1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-03-31 17:16:41

嘘から出たウソのような誠の感じられない狂言

テーマ:時事ネタ
やばっ・・明日は4/1だ!
今月の支払い忘れてたよ~
ってゆーか、もっと重大なことに今月の支払い忘れられてるよ!

・・・と、そうゆうことぢゃなくて、
エイプリルフールネタなんも考えてないっすよ!

大体からして、エイプリルフールなんてぇもんがあるから、善良で真面目で生まれてこの方ウソなんて一つもついたことがない(ということを言っている私は正直村の人間でしょうか嘘つき村の人間でしょうか?・・ってそういう問題じゃなくて)私のような小市民ブロガーが苦しむわけで、いっそのこと、エイプリルフールなんて無くなってしまえっ!

ええい、ついでに、クリスマスもバレンタインも七夕もみんな無くなってしまえっ!
(って、そっちが本題ですが何か?

・・・と一人だけ3月バカで盛り上がっているのは、このニュースを見て、一瞬、

「あれ? 今日がエイプリルフールだったっけ?」

なんて思ったからなんですが。

「民主執行部が総退陣 永田議員も辞職」

って優香、内閣総辞職ならまだしも、民主党の人間が今さら内輪の役職辞めるくらいのことで何さわいでんだか、って感じもしますが。

死人ばっかり増える割に誰も罪を糾弾されない耐震偽装を放置したまま、今どき2ちゃんねらーの一匹も釣れないようなバカネタで国民から国政を預かる神聖なる国会を穢した罪を詫びて、国会の前で集団自決しても良いくらいなもんですよ。

つーか、明日は折角のエイプリルフールなんだから、たとえウソでもそれくらいの反省を見せんかいっ!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-30 22:19:44

繭菱龍姫・・・なにがなんだか・・・

テーマ:音声入力
「姫踊子草」でSHIFTキーを押しながら全角の英字を出す件、皆様、いろいろと情報をありがとうございます。「Uジロー」をどう打つか、という問題については、とりあえず現在のところは、「なじろー」の読みで「Uジロー」を単語登録することで一応の解決としています。

ということで一件落着と思いきや、実はさらに重大な問題が・・・。

元はと言えば、「菱」と「ドラゴンスピーチ」の相性が悪いため、「菱」から「姫踊子草」に乗り換えたわけですが、なんとお姫様と龍も相性が悪かったみたいなんです・・・orz。というかですね、私の環境には繭も入っているわけなので、もうこうなってくると誰と誰が喧嘩して何が何しているのか、さっぱり訳分からん状態ですね。

とりあえず、現在の症状としては、繭・姫・龍を同時に起動している状態だと、普通のエディタ上で龍の音声入力ができなくなってしまいます。龍付属のエディタならOKなんですが・・。また、ALT + ENTERで龍のマイクオン、というショートカットを割り当てているのですが、これを押すと単体のALT押下も入ってしまい、メニューがアクティブになってしまいます。

・・・って、そんな異常報告しても、こんな環境を使っている人は他にいないでしょうから、何か人様のお役に立つということはまずないでしょうけど、、

こういうのに手慣れた方なら、一丁、菱をソースからデバッグモードでコンパイルしてみてステートを追ってみる、なんて方法もあるんでしょうが、私、低レベル(もちろん「程度が低い」の方の意味ではないですよ!)寄りの話は苦手なんですよね。(いや、じゃあ何か得意なものがあるのかよっ!?なんて突っ込まないで・・)

理想の入力環境作りまでの道のりはなかなか遠いものです・・・。
(すでに環境作り自体が目的化してきてしまっているような気もしますが)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-29 20:43:28

緊張感のないチンギスハーンと日経新聞が日本の現状なのか

テーマ:雑記
日経朝刊に連載中の「チンギスハーン」がどうにもぬるい。確かにこういう偉人ものの、それも特に少年時代というものが非常に難しいということは分かる。偉人の人となり、生い立ちを丁寧に描こうとするならば、少年~青年の成長過程の物語は欠かすことはできないが、往々にして英雄の下積み時代というものはその後の華々しい活躍に比べると非常にみすぼらしく、つまらなく見えるものである。また、その後に彼が華々しい活躍をすることを誰もが知っているわけだから、彼が少年時代にどんなにピンチに陥ったとしても、その展開はどうしても緊迫感のないものとして読まれてしまう不利がある。そして、そうしたハンディキャップを付けられているにもかかわらず、もし、英雄の少年時代の姿を一般的に読者が想像するイメージから外して書いてしまうという失敗を犯してしまったなら、読者は期待していた英雄の活躍とのあまりの違和感に、容赦なくその後の物語を読むことを放棄してしまうという過酷な試練が待つ。

このように偉人の少年時代というのは、苦労の割には報われずどのように書いても失敗の烙印を押されがちな、作家にとっては苦行のようなものだということは確かに認めるのだが、それにしても堺屋太一の「チンギスハーン」にはあくびが出そうである。現在、少年テムジンは生涯最大の危機に陥っているらしいのだが、到底、緊張感は読者には伝わってこない。いや、テムジン本人もさして緊張なぞしていないのだろう。初めての妻との初めての夜にナニがナニしなかった場面の方が、遺伝子バラマキ男、チンギスハーンのイメージとの取り返しが付かなそうな落差で(堺屋太一は誤ったのではないかと)読者としてはハラハラさせられたものである。まあ、この小説で描かれるテムジンという男は、父の政権を簒奪されたことに対してはさしたる怒りも抱かないくせに、婚約者をライバルに寝取られるのではないかという自意識過剰気味な妄想におびえる小市民なのだから、一貫性があるではないかと言われればその通りではあるのだが。

さてさて、「チンギスハーン」の前の連載小説と言えば、これも展開の温かさとスピード感においては負けず劣らずの渡辺淳一の「愛の流刑地」だったわけだが、何というか、朝刊連載小説でそういうテイストを続けてきたせいか、どうもこのところの日経新聞自体が奇妙に弛緩して緊迫感のないもののように思える。いや、別にそれは決して悪いことではなく、例えば夕刊においてもテレビを各紙定位置の裏表紙から追放し、代わりに持ってきた現代小説論などは結構、飛ばしていて面白かったりするし、そんなふうに戦闘モードをうっちゃって文化的な紙面作りをする風からは妙にマッチしたテイストではあるわけだ。だが、それにしても、国会が迷走しようがしまいが、株価が上がろうが下がろうが、格差が広がろうが狭まろうが、全くお構いなしに毎日、大切なお題目のようにひたすらのほほんと「いよいよ景気も回復しましたね~」なんて書かれると、いい加減、もう少し緊張感を持ってくれよ、と言いたくもなってくる。

経済がこういう妙に弛緩した雰囲気を醸し出しているかと思えば、他方、政治の方では自民党も民主党も完全に緩みきっている、いや、緩むを通り越して嘗めきっているわけで、イラクや4点セットなど遠い昔、本来的な国政や国民とは何の関係もない後継者レースなどという、内輪の争いにうつつを抜かしているわけだ。

政経ともに何の死角もなし、というちょっと前から考えれば夢のような現況が、単なる花見酒に見た幻覚でした、ということでなければ良いが・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-28 01:18:51

祖父の死と人工呼吸器

テーマ:時事ネタ
ちょっと個人的で重く暗い話になってしまい申し訳ないのですが、今、世間を騒がせている人工呼吸器(延命装置)取り外しのニュースが、とても人ごとと思えないんですよね。

私事で恐縮ですが、実はごく最近、祖父を亡くしました。その最期、親族の間でまさに人工呼吸器をどうするか、という議論をしたところだったのです。法律的に正確なところはよく分からないのですが、人工呼吸器というのは、付けるかどうかについての自由はあっても取り外しの自由はないようなんですよね。今回の問題とも絡むと思うのですが、この不自由は、大変に困難な状況を医療の現場にもたらしているのだと思います。

人工呼吸器で延命を図るような患者さんというのは、私の祖父もそうであったのですが、往々にして余命幾ばくもない上にほとんど意識もなく、また意識を戻したとしても苦しみしかないような状態であることが多いのではないかと思います。そのため、そういう状態の人間について、人工呼吸器を付け奇跡的な回復の可能性を信じて延命を試みるのが良いのかどうかは、非常に難しい(そもそも正解なんてない)判断になります。意識がなくなる前に本人が明確な意思表示をしていれば良いのですが、そういうことをはっきりと書面に残していることはまずないでしょう。本人にまだまだ闘病の意欲がある場合は、そういう万一の場合を論じるのは「縁起でもない」とタブーになりがちですしね。

そのような状態で容態が急変して本人の意思が確認できないまま危篤状態に陥るとどうなると思いますか? 一番最初に駆けつけた「身内」は、パニックになったまま「何とか助けてくれ、死なせないでくれ」ということを要望するわけです。結果、十分な検討がされないまま、人工呼吸器が取り付けられてしまうケースは多いのではないかと思います。

祖父の隣に寝ていたおじいさんは、まさにそうしたケースだったそうです。その方が危篤に陥ったとき、娘さん(といっても私の母くらいのお年ですが)はとっさに人工呼吸器を付けることにされたそうなのですが、それからもう何ヶ月も全く意識も回復しない寝たきり状態で過ごしている姿を見ると、今となってはその判断が良かったのかどうか、ということを仰っていました。そういう状況になると、残されたご家族の負担は肉体的にも経済的にも大きいようですが、何よりも希望が持てない中でそうした負担を背負っていくことが辛いのだと思います。当初は個室入院だったものの、今後、その状態がいつまで続くか分からないことを考えて、最近になって安価な大部屋に移した、と話していました。

幸いにしてというのか不幸にしてというのか、うちの祖父の場合は、そうした決定的な最終判断を迫られる前に病状の関係からそもそも人工呼吸器を付け得ないことが判明し、またそもそもその必要が発生する以前に急逝してしまったので、残された者はそういう辛い判断を行わずに済んだのですが、それでもそれ以前に親族の間で、「もしそういう状況になったらどうするんだ!?」という議論をしたことを思い出すと、人工呼吸器自体の是非はともかく、現行の人工呼吸器という制度の、おそらく必要以上の制度的な重大さには少々の疑問を感じるところです。

ただだからといって、それなら家族なら人工呼吸器を外すという判断を許すということにしても良いのか、と言われると、その意見についても自信は持てません。というのは、そこには誰をもって家族と言うのか?という問題があるからです。

今回の事件の報道では、「家族」の中の何人かがマスコミの前に姿を現して「私はそんなことを承服していない」というようなことを語っていますが、彼らは本当に「家族」なのか、また「家族」の全てなのか、ということについては、マスコミは現段階では何も伝えてはくれていません。

私の親族は世間的に見れば非常に仲が良い方だろうと自負していますが、それでも治療方針や祖父の考えに対する「理解」(というより各人各様の思い込み)については意見の相違がありました。私なんかも一時、他の親族の考えに対して相当に納得のいかない思いを抱いたりしたものです。

「身内」の間ですらそうですから、ましてや「他人」の医師からすれば、一体、誰の意見を聞けば家族の同意を取ったことになるのか?という疑問にさぞ悩まされることと思います。治療費を払っている人の意見を聞けば良い?じゃあ、子供たちで治療費を折半している場合はどうなるんでしょう?同居の家族の意見?お嫁さんとお姑さんで違うことを言っていて、しかも血のつながった息子は見舞いにも来なかったら?病院に同居の子供は来ないけど、離れて暮らしている子供が来たらその意見を聞いて良いの???

うちの祖父のような、争う財産は何もなく、非常に高齢で天寿を全うし、亡くなったことに対して誰も文句を言わないようなケースでも「家族」の定義は難しいんです。「家族」の意向はできる限り叶えてあげたい、と考える熱血医師ほど、「家族」の意向に反してしまう罠にはまる可能性があるようにも思えます。

今回の事件の真相がどうなのか、もちろん知るよしもないことですが、願わくば「殺人」などでは決してなかったことを祈るばかりです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-27 18:00:09

「Uジロー」か「Uジロー」か、それが問題だ

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
先日書いたように「ドラゴンスピーチ」と「菱」の相性が悪いので、「菱」をやめて「姫踊子草」を使ってみることにしました。

しばらく使っていなかったので設定ファイルの書き方を忘れてしまっていたのですが、何とか月配列U9RC版の設定ファイルを作成しまして、さ~てブログの独り言にテストコメントでも書くかな、、、とコメント欄に「Uジロー」と打とうとしたところ・・

「なじろー」

がががーーーん!
SHIFT + 「U」で「U」が出ない・・・orz

とっても今さらなネタなんですが、「菱」ではデフォルトの状態でSHIFTキー + 英字キーで全角大文字の英字が出るんですよね。なので、いつも「Uジロー」の「U」はSHIFT + 「U」で打っていたのですが、それが使えなくなってしまいました・・・。

いや、別に英字が半角になったところで「Uジロー」と打つとき以外に困ることはないんですが、「Uジロー」と書いてきた名前を「(英数入力に切り替え) U (日本語入力に切り替え) ジロー」と書くのは何となく忍びない(ってこういうときに使う形容詞なのか?w)ような・・。

ということで、激しくガイシュツっぽいネタを教えてクンで大変、申し訳ないのですが、姫踊子草で SHIFT + 「U」と打ったときに全角大文字の「U」が出力する方法をご存じな方は教えていただけると大変、有り難いです。お礼に私のハンドルから「U」の一字を偏諱しても良いです。(って、そんなの要りませんね、、)

解決策がない場合は、いっそ「なジロー」か「うジロー」に改名します。
(ごめんなさい、もちろんウソです)
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-25 00:30:38

次に来る最凶ウィルスはきっと「山田オルタny」ボット

テーマ:時事ネタ
実はnyによる情報流出より怖いと言われているウィルス、「山田オルタナティブ」

一般紙でも取り上げられるようになったので、もう多くの方がご存じだと思いますが、PCに感染すると勝手にそのPCをWEBサーバー化してハードディスクの中身を全部インターネット上に公開してしまう、という凶悪極まりないウィルスです。

注目されるのはその動作の仕組み。私自身、しっかりと検証したわけではないので噂レベルの話ですが、なんと勝手にルータに穴を開けるみたいですな。UPnPを悪用するウィルスは出るだろう、とは思っていましたが、またずいぶんと凶悪な形で・・・。

でも、思うに「Antinny」にしても「山田~」にしても、まだそんなに最悪なウィルスではないように思います。こいつらは宿主を殺してしまうじゃないですか。つまり、いずれは絶滅させられる運命にある、というわけです。

本当に怖いタイプのウィルスは「ボット」ですね。こいつらは宿主に対して特に悪さもしないし、人に感染るにしても、その存在を感知されないように大変に節度を守って少しずつ感染していくわけです。で、「ボット」の主から命令が下されるのを静かに待って、一旦、命令が下されると他のボットと協調して一斉に破壊活動(例えばそれは某国国防省に対するクラッキング行為かも!)を行うわけです。

普通のウィルスとボットの最大の違いは、その性格にあります。普通のウィルスがウィルス発信者に何のメリットももたらさない単なる嫌がらせであるのに対し、ボットは明確にウィルス発信者に利益をもたらす意図を持って広められているわけです。つまり、広まることでトクをするヤツがいるということです。

・・・

さてさて、ボットというのは今に始まったわけではないのですが、山田と出会うことでさらに危険で一般的なものへと「進化」していきそうな悪寒がするんですよね。
つまり、

ボット + 山田 + ny = 最悪

みたいなことになるんじゃないか、と。

例えば、感染者のPCに勝手にWinnyのようなファイル交換ソフトウェアをインストールした上で、そいつを動かすためのルータの設定までやってしまい、さらに人に広めるための拡散行動を取る、というようなものが出てくるような気がします。さらには、Googleデスクトップと統合なんかしちゃったりして、Googleで検索するとずらずらとnyの検索結果を出してきたりするわけです。もうね、ある日、突然、検索結果から音楽ソフトなんかがダウンロードし放題になってPC初心者なんかは大喜びですよ(笑)。

こういう、駆除するインセンティブが働かないが、確実に社会に対して害悪を与えるタイプのウィルスが出てきた場合、どういう対策が有効なんでしょうかねぇ・・。
ま、ある意味、Winnyなんかがまさにそうしたウィルスと言えるようなシロモノですが、、、
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-24 23:26:32

例えば家電はレンタルの形で中古販売がOKで、例えばエロゲは中古販売の形でレンタルがOKで

テーマ:時事ネタ
一体、この国はどうなってんだぁっっ!!!
メンツさえ潰れなければ何でもあり、という役人根性は全くいい加減にして欲しいですねっ!

『PSEなし中古家電、実質販売OKに 「後で検査」前提』

Winnyがあれだけ普及したのは、元々、所有という観念を極めて融通無碍に捉える国民性があればこそ、というような気がしてきたw
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-22 17:53:33

「改革の火を消さないためにはオレ様が必要に決まっている!」

テーマ:時事ネタ
『西室東証社長「続投は改革の停滞防ぐため」』

えええ!?
東証って何か「改革」してたんだ!?

・・・

こうしてこの世界にまた一つ 新たな言い訳が生まれた

東京都 ペンネーム 東証なのに西さん(ネタ師 70歳)のネタから生まれたトリビア


上場させた責任を問われずに

上場廃止にできる株主の人数は

22万人
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-22 17:22:33

現状の音声入力の最大の欠点はヘッドセットが必須な点だと思う!

テーマ:音声入力
さてさて、ということで再び音声入力ネタ。
(と言っても、この記事自体は手打ちだったりしますがw)

とりあえず、現状、音声入力に関して最も問題だ!と感じている点は、実は認識率や操作性などではなく、入力に際してヘッドセットを使わなくてはいけないという点だったりします。

いえねぇ、これ、本当かったるいんですよ。大体からして、私、目が開いている間はずっとPCに向かっているような人種です(じゃあ、瞬きしている間は一瞬席を外すのか、とか突っ込まないようにw)。その間、ずっと頭を締め付けるヘッドセットを装着している、というのはかなりあり得な~い!ですよ。ただでさえ頭痛持ちなのにねぇ。あ、でも痔モティーではないですよ、念のため。(って、誰もそんなことは聞いてないっすね。。。)

だけど、だからといって、入力の度にヘッドセットをいちいち着けたり外したりするのは雌鶏ならぬメンドイです。アレ、厄介なことに一旦、外すと次回装着する際、またマイク位置を微妙に調整したりしなくちゃならんのですよね。もうやってられんですよ。そもそもですね、まあこれを言っちゃあおしまいなんですが、純正のヘッドセット、とてつもなくダサイんですよw。Uジローが見てすらそう思うんだから、世間的には相当終わっているレベルではないかと・・。

ということで、まずは誰しも純正のヘッドセットを変えたくなることになるわけですが、いろいろ探してみると、以前にドラゴンスピーチ絡みで情報を頂いたひろりんさんのブログから辿って、音声認識さんのブログに、音声入力用マイクの情報が大量に載っているのを見つけました。

う~む・・・。頭に装着しなくても良い卓上マイクに期待していたのですが、標準推奨されている卓上マイクはあんまり良くないんですか・・・。やっぱりヘッドセットじゃないとダメっぽい・・・。一縷の望みとしては、「鋭指向性のズームマイクとか」ならどうなんでしょう?というようなことが書いてあったので、んじゃ、ということで、とりあえず近くの電機屋行って、「超指向性」とか書いてあったコイツを買ってみました。

マイク入力用のオーディオインターフェースとしては、たまたまUA-3というものを持っているので、こいつにつないでやってみたのですが結果は・・・・・全然、ダメ orz。

やっぱり認識率はヘッドセットでやった場合に比べると相当、落ちるみたいです。理想的には、キーボードの向こう側、口元から50cmくらい離れたところに設置して声を拾わせたかったのですが、認識率以前に音量レベルのチェックで文句言われますね。「声が小せぇぞ、ボケ!」みたいな感じなんでしょうかね・・。カラオケマシンで最高80点台(威張んな)を出したことすらあるこのUジローの美声に文句を付けるとは、さすがはドラゴン番長です、、、


・・・・・・
ということで、現在はとりあえず音声認識さんが推奨されていたロジクールのヘッドセットを使っているのですが、この辺はまだまだ試行錯誤の余地ありですね。Bluetoothの無線ヘッドセットを買う勢いでケータイもBluetooth対応のに変えてハンズフリー生活を楽しもうか、とか、早くも違う方向に突っ走りそうではありますが、、、
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-03-22 16:14:54

ローマ字定義をいじらない理由:私の場合

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
このブログを御覧になる方々でも、やっぱりローマ字入力で日本語入力をされている方々が最も多いと思うのですが、ローマ字入力派の皆様はローマ字の定義はカスタマイズできる、ということをご存じでしょうか?(と、言いつつ、ローマ字入力派がいなかったらどうしようw)

あ、ちなみに、ローマ字定義をカスタマイズする、というのは、例えば「;」を押すと「-」が出るようにする(「-」のタッチタイプが楽になりますよ)とか、バ行を「va vi vu ve vo」で入力できるようにする(「b」より「v」の方が打ち間違えることが少なくて楽ですよ)とか、そういうことです。

というのがちょっと気になったのは、jisx6004さんとコメントでお話ししている中で、MS-IMEにしてもATOKにしても、ローマ字定義を実際にいじる人って少ないっぽくない?(というか少ない!)というような話が出たからなんです。確かに、ローマ字の定義をカスタマイズするのは最も簡単な配列変更方法であるにもかかわらず、実際にそのようにしている方、私はリアルでは見たことがありません。(DVORAK配列使いでさえリアルで見たことがあるというにもかかわらず!)

考えてみたら、私も昔、ローマ字入力オンリーだったわけですが、やっぱりローマ字定義のカスタマイズはやりませんでした。その理由を考えてみるに、一番大きいのは、そもそもローマ字定義がカスタマイズできるということを知らなかったから、と言えると思います。

いや、たぶん、「ca」と打って「ちゃ」と出るようにするか「か」と出るようにするかとか、そのくらいは設定を変えられるんだろうな、くらいには思っていたのですが、そんな変則的な打ち方は使わなければ良いだけだし~、とか思っていて、ローマ字定義を変えることで入力が楽になるかも?なんてことにはまるで思い至らなかったんですね。(タッチタイプ初心者の頃は「し」をわざわざ「shi」とか3打で打ってたくらいですしw)

また、ローマ字入力の最大のメリットとして、どんなPC環境でも使えるということを(明確に意識しないまでも)感じていたので、あえてローマ字入力なのに人と違うローマ字入力なんてものに手を出したくない、というような気持ちもあったと思います。

あと、くだらない理由ですが、汎用的なタイピングゲームのスコアを伸ばす、という観点で言えば、普段、特殊なローマ字定義を使うというのは、むしろ悪影響があるだろう、ということも、正直に白状すると、結構、気になった点です。

今になればローマ字定義をいじることのメリットも十分に理解できるのですが、やっぱりローマ字定義をカスタマイズするということは、一般的にはあまり魅力的な行為ではないのかもしれませんね。中途半端にやるなら、メリットよりもデメリットの方が目立ちがちだし、とことんやるならやはり配列変更という、ローマ字カスタマイズのレベルを超えるところまで行き着きそうだし・・・。

でも何かそう考えると、こういう中途半端なローマ字カスタマイズというヤツがちょっとだけ愛おしくなってきましたよ。自分ではやりませんが(笑)。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。