに対して「おら!賠償しろ!」ってなことになりそうですが、日本ではそんなんで勝訴してもせいぜい月々の通信料が返ってくる程度のことしか期待できないんで、まあ訴訟沙汰は起こらないんでしょう。

それにしても、Winnyを規制したければ、単に通信の総量を制限すれば良いだけじゃん?と思う方も多いかと思いますが、それはそれでまた実はちょっと悩ましい問題があるように思います。営業的には「100M!」「ブロードバンド!」「使い放題!」を騙りながら実際には通信量を規制するのなら、郵便局のEXPACK以上に誇大広告になってしまうのは明らかですからねぇ。

とはいえ、実際には平気でそういうことをやっているプロバイダも多いですし、「通信の秘密」というヘタすれば憲法改正が必要になる難関にぶち当たることに比べれば、公正取引委員会の方がはるかに与しやすいでしょうけど。

・・・あ~、ダメだ。

もっといろいろ書きたいことがあったような気がするけど・・・・・

寝よ zzz
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-16 16:10:11

新型「VAIO type U」自体が壮大な「じらし」だったとは・・

テーマ:時事ネタ


もっと焦らされるかと思いきや、意外にあっさりと日本でも発表になったソニーの新しいVAIO、「type U」

ほぼ事前の予測(っていうかリークw)通りのスペックで、

★ 1024 x 600 4.5インチのタッチパネル&LED液晶!
★ 英語・日本語で配列が選べるスライド式キーボード!
★ 文庫本サイズ 520g!
★ Core Solo 1.2GHzまで選択可能!
★ 大容量バッテリで最大7時間!
★ 20万円切った!(最安なら14万円台!!)

と、なかなかの神マシンぶりです。久々にソニンで興奮しましたよ!

特に、4.5インチにWSVGAを詰め込んでくるとは予想はされていたものの、実際にスペックが発表されるとちょっとWAO!って感じですね。

4.5インチWSVGAになるとドットピッチはPC界最高(かな?)の実に 260 dpi!
12インチSXGA+のM200の145 dpiや、リナザウの216 dpiすら超えていて、これ以上の高精細となると2.4インチVGA Vodafone 904SHの333 dpiくらいしか思い浮かびません。

美肌フェチ、というわけでもないのですが、やたらと高精細画面大好きのUジローとしては高精細なモニタが出回るのは意味もなく嬉しいものがありますね。ま、でも実際、200 dpi超えてくると本物の写真と見分けが付かない領域に入ってきますからね!

また、キーボード、配列変更に対応してくれる、というのもちょっと驚きです。

それも全て変態配列ではないからこそできる技。
「@」や「:」あたりのキーもちゃんと存在するので、PCと全く同じ月配列をそのまんま乗せられそうで月配列使いとしては嬉しいところですね。この辺でチマチマとローマ字入力で文字入力する動画を見ることができますが、思わず、「おい、月配列使わんかいっ!」と勧誘したくなります。

(って、本当は月配列の親指打ちなんてしたことないないくせに偉そうなこと言ってますが・・)

さて、そうなると何はともあれ「買い!」、と値段や用途を顧みず突っ走りたくなるところなんですが、実はさらにこんな情報が!!!

「ソニー、16Gバイトフラッシュ搭載超小型PCを6月発表」

重さはHDD搭載型(約520グラム)よりも「持って分かるほど軽くなる」としている。石田事業部門長は「フラッシュを搭載することでアプリケーションの起動が早くなるほか、バッテリー駆動時間が長くなる」などと語った。


ぐはぁっ!こっちが本命かよっっ!!!
5月発売のHDD type U 自体がティーザーだったとはやられましたね・・・。

さてさてとにもかくにも、レッツラーで東芝ファンな私は、ソニーは実はあんまり好きなブランドではなかったりするのですが、ソニーがぶっ飛んでくれるとやっぱり世の中、楽しくなりますね~。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2006-05-16 11:58:13

夢と妄想なら誇大に詰め放題

テーマ:時事ネタ
おバカだwww
ひさびさのスカッとするバカニュースだwww

「郵便小包EXPACK500「30キロ詰め放題」」

500円の専用封筒に入るなら追加料金なしで何でも送れる郵政公社のEXPACK500。
そのキャッチコピーは

「30キロ詰め放題です」

だがしかし、名古屋市中村区の元教師、沢昌良さん(74)が疑問をぶつけた!

「この地球上にこの小包の容積で30キロになるものが存在するのか。存在しなければ不当表示だ」

怒ってます!この人、怒ってますよ!www

んで、中日新聞が検証してみました。

確かに、鉄でも比重(1立方センチ当たりのグラム数)は7・87にすぎず、いっぱいに鉄板を入れても約11・6キロ。純金(比重19・32)でさえ、約28・4キロと及ばない。

 地球上、最も重い物質とされるイリジウムやオスミウム(いずれも比重22・5)なら、33・1キロとなって、やっと30キロを超えるが、地球内部の奥深くに存在する極めて希少な金属。白金(比重21・45)も“有資格”だが、30キロでゆうに1億円を超えるシロモノで、いずれにしろ郵便小包で送るようなものではない。

中日新聞、GJ!
ってか、バカすぎるw
お前らどんだけ暇やねんwww

結局、

「30キロ分の物質を入れることは事実上、不可能で、景品表示法に違反する恐れがある」

(by 公取委)

だそうです。

ちなみに現在、この郵政公社のピンチを救うべく、2ちゃんねらーたちが必死に屁理屈こいて「この小包の容積で30キロになるもの」の存在を立証しているのが笑える。

曰く、30キロ(メートル)なら詰め込める
曰く、30キロ(バイト)なら詰め込める
曰く、30キロ(カロリー)なら詰め込める
etc etc...

もしくは、EXPACKの封筒の組み立て方を工夫して円柱形状にすると何と容積が倍以上の3607cm3になるとか!

にしても、なぜに人はこの手の屁理屈にはアツクなるんでしょうね?w
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-15 14:18:25

モバイルPCの本命「新VAIO-U」きましたね

テーマ:時事ネタ
PDA一体型携帯(?)「W-ZERO3」のヒットや、安価なモバイルPC「ORIGAMI」の登場で今年はモバイルPCがアツイですが、一部モバイラからは本命と目されているソニー「VAIO-U」後継機種、ついに全貌が見えてきたようですね。

「ソニーの新型はスライド式キーボード搭載のVaio UX?」

3Gの携帯ネットワーク内蔵?とか噂されているのが非常に気になりますね。米国モデルだけよ~とかいうことはナシにしていただきたい。キー配列も写真から判断するにマトリックスではあるものの、PCにかなり近い感じで待望の「ピュア月配列」実現モバイルができそうな雰囲気があります。

あと、タブレットスタイルのときにPDA感覚で使えるようにタッチパネル搭載だと嬉しいのですが、写真を見る限りではタブレットスタイル時のポインティングが見あたらないのでこれも期待大ってところです。

スライド式キーボード搭載の超小型Windows-XPマシン、と言えば、すでにこういうヤツ↓

「OQO model 01+ Ultra PC (30GB, XP Pro)」

もあるんですが、価格がバカ高いのと低スペックCPU(1GHz Crusoe)なので、私的にはいまいちなんですよ。「VAIO-UX」は今どきCrusoeなんてこともないでしょうから、20万を切ってくるようなら激しく物欲を刺激してくれそうです。

ソニーのティーザーでは16日にもっと情報が出るようなので期待して待ちましょう。

<追記>
某所に貼られていたメモリスロットの幅から予想されるサイズ比較画像
http://v.isp.2ch.net/up/e05aa7f4e065.jpg

うはーっ!!
これがマジなら神だっっ!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-11 20:36:54

男の魅力は輝ける自信

テーマ:時事ネタ
と、世の女性であられる方々が思ってくださるのかどうかはともかく、少なくともUジローはよくそんなように思うのでございます。

特に社会人というかオッサンになってくるとそれが顕著で、自信のあるヤツにはオーラが漂ってくる(というより、いわゆるオーラというやつの正体が自信そのものなんですが)わけで、どんなに根拠のない勘違いな自信であろうと、人間的な魅力という点においては、それがないよりはあった方がよっぽどマシなわけです。そもそも、誰もが自信家だった青年時代と違って、余程のバカでもない限り根拠の無い自信を持ち続けることはできなくなりますしねぇ。

・・・と、まあそんなことを、意気揚々と示威外遊に繰り出す福田さんを見て改めて痛感しました。

「訪米中の福田氏に異例の厚遇 ライス国務長官が会談」

福田さんは、失礼ながらちょっと小役人然としていて決してルックスに恵まれた方ではないように思うのですが、最近はなんだか体が一回り大きく見えますね。
(いや、もしかしたら政治家ですから本当に胸パットの1枚や2枚くらいは入れかねないですがw)
官房長官をやめたときは、自分の保身のために沈没船から逃げ出す鼠みたいないかにも小物っぽい印象を受けたものですが、今やそうしたザコっぽさは欠片もなくなったように感じられます。

今、世のビジネスマンに次期首相の人気投票をさせたら間違いなく福田さんが上でしょうね。(実際、福田さん、オッサン人気は高いようですがw)

ただ、持ち上げてから落とすようで申し訳ないのですが、森派2択路線になった以上、結局、福田さんがどんなにがんばったところで、次の総理大臣になれるかなれないかは、ある意味、運次第って感じなんでしょうね。アジアとまだしばらくは距離を置こうとするような情勢なら安倍さんになるんでしょうし、急遽、アジアと仲直りすべきような情勢なら満を持して福田さんを持ってくるんでしょうし。

個人的には、戦略的・政策的にアジアの国々と距離を置こうとするのは政治の勝手でしょうが、これ以上、その路線を継続すると、いざ接近しようと思ったときにはもはや国民感情的にそういう方向には動けなくなってしまっているくらいのところまでいってしまいそうでちょっとヤバゲな気はしますがどうなるんでしょうねぇ・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-10 01:49:44

プレステ高ぇ・・

テーマ:時事ネタ
迷走していたソニーのPS3、発売日と価格がようやく発表になったようですね。

「プレステ3、11月11日発売へ ソニー」

でも、ちょ~っとお高いんじゃありません?

廉価版で約6万円、まともに環境揃えると10万、と見られているようですが、ただでさえゲーム市場が縮小しつつある中、この値段ってすごく独りよがりなような気がしますねぇ。迷走するソニーの象徴、とか書かれそうなんですがどうなんでしょう・・・。

一般的にはどう評価されているのかな?と思って、ソニーの株価をチェックしたらなかなか面白い反応みたいですね。

10時くらいに「もしかして今日、プレステ発表?」みたいな感じで一旦、上がってるのはタイミング的にインサイダーっぽくって微妙な感じ。で、お昼休み中に発表が伝わるとポンと株価を上げるんですが、スラドあたりの識者どもから「高ぇよ」と評価されてみんな正気に返ったのか、一転、100円以上も下げ。んでもって、さすがに「それ安くね?(株価がw)」ということになってちょい戻したけど結局、前日比50円安。ちなみにそれが関係あるのかないのか、任天堂は60円高。

う~む、これではPS3の行く末が案じられますな・・・。

ちなみに、こういう比較はどうかとも思いますが、iPodなら持ち運びもできる上に、液晶画面も付いてて、さらにHDD容量も10Gも多いのにPS3の半額ですw

「その比較はおかしいだろう」なんて言うなかれ。考えようによっては3DのグラフィックボードをPCオタクでもないずぶの素人(ってかお子様w)に3~4万円もの高値で売りつけている、という見方もできるわけで、3D関係のハードなんてものは1年で半額になる世界ですから、PS3がもたつく間にいきなりiPod(のようなもの)が3Dエンジン搭載のゲーム機に化けててしかも1ゲーム100円でダウンロード、みたいな話もあながち無理っぽくはないと思うと、やっぱりこんなに高くて良いのかプレステ?ってな気がしてしまうんですよね。

ま、ものすご~く邪推してしまうと、どうせPS3なんざ対して売れないからハードで赤だけは抱えないように採算の取れる価格にしとこ、という深謀遠慮があるのかもしれませんねw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。