1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-04-30 15:08:54

トモえもんさん、飛鳥転向ですとぉっ!

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
ぐはぁっ。
バ、バカな・・・。
これは、エバに水兵が負けたということではないんだ。デビルマンに負けたということなんだ・・・。

ということで、つい最近、月配列を勧誘させて頂いたトモえもんさん、なぜか飛鳥配列の方に行ってしまいそうですwww。右手チョイは、すでに私の月配列より速いし、これで飛鳥だとどうなるんだろう・・・ ; ゜Д ゜)))ガクブル



しかし、気を取り直してw、個人的には、飛鳥にチャレンジされるのは非常に楽しみだったりします。飛鳥の高速タイピングへの適用可能性については、私自身、自分で練習するくらい、非常に興味を持っているところです。もっと適切な方が検証して下さるというのは、まさに願ったり叶ったり!是非是非、チャレンジしてみてくださいね!

で、特に最近、飛鳥の高速タイピングへの適用可能性について、次の2点に興味を感じていたりします。(いや、真に勝手ながら・・・)

1.現在の飛鳥エミュレーターは高速打鍵に使えるのか
現状のシフト判定方式のままでも、打ち方側での対応によって十分に高速化できるのか、それともyfiさんが提唱されるタイムシフト方式のような、新しいシフト判定方式が必要になるのか、という点は、個人的には、現在、最も大きな関心事の一つです。こういう話題は、本来の、入力方式や配列の設計上の観点から見れば些末な話になってしまうのかもしれませんが、入力方式とは実装があって初めて役に立つものである以上、実装方法は決して軽視できない部分であると思うんですよね。

特に、飛鳥のように、他に類を見ない方法を取る入力方式の場合、このあたりの重要性は非常に大きいのではないか、と・・・。

2.文字配置自体が高速打鍵に向くかどうか
飛鳥は打ちやすさに配慮されて設計されているので、速く(というか尋常ならざる速さで!)打てるかどうかの実力については、まだまだよくは分かっていない、という状況なのではないか、と個人的には勝手に考えています。

「楽に打てる」という方向性を極めれば、それはすなわち「速く打てる」ということにもなるのか、それとも両者のゴールは別のところにあるのか・・・。これは、大げさに言ってしまえば、人間工学的に見ても非常に面白いテーマなのではないか、と興味津々なのですが、どうなることか!?



で、いつものことながら、真にお節介極まりないことに、トモえもんさんが飛鳥をマスターした場合のタイプウェルタイムをタイピング公道最速理論wによってシミュレーションしてみました。

まず、現在のローマ字基本語のタイムは、タイプウェル公式記録サイトを見ると27.81秒、毎秒14.38打です(速っ・・)。

最も理想的なケースとして、親指同時打鍵のシフトコストを無視し、もしローマ字同様の打/秒で打てるものとするなら、総打数はM式の文字出現頻度によると、ローマ字の約58%になるので、16.13秒

・・・ブッちぎりのTWトップですな!

ただ、いくら何でもローマ字入力と全く同じ打/秒では打てないでしょうから、例えば、ローマ字とJISカナ配列との比較でよく言われるように、スピードが「2割」落ちたとするなら、タイムは20.16秒となり、単純比較はできないものの、タイプウェルかな入力のトップ、Tyoshikiさんの20.18秒とほぼ近い線となります。

・・・ってか、カナ入力トップのTyoshikiさん、速すぎです・・・。

ちなみに、ローマ字とほぼ同様の感覚で打つことのできる月配列に乗り換えられるとどうなるでしょうか?月の場合、2-263版でもU8版でも打鍵数は76~77%程度ですから、21.41秒ということになりますね。なんとローマ字と全く同様のスピードで打てたとしても、Tyoshikiさんに届かない・・・!?

なんというか、まさに天上界の戦いですな・・・と黄昏れてみる。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-04-30 00:49:34

親指シフト信者の方に月を説教をするという暴挙!

テーマ:月配列関係
1つ前の「愛ルケ」な記事を書く際に、団塊論の記事を書かれていたムギさんという方のブログを参考にさせて頂き、コメントでお話しをさせて頂いたところ、意外な事実が判明しました!なんと「親指シフト信者」(ご本人の言葉)だったのだ!
親指シフトと言っても、まさか「飛鳥配列」の方ではないと思いますがw、ネット上で大人な文章を書かれる方の中の親指率の高さを改めて思い知りました。

で、ご丁重にも、月配列に対しても、

中指シフト 月配列というのも初めて聞きました。私は繰り返しブログ内で書いているとおり、親指シフト信者ですが、親指シフトと比べてどう違うのでしょうか? 親指シフトの法が打鍵数は少ないようですが・・・。

ぜひ教えてください。

というコメントを頂いてしまったので、社交辞令というものを知らないUジローは、ムギさんが月配列に多大なる興味を抱いたものと勝手に断定して、ここに月配列について「教えて」差し上げようと筆をとったわけです。
(って、なぜか偉そうなのは気にしないでください)

というか、ぐだぐだと月配列に関係ないことばかり書いているこのブログでは、定期的に、月配列を紹介する記事を書いておかないと、ここがどこだか忘れられしまうわけで、こういう機会にこそ、月配列の記事を書かなければいつ書くのだ!




で、ですね。月配列とは、まず簡単に説明すると、頻度の高い文字は1打鍵で、頻度の低い文字は2打鍵で入力することで、シフトや最上段(数字段)を使わないのに少ない打鍵数で日本語入力できるようにした入力方式なんです。

でも、打鍵数は、親指シフト(というか、富士通オアシスで使われてた配列、「NICOLA」)の方が少ないんでしょ? というご指摘については、実はちょっと回答が難しい部分ですね。

シフトキーを押す、ということを数に数えて、「打鍵数=キーを押す回数」と見るのであれば、大抵、打鍵数は月配列の方が少ないです。NICOLAは、シフトの押下回数は結構多いので、「キーを押す回数」となると実は結構、多くなってしまいます。でももちろん、普通はこういう数え方はしなくて、「打鍵数=動作数」、つまり親指シフト同時打鍵の1打は「1打」と数えるのが普通で、この数え方でいくと、打鍵数は親指シフトの方が少ない、ということになります。

ただ、親指シフトキーと文字キーの2キー同時打鍵は、文字キー1キーだけの打鍵に比べると明らかに「重い」操作になるので、親指シフトとその他の入力法を比べる場合、打鍵数の多い少ないは、あまり参考にならないことだけは確実です。野球のバットを振るのと、ゴルフのクラブを振るくらいの違いがあると個人的には考えています。



親指シフトと比べた場合、月配列には一つの大きなメリットが存在します。それは、親指シフトキーを使わなくて良いということで、それゆえキーボードを選ばないということです。

まあ、キーボードについては、よっぽどひどいレイアウトでない限りは、慣れてしまえば別に親指シフトも苦にはならない、ということは、自分でやってみて最近、思うことではありますが、それでもスペースバーの長さとかをあまり気にせずに、財布さえ許せば次々と最新のノートPCに乗り換えていけるというのは、大きなメリットになりますね。



と、ここまでは、このブログではよくある、通り一遍の勧誘記事なんですがw、それだけではツマラナイ。この機会に便乗して、「親指シフターが月配列に乗り換える意味はあるのか!?」という、これまであえて避けてきた(というか、忘れてただけですw)禁断のテーマについても、ちょこっと言及してしまいましょう。

現時点の結論としては、親指シフトの方が月配列に乗り換える理由を見つけるとするならば、次のようなところになるでしょうか。

1.もうキーボード難民になることに疲れたよ・・
親指シフトは、かつてはキーボード界においても豪華絢爛な独自のオリエンタル文化を花開かせました。だけど、季節は移りゆき、花は散っていくもの。今や、良質な親指シフトキーボードを入手するのは困難を極めている、と聞きます。ましてや、ノートPCともなると、希望のスペック通りの親指シフトノートが発売されることは絶望的と言えるでしょう。

たまには書斎に篭もらず、大自然の中で生き生きとモバイルしながら文章を書いてみたい!そんな青空願望を満たすには、やはり月配列しかありません!
(え、月なら夜空だろ、って?そんな細かいことは気にしてはいけませんよ)

2.超人的な打鍵スピードのレベルにある現代のタイピングコンテストで優勝したいぜっ!
いや、そもそもそういうコンテストで月配列が参加させてもらえるのか、という根本的な疑問は置いておきましょうw。

ローマ字暴走族に「爺さん、遅いんだよっ!」と煽られてキレそうなアナタ!原理的にはローマ字と同じエンジンを積んで、さらに燃焼効率を上げた最新のスポーツカー、月配列でヤツらをなぎ倒してやりましょう!

え?JISカナ組に勝てるか、って? シミュレーション上は、五分五分ですな(ってどんな計算やw)。まあ、いざとなれば、ターボ搭載、禁断の4段化をやれば良いことですよ。

3.理由は深く聞いて欲しくないけど、とにかく「親指シフト」というものに不満を感じているんです、最近
そうなんですよ。くっついたときは一生この人と!と思っても、長く連れ添っていると、モヤモヤした不満は出てくるんですよね~。

「大体からして親指でキーを押すなんておかしいじゃないか!」という、「ともかくアンタの顔は見たくない」的な根源的なご不満も長い人生、ときには経験をするかもしれないでしょ? そのときは、すらっと背が高く、どんなキーボードも軽々と乗りこなす中指君を思い出してやってください。

・・・

こんなところかな・・・。
おっとっと・・・、もう一つあった!
片手入力したいよ~ってときは、親指を捨てるか、フットペダルでも買うしかないと思うのですが、いかがでしょうか?



と、結局、自分の書きたいことだけ書き散らしてしまい、最後まで読んで頂いた方には大変、申し訳ないのですが、もしこのエントリを見て、初めて月配列を知った、という方、さらなるご興味がありましたら、詳しくはこちらを読んでみてくださいね!
jisx6004さんの月配列公式ページ
Uジローの勝手に解説ページ

あと、話ついでに、親指シフトといっても、実はオアシスだけではないんです。他に「飛鳥」という配列もありまして、こちらは、親指シフトキーを押しっぱなしにすることで、連続してシフトを効かせられるという面白い特徴を持っています。飛鳥については、こちら。(・・・で良いのかな?)
新親指シフト配列「飛鳥」のページ
AD
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)
2005-04-29 16:02:59

「愛の流刑地」は団塊世代へのレクイエム

テーマ:時事ネタ
現在の日経朝刊の連載小説が、渡辺淳一大先生の「愛の流刑地」という一大叙情詩であるということは、今さら言うまでもない。本作は、中高年男性と人妻である中年女性との不倫の性愛を、不倫に付きものの社会性を、ばっさりと切り離すという極めて実験的な指向を以てして独特の悠然たるテンポで描いている、サラリーマン大衆小説の名作である。

いや、私は別に気が狂ったわけでも、皮肉を言っているわけでもない。条件付きではあるが、これは本当に、サラリーマンと共に歩んできた日本を代表する大新聞、天下の日本経済新聞からの素晴らしい贈り物だと思い始めている。

突然、こんなことを書き始めたのは、今朝の1面の「ホリエ世代」に関する記事を読んで、今さらながら、やっと気がついたからだ。「愛の流刑地」は、日経新聞が、今まで長い間共に歩んできた戦友、団塊世代へ捧げる鎮魂歌であったということに。そのようなコンテクストでこの作品を捉えてみると、これはもう本当に、読んでいて泣けてくる。日経新聞が、今まで楽しいときも苦しいときも一緒に時を過ごしてきた彼らに対して流すレクイエムは、限りない愛情に溢れ、淋しくも優しい。

昨日は、世間的な基準で言えばもはや定年退職間近な年齢の主人公が、想い人に会えずに年甲斐もなく一人エッチで空しく果てる場面の描写に朝刊1日分を丸々捧げた。スピード感のあるビジネス?そんなのクソ喰らえだっ!仕事上の付き合いのある、同じくらいの年齢の身近な人たちのことが頭に浮かんだ。涙が出そうだ・・・。



まもなく、団塊の世代と呼ばれる、現代の日本の人口構成比で最大の割合を占める年齢層の方々が、一斉に企業社会から退場を始める。彼らがもはや企業戦士ではなくなるとは、どういうことか・・・。それは、日経新聞を読まなくなる、ということだ。これまで日本企業を支え、日経新聞を支え続けてきてくれた彼らを、日経新聞が見限らなくてはならない日は、もうすぐそこまで来ている。だが、これまでバブルのときも不況のときも、苦楽を共にしてきた仲間をそう簡単に切り捨てられるだろうか。そんなことが出来ようはずがない。

これ以上、一緒にいられなくなるなら、彼らをどこか、これまでの忠勤が報われるような永住の楽園に導いてやらなければならない。そう、その、現実には実現し得ない願望の約束の地こそが、愛の流刑地そのものなのだ。「愛の流刑地」の「愛」とは、男女の愛なんて小さいものではない。それは日本最高の経済新聞、日経様の「愛」を表すのだ!そして日経新聞社とはいえ営利団体である以上、その愛は、不倫の愛同様、最後まで貫くことは決して許されない禁断のフェティッシュなのである。



団塊を「愛の流刑」という美名の下に島流しする準備を始めた日経新聞は、今後は誰におもねることになるのか・・・。それは間違いなく、ホリエモン世代だ。実は団塊の「ジュニア」でもないくせに団塊Jrなどと呼ばれ、日本の人口構成比上、団塊に次ぐ最大勢力を有し、そしてギリギリNEETなどに汚染されることもなく今やその多くが企業戦士となっているホリエモン世代。厳しい受験競争と髪の毛1ミリの誤差も許されない画一化教育を疑いを知らない幼少時より仕込まれ、団塊以上に右へならえが大好きなレミング的な世代。こいつらに一斉に日経新聞を読ませることができなければ、間違いなく日経は滅ぶ。ホリエが嫌いだ、なんて言ってられないのだ。「愛」は、金で買えてしまうものなのである。

今朝の日経は、1面にホリエ世代評を載せてきた。日経が彼らを眺める視点は、まだ、完全に「我らに対する彼ら」である。だが、愛の流刑地の連載が終了する頃には、あっさりとホリエ世代と肩を並べるようになるかもしれない。「彼らの不安」は「我らの不安」となり、団塊掃討後の戦後処理をあっさりと語っているかもしれないのだ。

当記事の作成にあたっては、こちらのページを勝手にインスパイア材料とさせて頂きました!ありがとうございました!
日本語教師としての日本事情入門
少子化問題を直視すること
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-04-29 13:41:13

Zタイパーな「右手チョイ」チャレンジャー発見!!

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
タイプウェルのローマ字入力Zタイパーで、タイプウェルの成績をグラフや表に加工するツールも作られているトモえもんさんから、トラックバックを頂いたのですが、なんとトモえもんさん、現在、あの増田大先生の作られた、有名なものぐさ配列「右手チョイ」でTWアタックを敢行されているようです!

チョイ入力と言えば、片手だけで楽々キーボード入力できるように、テンキーくらいの範囲に文字を全部集めた片手入力法の雄! 片手で入力できるという画期的なアイデアにもビックリですが、トップページで紹介されている、そのあまりに耽溺した人間工学を鼻で笑うような入力姿勢が衝撃です。

で、練習3日目にして、早くもレベルSJ(ローマ字入力換算で324打/分)達成をされたと!! いかに「チョイ」が2打系で、「0時間でタッチタイプ」が出来るようになるとはいえ、速くなるのが早すぎる・・・。今後のご活躍が本当に楽しみです!!



にしても、いかにZタイパーで、2打鍵系で、増田式を活用されていて、短期集中練習をされているにしても、3日でここまで速く打てるようになる、というのは、非常に興味深い話です。

「右手チョイ」は、その名の通り、右手しか使わないのですが、もしかしたら、それゆえに普通の配列に比べて習熟が早い、というようなことはあるのかなぁ、なんて気になってきました。配列を覚えはじめでよく起こることが、右手と左手を混同したり、左手側が思い通りに動かなかったり、ということなんですが、そういう障壁のない右手オンリーは配列は、もしかしたらものすご~く理に適った入力法なのかもしれないですね。

また、マウスを常用する現代的なPC環境においては、キーボードを片手だけで処理できる利点は言うまでもない話です。こうやってブログとか書きながらでも酒をぐいぐい飲めますし・・・って違っ。

あ、そうそう!トモえもんさん!

はっきり言って右手チョイを練習する意味はあんまりない。
どうせやるなら左手チョイの方がお得なのは言うまでも無い。
だって、マウスは右手だもん。

と書かれていますが、そんなことは全然ないですよっ!
左手でトラックボールを使えば良いんです!

左手トラックボールは、本当にお勧め!
右手で歯を磨きながらWEBを見るとかできちゃいますしwww。
マウスと違って、トラックボールは左手でも扱いやすいんですよね。常用するのはさすがに厳しいかもしれませんが、すぐ慣れるし、非常用に大変、重宝すること間違いなし! 指先中心の器用な操作ができない左手でも扱いやすいのは、やっぱりサイズの大きなトラックボールが良いと思います。私はこれを使っていますね~。


メーカー: 七陽商事

商品名: KENSINGTON 02694 EXPERT MOUSE (USB/PS2)


・・・と、アメブロとAmazonの連携機能、初めて使ってみたけど、これ、便利かも~! キーワード入れたらすぐ、画像付きでタグ作ってくれるし。いちいち、自分で画像を探す必要がない。こりゃええわぁ~。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-28 12:55:43

こんなビジュアル系はイヤだ・・

テーマ:時事ネタ
著作権絡みの話はインターネッツ住人の好むところなので、すでにあちこちで「報道」済みだと思うけど、一応。

入試の「赤本」真っ青?著作権クレーム 損害賠償訴訟

過去問といっても問題集の一種なんだから、人の書いた文章を勝手に抜き出して売るなや!と、掲載された作家が怒っているというお話。ちなみに、入試問題として勝手に使うのはOKらしい(入試問題、広がる著作権対策 原則受験生のみに提供も)。受験料って、問題集の値段よりはるかに高いのにね・・・。

今回、訴えている人たちの主力はこういう業界団体のようだ。
日本ビジュアル著作権協会

彼らは、朝日新聞によると、「会員の作家らが99年から学校や塾で使う教材の出版会社、進学塾などを相手に相次いで著作権侵害訴訟を起こしており、今回はそれに続くものだ。」ということで、最近、片っ端からこういう訴えを起こしているらしい。

彼らの主張していること(問題集といえども人の文章を売っていることに変わりはないんだから、ちゃんと金払え!)は、全面的に正しいとは思う。でも、なんだかなぁ感がぬぐえないのはなんでだろう。

以前、音楽の方で、やはり著作権管理団体がダンス教室を訴えて賠償金を取った、という「事件」があった。
まさに殿様商売 JASRAC
これに対抗する動きとして、ダンス教室で自由に使える音楽を既存の業界団体から独立して自分たちで作ろう、という動きが起こり、実際にそういう「自由に流せる」音楽が販売されるようになってきている。

日本ビジュアル著作権協会は、彼らのホームページの中で、「子供たちの未来のために、日本文化の発展のために、著作権を守ることは大切なことです。」という主張を掲げている。
だが、それはどう考えても素直に肯定できる話ではないだろう。大体からして、すぐに「子供たちの未来」なんて話を持ち出すのは、本音にある自分たちの利益追求を隠す手段として常套的なテクニック。 大した根拠も書かずにこんなこと言うヤツは絶対ぁゃτぃわけです。この協会に所属する会員たちは、言葉を扱うプロなワケだから、これがうさんくさい物言いだ、ということは、自覚していなければおかしい。(それとも自分たちの代弁者がどんな言葉を発しているかについてはまるで興味がないのかな、先生方は・・・。彼らがもたらす利益には興味があってもw)

素直に「子供たちの未来的にどうよ?って話には正直、興味ないけど、法律で決まってんだからゴチャゴチャ言わずにカネ払えや!」とでも書いておいてくれた方が、よっぽど趣旨に賛同できるんだが・・・。

今回の動きを、著作権的には正しくても子供たちの未来的にはどうかな・・・と感じる作家先生方もきっといらっしゃることと思う。ダンス教室のときのように、文筆においても、連絡さえくれれば教育目的であれば基本的に無償で作品を使用しても良いよ、というような業界団体も誕生してきてくれれば良いのだが・・・。
いや、そういうことが「正しい」、と言いたいわけではないんです。バランス的に、いろんな考えを持った人たちがいて欲しい、ということです。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-04-28 03:43:11

TW、やっとレベルが出た!

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
タイプウェル飛鳥J達成 飛鳥、ようやくタイプウェルでレベル表示されるようになった!レベルJだと、JISかな換算で80字/分くらい。経験的には、この数字が120字/分くらいになってくると、ブログの文章くらいならそんなに苦労なくかけるようになるはず。とりあえず、最低限、そのくらいまではやって、文章を書いてみないことには、良い悪いは言えない。

・・・って、もうさんざん、言ってるかw
とりあえず、今日はこれで寝れるwww
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-28 02:45:10

飛鳥に棲む魔物

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
飛鳥は魅力的な配列である。

全ての濁音・半濁音が1打で打てるという親指シフト方式の祖、富士通オアシス(NICOLA)の良さはそのままに、NICOLAの弱点であった親指連打を、押しっぱなしシフト方式によって解決し、その上さらに、単に頻度の高い文字が打ちやすい位置にあるというだけでなく、長時間の打鍵テストによって運指の快適性が単語レベルで保証されているのだ。高速打鍵を目指す人にとっても、快適打鍵を目指す人にとっても、飛鳥はまさに楽園のような輝きに満ちて見える。

だが、美しい薔薇には刺があるのが常だ。魅惑の陰に魔物は潜み、男を誘惑しては喰らっていく。これまでも数多くの猛者たちが吸い寄せられて・・・そして散っていった。虎穴に入らずんば虎児を得ず。誘惑に乗せられてはじめてその果実の甘さと、魔物の恐ろしさを味わうことができる。

飛鳥に棲む魔物の名前・・・

それは「シフトミス」という。



あ、ここ、都市伝説ブログの方じゃなくてちゃんと配列の方なんで、逃げないで~!

と、いつも通り、大仰に書き出す割に蛇の尻尾で終わるのが見え見えなんですが、よく飛鳥ユーザーの方の語られる「シフトミス」、いや、実に恐ろしいですな・・・。自分でやってみてやっと分かったんですが、確かにこれは洒落になりません。まさに「洒落怖」です。

一応、ここで「シフトミス」と呼んでいる現象(この名前が正しいのか、実は分かっていないのですが)を具体的に説明しますと、親指シフトが必要な文字(1文字目)を打鍵した後、続けて素早くシフトの不要な文字(2文字目)を打鍵すると、1文字目を打つときに押していた親指シフトキーが、まだ押されたままの状態になってしまっていて、2文字目にもシフトがかかってしまい、結果、2文字目に意図しない文字が出力されてしまう、という問題のことです。

これは、押しっぱなしシフトを使わないNICOLA等の普通の親指シフトでは発生し得ない問題で、まさに飛鳥特有のマ・モ・ノ! 飛鳥をやる前は、1拍1打の親指シフトのリズムで打鍵していけば避けられるだろう、とタカをくくっていたのですが、甘かった・・・orz。



まず、これが発生してしまう(ように打ってしまう)理由の一つは、皮肉にも拗音の打ちやすさにある、と感じました。飛鳥では、なるべく発声と打鍵のリズムが近くなるように、イ行の音は左手、「ゃゅょ」は右手に配し、拗音は2打であっても1打に近い感じで打てるようにも配慮されていて、事実、設計者のRayさんも、そういう打ち方もありだよね、というようなことを仰っていますよね?

で、「しゃ」とか「きゃ」とか、1文字目もシフト無しで打てる拗音は、それで問題ないんですが、「りゃ」とか「ちゃ」とか、1文字目が左シフトで打つ文字の場合、「りゃ」と1拍で打とうとすると、どうしても次の「ゃ」にシフトが残ってしまいがちです。(姫踊子草の同時打鍵判定 0.05秒設定と、jisx6004さんの繭の設定ファイル両方とも)

この問題を避ける手だては3つ。1つは、拗音は「り」→「ゃ」、というように全て2拍で打つという方法ですね。ただ、これはせっかく拗音が打ちやすいように配置してある設計をスポイルしてしまうことになるし、発声ともかけ離れるのでNG。2つめは、「しゃ」は1拍で「りゃ」は2拍で、と打ち分ける方法。でも、これは明らかに不自然でストレス溜まりそう・・・。

3つめの方法としては、2文字目にシフトが残ってしまっても、特例としてちゃんと正しい拗音が出るように定義してしまう、という方法。要するに、「左シフト+F+,」の同時打鍵で「りょ」が出る、というように定義をしてしまうわけで、確か、yfiさんがこういう方法を採っていたのでしたっけ?

問題が「ゃゅょ」拗音だけであるなら、確かに3つめの方法もありかな~とは思うのですが、2文字目が「ゃゅょ」ではなく、「っ」や「ー」「う」「ん」「い」の場合も、1.5拍くらいのリズムで打ちたい、となると、3つめの方法だけでは不十分ということになってしまいます・・・。(これらの文字の裏には、ちゃんとした文字が割り当てられているので、同時打鍵でシフトがかからなくしてしまうと、それはそれで困る)



シフトミスが発生(するように打ちたくなってしまう)してしまうもう一つの理由は、押しっぱなしシフトの積極的活用、という飛鳥の基本性質自体に潜んでいる気がます。

まだ全然、日が浅いのにこんなことを言うのはおこがましい限りなのですが、飛鳥には、ついつい、1拍1打のNICOLA的なリズムよりも、ロールオーパーを効かせたローマ字っぽい打鍵で打ちたくなってしまう(というか、そんな感じで指が走りがちな)ところがあるんじゃないか、というような気がしました。

それはなぜかと言えば、ストレートシフトの押しっぱなし連続打鍵を1拍1打のNICOLA的なリズムで、つまり手全体を上下動させるような動作で打つのは、親指がキーを押した状態で固定されているためになかなか難しいからだ、ということに大きな原因があるような気がします。ストレートシフトの押しっぱなし連続打鍵が、ロールオーバー的になってしまうなら、当然、他の打鍵も引きずられて同じようにロールオーバーっぽく打ってしまうわけです。特にローマ字でそういうように打っていた人にとっては、いわば故郷に帰るようなものですから、そういう傾向は顕著になるんではないでしょうか?

ただ、ここは親指押しっぱなし打鍵に慣れてくれば解消されることなのかもしれないので、まだもう少し練習してみないと判断できないところではありますが。



で、いずれにしてもこの魔物をどうにか退治しないと、元ローマ字タイパーな人たちにとっては飛鳥と付き合っていくのはなかなか難しいことになるような気がしてきました。

一瞬、いっそNICOLAのように、押しっぱなしシフトはやめてしまおうか、とも思ったのですが、そうすると、わざと同じ手のシフトが連続するように作ってある飛鳥では、同手の親指連打が頻発することになって、著しく打鍵スピードが落ちてしまいそうな気もします。この方式で「ます」とかを打つことを想像したら、いっきに萎えましたw。

なので、やはり何とか、押しっぱなし連続シフトは残したまま、シフトミスというかシフト引きずりを退治したい・・・。yfiさんが親指シフトの実現方式に非常にこだわっていらしたわけがようやく、理解できるようになりました。



今考えている案は、1発目の親指シフトと、押しっぱなしの2文字目以降の親指シフトの判定方法を分けたらどうかな、と。

実際に、シフトからシフトなしを打つときに、どういう打鍵をしているのかなと思って、素早く「りょ」と打とうとしたときにはき出されるキーコードを繭で観察してみると、「シフト押す」、「Fを押す」、「カンマを押す」あたりの順番は変わるものの、最後に「カンマ離す」が来ることはほぼ確実。

ということは、押しっぱなしの2文字目以降にシフトをかけるかどうかの判定は、その文字キーを離す瞬間にシフトキーが押されている状態にあるかどうか、だけをみて判定すれば良いのではないか?というような気がしてきました。これなら繭でも実装できそうですし。(もちろん、1文字目の判定方法は変える必要はありません)

・・・って、限りなくどなたかが提唱されていそうな話ですな orz。

とりあえず、まだまだ練習してみないと分からない話なので、現時点での防備録ということで・・・。

<追記:4/28昼>
シフトミスの防止方式、やっぱり上のやり方ではうまくいかない気がしてきました。上の方法でやってしまうと、今度は逆に2文字目にもシフトがかかって欲しいときにシフトがかからない、という問題が発生しそうな気が・・・。例えば、「ます。」と打つときに、「。」を打った瞬間、同時にシフトも離すと思うのですが、このとき、「。」を離すのと、シフトを離す順番は、正確には意識をしないので、実際には「。」キーを離すよりも僅かに早くシフトキーを離してしまう、ということは起こりがちな気がします。やっぱり、1文字目のシフト判定時間と2文字目のシフト判定時間を変える、というように時間要素を入れないと解決はできないかな・・・。そうなると、繭の設定ファイルで済む問題ではなくなってしまうし・・・。




あと、関係ないですが、小ネタで今のところの感想を・・・。

1.「む」(右シフトの「N」)が打ちにくい
右シフトの「Y」位置とかの方が打ちやすいように思うのですが、慣れですかねぇ・・・。

2.「ご」(右シフトの「@」)は意外と悪くない
やる前は、速攻でどこかに移動しよう、と思っていたのですが、普通のキーボードだと距離的には「Q」と変わらないので、意外と悪くないですね。ちょっとびっくり。

3.同指連打が意外に多い
高速打鍵を目的とした配列ではないので仕方ないところではあるのですが、意外に同じ指の連打(「くん」「との」みたいなヤツ)が多いなぁ、と思いました。同指連打は打ちやすくはあるのですが、どうしても速さに限界がすぐ来てしまうので、タイパーな方々には嫌われる運指なんですよね。ただ、同指連打でも段越え(上段→下段みたいなの)が、滅多に出ないのはさすが!というべきところなんでしょうね~。
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2005-04-27 14:11:13

エスタブリッシュメントのおかしな発言から徒然おもふ

テーマ:時事ネタ
自動車やマスコミというのは、ゼネコンや農業なんかと違って、現代の花形産業で新しい感覚を持った業界だ、という世間的なイメージが久しくまかり通っている。就職活動中の学生の人気も高い。だけど、実際は、この業界だけだ突出して現代的な感覚を有しているなんてことが全くないことは、言うまでもない。

で、今さらなんでこんなことを書き出したかというと、ちょっと「ん?」って感じの気になる発言を立て続けに見たから。

1件目は奥田経団連会長が物議を醸している件。

「顧客無視の値上げ反対」

要は、トヨタの会長ともあろうお方が、「アメリカの自動車会社、ヤバイよね。ヤツら追い込むといろいろと商売しにくくなるから、みんなで談合して値上げとかして助けてやろうよ」というようなことをポーンと言ってしまった、という話。これについては、47thさんが詳しく書かれているのを読むのが一番、分かりやすい。

「人間、案外、得意で躓くものなんだよな・・」なんて思いつつも、スルーしようと思っていたのだけど、今度は別方面でまたおかしなことを言っている人がいた。

「27日テレ朝など民放株が安い、株式持合い検討と」

今度は、テレ朝の社長が、「またホリエモンみたいなの出てくると面倒だし、僕らテレビは最後の独占談合業界だから、みんなで株式持ち合いしてこれからも仲良くやろうよ。今までさんざん、株式持ち合いは時代遅れって報道してきたことなんて水に流してさ」というようなことを、のほほ~んと宣わったというお話。

もちろん2つの発言に何の関連もないわけですが、なんだかとっても「なんだかな~」という気分にさせてくれる話ですな・・・。



政治とは利害調整である、とはよく言われる話。もちろん、適切な方向性を示すことで全体の幸福が増大するような局面であれば、単なる利害調整以上のものが政治であるはずであるが、何もやっても大して変わらず、みんなが幸せになれないような局面なら優先順位をつけなくてはいけない。

この国は誰を幸せにしようとして、誰にがまんをしてもらおうと思っているのか。今の現状、誰が幸せを享受し過ぎていて、誰が泣きを見過ぎているのか。

いっそ、本音トークで議論しちゃった方が良いと思うのだが、それは大人のやることではないんだよね・・・。でも、現状、不幸になりすぎてしまっている人たち。もっと声を上げてみても良いんじゃないかな。

強者は建前を使って、弱者は本音を使って戦うのが効果的だと思う。でも、今の弱者は戦い方を忘れてしまっているようにも思える。その一方、強者は負け方を知らなすぎるのではなかろうか?

力の天秤が大きく傾きすぎているような気がして、何となく、怖い。
自分が何を危惧しているのか、はっきりとよく分からないけど・・・。



<追記>
テレ朝絡みで「何だかな~」な発言に関して思い出したこと、もう一つ。

昨日、報道ステーションを見ていたら、脱線事故の救出現場がブルーシートで覆われていることについて、古舘さんが現場レポーターに、なんでブルーシートで覆われているのか、その中を我々が見てはいけないのか、というようなことをしつこく尋ねていたのがちょっと気になった。

確かに、その言い分は分からなくはない。本来、自由に見られる場所が隠されることに対して、マスコミ(というかジャーナリスト)は常に警戒感を持たなくてはいけないとは思う。でも、それはマスコミ業界人が、自分たちの現場で人知れず戦っていくべきことであって、そういう価値観を何もあの場でテレビで流す必要があったとは思えない。

マスコミって、自分たちの価値観で視聴者をレイプすることに対して無神経すぎるよ・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-27 02:11:39

OPERA号、無念の沈没!

テーマ:時事ネタ
で、せっかく覚えた飛鳥の練習用に、何か小ネタで記事を書かなくては!と思っていたら、こんな小ネタが!

Opera CEO、大西洋横断のチャレンジ終了

ブラウザのOPERA社のCEOが、新バージョンのダウンロード数が好調なら大西洋を泳いで横断するとの公約を果たすべく、太平洋横断の冒険に乗り出したことはすでにあちこちで報じられているが、残念ながらその冒険は2日目にしてあえなく挫折してしまったようだ。

OPERAユーザーとしては、次は是非ともシェア No.1 ブラウザとなって太平洋横断!とかいうような日が来ることを期待してしまう。

あ~、それにしても、OPERAの入った携帯が欲しいなぁ。Vodafoneは全然魅力的な機種を出してくれないし・・・。ドコモからトップを引き抜いてきたときは、結構、期待したんだけどな~。やっぱりNTTな人はNTTな世界じゃないと通用しないってことだったんだろうか・・・。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-04-27 01:35:05

飛鳥をこうやって練習してみました

テーマ:親指シフト等、他の配列の話題
で、実際には、飛鳥配列2005年4月19日版、あるいは「ニャンニャン版」(あ、ごめんなさい・・・怒らないで!w)を、大体、こんな要領で練習してみました。

1.右手ホーム段の練習
まずは何はともあれ、「んいかたけ」を覚える!
で、まずは「ん」を覚える。頭の中で、「んん んい んか んた んけ」と2,3回打ってみるのだ。本当は増田式では、覚える文字を2文字目に持ってくるが、月でやったとき、それに特に意味があるようには感じられなかったので、1文字目にしてみました。

で、次は「い」。「いん いい いか いた いけ」を2,3回打ってみる。以下、こんな感じで「んいかたけ」を一通り、「素振り」するのだ。

で、次は単語練習。飛鳥の素晴らしいところは、右手ホーム段だけで結構な単語が作れるところ。「かいかん」とか、「いい」とか、「いたい」とか、「けいけん」とか、単語を思いつくままに試打してみるのだ。え?変な単語ばかり選んでいないかって?いやだなぁ・・・そういうことは飛鳥を作ったRayさんに言って下さいよ~w。

こうやって作った各単語を、頭の中でスムーズに打鍵できるようになるまで、それぞれ2,3度、「素振り」する。どんな単語を打ったかなんて、いちいちメモしないので、短期メモリーの足りない私は、同じような単語を何回も練習することになってしまうが、そんなことは気にしない。質より量なのだ!

2.右手上段の練習
右手上段で覚えるべきは「とはへ」のみ。簡単だ。記号なんて、かったるいから飛ばしましょう。で、さっきと同様に「と」の素振り。「とと とは とへ」。2,3回打ってもすぐ終わってしまう。で、今度は、基本中の基本の右手中段とも絡めて素振りみる。「とん とい とか とた とけ」。これで「と」は覚えた(はず)!

同様にして、「は」、「へ」も自分の段と中段とで素振り。で、素振りが終わったら、さっきと同様、今までの文字(できれば今、覚えた「とはへ」が多めに出てくると嬉しい)を使って、適当な単語を作りながら練習。
「とはいへ とはいへ とはいへ・・・」「はと はと はと・・・」「へい へい・・」「はいかい はいかい・・」「へんたい へんたい・・」「へいきん・・・」ん?これはまだ打てないな・・ま、そういうことは気にしないでサクサクと徒然なるままに・・・。

3.右手下段の練習
と、思ったんだけど、右手下段は「っょゅゃ」。簡単だからやんなくていいや。
ま、でも一応、ちょっとだけ練習しておくか。ちょっと先に飛んで、え~と・・・左手薬指ホームの「し」をお借りしましょう。「しっ しょ しゅ しゃ しっ しょ しゅ しゃ・・」ま、こんなとこでいいでしょう。

4.左手ホーム段の練習
「きしうて」を覚えよう!
まずは今までと同様に自分の段だけで素振り。最初は人差し指の「て」。「てて てう てし てき てて てう てし てき・・」。同様に「う」、「し」、「き」。

終わったら今度は、右手ホームと絡めた素振りもやっておこう。「てん てい てか てた てけ・・・」。

さ、これが終わると「き」「し」があるから、右手下段の「っょゅゃ」と絡めて、作れる単語がかなり増えるぞ!思いつくままにいくつか練習・・・。「きし」「して」「きけん」「うて」「ていへん」・・・あれ?「へ」が出てこない・・・。「へ」の素振りやり直しだ!

・・・

うん、一通りOKかな。次に進もう。

5.左手上段の練習
「ー」が薬指、ってのは、なんとなく覚えておけばいいから、「じぴ」だけ練習すればいいや。いつも通り、自分の段の素振りと、左手ホーム段との絡み、あと右手ホーム段との絡みも素振りをしておこう。ついでに「じゃじゅじょ」と「ぴゃぴゅぴょ」の練習もやっておくか・・・。

6.左手下段の練習
これも同様。この辺まで来ると、今まで出てきた文字だけで単語を作っていくのが、結構、大変。なので、単語練習でうまく単語を作れないときは、しりとりの要領で新しく練習した文字が先頭に来る単語を思い浮かべてはそれを打つ。まだ打てない文字がある場合は、その文字を飛ばして打てばいい。

さ、これでアンシフトは一通り覚えた!ここまでで大体、1時間もかかっていないんじゃないかな?

え?人差し指を伸ばす位置の練習をしていないって?この辺の位置は、頻度の低い文字が割り当たっているし、打ちにくいから、何となく適当にやっておいて、覚えないまま進めていきましょうか。面倒ならとばしちゃっても良いよ。

7.左シフトの右手(クロスシフト)練習
アンシフトの次にどこを攻めるかは好きずきだけど、やっぱりまずは右手。特に「です」「ます」のある左シフトの右手が覚えるのが簡単そうで良いかな。今までと同様に、どんどん素振りをしていきましょう。

ここからシフトが入ってきますが、ちゃんと、左親指で親指同時打鍵をすることを忘れないように!また、単語練習のときは、せっかくだから連続シフトもどんどん取り入れて、親指を押す・離すもちゃんとイメージしながら練習していこう!

8.右シフトの右手(ストレートシフト)練習
ここもパッと見で「そのくせ」「このごろ」「こども」とかが転がっていて、いかにも覚えやすそうなんで、次にこっちを攻めることにしました。この辺の順番はどうでもいいかな~。

っていうか、疲れた。この辺でちょっと休憩取った方が良いでしょう。

9.左シフトの左手(ストレートシフト)練習
「ださ」とか「あり」とか、ホーム段は覚えやすそうだけど、この辺に来ると、正直、息が上がってくる。思い出せない文字があって、カンニングペーパーをチラ見することになっても、いらいらせずに、まったりとがんばろう!

10.右シフトの左手(クロスシフト)練習
この辺になると、覚えていない文字の方が少なくなるので、もう素振りは適当に流してしまってもいいかも。もうかなりの単語は打てるわけなので。

11.残りの文字(GH列)の練習
ってか、正直、疲れた。息も絶え絶えってところ。この辺までくれば、あんまりしっかりやらないでとりあえず、新しい文字を積極的に覚えるのは切り上げてしまってもいいかも。大体、そろそろ2,3時間ってとこでしょうな。

12.シャドータイピング!
さあ、目に入るものを片っ端から打つぞ!
「スチュワーデス」「長髪」「客室乗務員」「かわいい」「スカート」「タイプ」「いいかも」・・・って、どこ見てるんですか?w

あぁ・・結構、出てこない文字がある・・・。そういうときは初心に返って素振りだ、素振りだ、素振りだ!

よし、だいぶ良い感じになってきた。文章も書くぞ。「正直、疲れた」「だるい~」「でもだいぶ覚えられたかも」「あ、『そのくせ』って右シフトで良いんだよね」

今度は歌でも打ちますか。
「たった一つ、気持ちを教えて♪」「あ~、だから今夜だけは♪」

と、後はポケットに配列表を忍ばせて、暇を見つけてはこんなことをやっていけば良いのだぁっ~!

(注:まねをして覚えられなかったとしても責任はとりません。まねをする人がいるとは思えませんが、実行に際しては変人扱いされないように細心の注意を払いましょう。特に満員電車の中で指をもぞもぞやるのは大変危険、っていうか、法律で禁止されていますのでっ!www)
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。