1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-01-30 21:26:56

句読点の追い出し(2)

テーマ:月配列関係
句読点を追い出す配列変更、試用中・・・。さすがに句読点位置が変わるのは慣れない。ただ、タイピングゲームでは句読点はほとんど出なし、ま、いいかw。

「ゃ」「ゅ」が薬指でなく、中指のシフトというのはやはり Good!ただ、句読点の位置に配置する仮名を何にするかは難しい。試しに「の」を「。」の位置に置いてみたけど、「この」が打ちやすくなった代わりに「その」が打ちにくくなってNG。結局、今は他のカナとの干渉が全くない上に頻度の高い「を」を置いてみている。ただ、「を」はタイピングゲームではほとんど出てこないから、打ちやすくなっても目に見える効果がないんだよなぁ・・・。

それにしても、仕事がきついときほどこういう作業ははかどるw。ってか、マジでこんなんやってる場合じゃない・・・。しばらく奴隷モードで働かせるかぁ、自分を・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-01-30 01:27:32

句読点の追い出し

テーマ:月配列関係
何だかんだ言いつつ、シフト+SPACEで句読点を打つ仕様を実験してみる誘惑に抗しきれず、やってみてる。こんなことしてる場合じゃないのにw。ん-、なかなか悪くないかもなぁ。2、3日は試してみるかぁ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-30 00:36:20

東プレ - Realforce 91

テーマ:キーボード・マウスReview

キーボードレビューは巷には溢れていて、オレが今さら書く意味なんてまるでないとは思うけど、まあ気に入ったモノ紹介という感じで、ぼちぼちと。

現在、メインで使っているのは Realforce 91。世の高速タイパーに人気のモノだけに、ロートルタイパーな漏れがRealforce使用をカミングアウトするのは大変恥ずかしいものがありありなんだが、まあ、そこはそれw。気にしないということで。

Realforce の真の実力・・・それは!?


高速タイパーに好まれ、世の職業的なキーボード打ちに愛用されている最大の理由は「キーが軽い」。これに尽きる。ただ、一口にキーが軽いと言っても、実はそう単純な話ではなく、他の安物キーボードがまねしようにも簡単にはできないのだ。

キーが軽い要因には、大きくは2つの要素が絡む。まず1つ目は単純にキーが軽い、つまり、キーを押すのに必要な力が小さい、ということ。だが、この点だけ見れば、例えば店頭で触った場合、「確かに軽いけど、特別騒ぐようなものでは・・・」という誤解をするだろう。実際、オレも店頭で触っただけで、「ふん、いらねーよ、こんなん」って長らく誤解してた。

Realforce の「キーの軽さ」を支える真の力は、その、静電容量なんちゃら、とかいう長ったらしい名前のスイッチにある。詳しいことは他の解説サイトを見てもらうとして、要はキーを底まで押し切らないでもキーが反応するのである。キーが(普通は)重いメカニカルでは、何ら珍しくもない仕組みではあるのだが、この手の、キーを主にゴムで支える、いわゆる俗称「メンブレン」(Realforce は言葉の正確な意味ではメンブレンではないのだが)タイプのキーボードでは、他にちょっと無い仕掛けである。

キーを底付きしなくてもスイッチが入ることがなぜ「キーの軽さ」につながるのか?


それはもちろん、底まで打ち切らなくても良いのでトータルとして必要な力が少なくて済む、ということはある。(物理的にははなはだおかしな表現だがw)
だが、実際、ほとんどの Realforce ユーザーはキーを底付きさせていると思う。「じゃあ一緒やん!」と思うなかれ。

メンブレンのキーボードを使ったことのある人のほとんどは、おそらく、キーを押したはずなのに文字が出ない!という経験をしたことがあると思う。そのため、キースイッチの仕組みを知っていようがいまいが、無意識のうちに、キーとはある程度強い力で底までぶつけてやらないとイカンものだ、と、キーを必要以上に強い力で叩くことを体が覚えるようになる。Realforce にはこれがない。体は楽なものへの順応は早いので、自然と無駄な力を抜いてキーを打つようになり、これが決定的な「キーの軽さ」につながる。

使ってみないと分からない良さと悪さ


ま、キーボードは何でもそうなんだけど、店頭で試し打ちしただけでは善し悪しは分からない(明らかに悪い点は分かるがw)。実際に自分の環境に繋いで使ってみてはじめて「感じる」ものだ。Realforce のキーの軽さについては、まさに使ってみないと、という話なんだけど、Realforce の欠点もまたしかりなのである。

Realforce が嫌われる第一要因・・・それは値段が高いことw、というのはさておき、ミスタイプが増える、というのはよく言われる点だ。これはおそらく「キーの軽さ」と表裏一体の話で、キーが軽い上に浅いストロークでも反応してしまうので、ちょっととなりのキーを引っかけただけでも入力されてしまったり、誤って違ったキーを叩きそうになって慌てて指を引っ込めたつもりでも、他のキーボードなら入力されなかっただろうところが入力されてしまう、なんてあたりが原因であろう。

もう一つ、よく言われていることが、打鍵感、いわゆるタッチがつまらない、というもの。Realforce のタッチは、一瞬の軽い抵抗の後、ストッと下まで無抵抗にキーが落ちる、キーを打つための道具としては実に理想的な、大変よく練られたタッチに仕上がっている。おまけに指ごとにキーを押すのに必要な力を変えている、という念の入れよう。実用の道具としてキーボードのタッチという軸で評価をするならば、全く隙がなく、本当に理想的だ。

ただ、人間とは贅沢なもの。遊びが全くないのも不満に感じられてくるらしい。曰く、つまらない、華がない、と、キーボードを愛好家の間では、このタッチはどうも不評のようだ。そのため、Realforce を評して曰く、入力奴隷御用達、つまり、職業的に大量の入力をさせられるプログラマやタイピスト(今でもそんな職業あるのか?)専用の道具、と(特にオールドキーボードの狂信者から)侮蔑されるのも結構定番だ。そしてその評価は実に的を射ているのであるがw。

実際、正直に白状して、私も Realforce を最初2、3日使ったときは、ミスタイプとタッチの点からどうも馴染めず、メインキーボードからは外してしまっていた。

徹夜の友、Realforce


だが、今現在、入力奴隷に属する世界に棲むオレにとっては、Realforce はなくてはならない道具である。コイツの真の実力を思い知るのは、店頭の試し打ちでもなければ、タイピングゲームでハイスコアを出したときでもなく、朝晩なく狂ったようにコードを書き続けている間ですらない。徹夜の仕事が終わり、一晩寝た後・・・そこでようやく Realforce の偉大さが判明する。そう、指に全然疲れが残らないのだ。

正直、キー打ちをあまりしない人には、あまりお勧めしないキーボードであるが、あなたがもし、徹夜でキーボードに向かわなくてはならないような、堅気でない職業の人間であるなら、Realforce シリーズはマジでお勧めだ。

テンキーレス


上の写真が「91」。名前の通り、91キーしかないコンパクトサイズ。これはPS/2接続用。USB用を会社で使っているが、そっちの方が(無駄に)ロゴが格好いいw。

普通のキーボードからテンキーを取ってしまった形だが、その分、マウス(隣はトラックボールだがw)が近くて良い。テンキーは、IME状態にかかわらない数字入力に確かに重宝するのではあるが、キーボードショートカットで入力できるようにもしてあるし、机の上にもう一つフルキーボードを載せているので無問題。

Realforceシリーズでテンキーレスなヤツには、他にいわゆるゲイツキー(Windowsキーとアプリケーションキー)のない89というのもあり、そちらは実はTyping of the Dead の2人プレーに対応した特殊キーボードでもある。91は多分、無理。オレはゲイツキー絡みのショートカットを多用するので、91の方が嬉しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-01-29 18:09:32

My配列進化案

テーマ:月配列関係

現在のマイ配列で気になる点


「ゅ」「ゃ」が濁点シフトであることによる打ちにくさ


これは、特に頻度の高い「ゅ」の方で気になる点。「ゅ」「ゃ」が通常の(中指)シフト側であろうと、濁点(薬指)シフト側であろうと大して変わらないだろう、と思ったのは大きな間違いだった。

大きな問題としては2つあって、まず、「じゅ」を打つときの問題。「じ」も「ゅ」も左手側のシフトにあるので、「lelv」という「l」を2打するシークエンスになってしまう。以前、同手シフトを試したときにも感じたのだが、1音の中で同指を2打鍵するのは打鍵のリズム的に打ちにくく、速さ的にも当然、不利な要素。しかも、「じゅう(重・中・十・・・)」という頻出漢語に含まれる「じゅ」の頻度は結構、高く、全般的に漢語はストレス無くスコスコッと打てる中では特に目立ち、ストレスを感じる。

次の問題としては、「ちゅ」の打ちにくさ。打鍵としては、「:lv」と打つことになるのであるが、「;l」や「:k」なら特に問題なく打てる(むしろアルペジオで打ちやすいくらい)ところが、「:lv」というように小指と薬指が股裂き状態になった途端に指が動かなくなる。「ちゅ」も、「中」という頻出漢語を抱えるだけに、これも気になることが多い打鍵である。

「の」の位置の悪さ


これは言うまでもなく、「この」が同指の段越え、しかも左手薬指の、になってしまう問題。間に1打はさまるものの、「ので」も打ちにくい。そもそも、根本的に、左手の下段は、指の運動方向の点から言って、通常のキーボードでは同手の連打には向かないと思う。

「の」の位置は、一応、「もの」のような他の頻出語には気を使ったつもりではあったが、やはりそう簡単にはうまくいかないものである。

どのように改善するか


ただ、現在のマイ配列に関して言えば、今のところ上記以外には打っていて、特に大きく問題に感じられる点がないのも事実。ちょっと自画自賛だが、かなりバランスが取れてきた配列になってきているだけに、小手先の修正ではなかなか改善案が見つからない。

句読点の追い出し


一つの案として検討しているのは、「、」と「。」を追い出してしまうという案。月スレで誰かが、左手シフト+SPACEで「、」、右手シフト+SPACEで「。」という案を出していたが、あれは確かに良い案かもしれない。マイ配列の場合はシフトが中指と薬指の2本指なので、中指+SPACEで「、」、薬指+SPACEで「。」と、左右どちらの手でも打つことが可能。IMEの設定を、「句読点で変換実行」、とやっておけば、SPACE=漢字変換というこれまでのリズムとも相性は良さそうである。

ということで、とりあえず配列は入れ替えずに、まず「、」と「。」をシフト+SPACEで打ってみることを試してみる。「、」「。」の入力自体は特に問題なく慣れそうだが、句読点を打った時点で漢字変換、という仕様に慣れることが出来るか、そこがポイントになりそうな予感・・・。

追い出したところに何を入れるか


で、仮に句読点をシフト+SPACEで打つことに慣れたとして、その場合、句読点の位置に何を置くかを考えてみると、これはまたなかなか難しい問題であることに気付く。

単純に裏に置かれている高頻度のカナを持ってくればいいという問題ではなく、単語として並んだときの打鍵のしやすさを考えなくてはいけないのだが、右手の各指には既に漢語に頻出するカナが割り当てられていて、それらとくっつきやすいカナを置いてしまうと、以下に器用な右手とはいえ、なかなかしんどいことになってしまう。

できれば、素直に「ゅ」なんかを持ってきたいところだが、句読点の位置は「き」「ち」とどうにも相性が良くない。ひとまず、結構、頻度が高く、「い」とのつながりが少ない「も」あたりを「、」の位置に持ってくるのは良さそうだ。で、空いたシフト+「V」の位置に「ゅ」を入れる。

「。」の位置には「の」を持ってくるか。「のだ」が打ちにくくなるか。「きのう」が非常にに打ちにくくなるなぁ。;.j ;.j ;.j ... うーん、、、要検討。ただ、「も」の方を「。」の位置に持ってきてしまうと、「かも」が致命的に打ちにくいのでNGだ。ビジネスマンは基本的に「きのう」は使わずに「さくじつ」を使うということでよしとすべきか・・・。

「の」を移動するとすると、その空いた位置(「X」)には、高頻度の割にシフト側に回っていた「を、せ、あ」あたりが候補だろう。この中で、左手側のカナ、及び右手側のカナの濁音とのつながり頻度が低いものを選ぶのが妥当か・・・。

やはり、「の」をどうするのか、それが決め手となりそうだ。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005-01-29 02:55:15

眠れない夜は・・・

テーマ:雑記
今日もバトタイに行って帰ってきたわけだが(笑)、さあ寝よう!と思ったら寝れなくなってしまった。

まあ、それにしても、あそこは楽しい。いや、楽しいというより居心地が良い、と表現した方が適切だろう。・・・というような感覚を、あそこにはまっている多くの人たちは感じているに違いない。

居心地の良いコミュニティ・・・。ただ、不思議と、居心地の良いコミュニティほど、「人が消える」ということがよくあることを、私は経験的に知っている。これまで、何人も私の前から消えていった人たち・・・。人が消えると、コミュニティに残された人たち一人一人の胸に、少しの理由無き罪悪感と、かすかな恐怖にも似た不安が残り、そしていくばくかの陽気を掻き立て、やがて程なく、そうした心中にわき起こったさざ波は消えていく。

いつしか、人が消えていくことにも慣れた頃に、そう、次は自分の番が来たことを不意に悟るのである。

卒業・・・。そんなものが私の前からいなくなって、気が付くと、久しい。卒業の存在しない、いわゆる「社会人の社会」は厳しい。

そんなことを眠れない夜はつらつらと思い、ますます眠れなくなっていく・・・。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-27 23:09:10

My配列の菱用の設定ファイル

テーマ:月配列関係
現在、使っている月のMy配列は、昨日、書いた通り、こんな感じなんだけど、

     右手                左手

(シフト無し)
り  こ  し  て  ょ    つ  ん  い  か  ー
は  ②  ①  と  た    く  う  ①  ②  き  ち
す  の  に  な  さ    っ  る  、  。  へ  ・

(シフト)
ぁ  を  ね  ら  め    ぬ  む  み  え  ぇ
ぃ  よ  け  あ  れ    ま  お  ほ  そ  ぉ  :
ぅ  や  せ  も  ゆ    ひ  わ  ふ  ろ  ・

(濁音・半濁音)
!  ご  じ  で  ゃ    づ  ぴ  ぽ  が  ?
ば  ぱ  げ  ど  だ    ぐ  ヴ  ぼ  ぞ  ぎ  ぢ
ず  無  ぜ  ゅ  ざ    び  ぷ  ぶ  ぺ  べ


このMy配列の、菱用の設定ファイルはこんな感じ。ここのブログは直接、ファイルを置けないので、「tsuki.hh」ファイルの中身を貼っておこう。



[description]
title=月配列かな入力 (4 SHIFTキー)

[0]
q=り
w=こ
e=し
r=て
t=ょ

y=つ
u=ん
i=い
o=か
p=ー

a=は
s=S2
d=S1
f=と
g=た

h=く
j=う
k=S1
l=S2
{c10}=き
{c11}=ち

z=す
x=の
c=に
v=な
b=さ

n=っ
m=る
{b08}=、
{b09}=。
{b10}=へ
{b11}=・
{b00}=・


[1]
{Space}=S0

q=ぁ
w=を
e=ね
r=ら
t=め

y=ぬ
u=む
i=み
o=え
p=ぇ

a=ぃ
s=よ
d=け
f=あ
g=れ

h=ま
j=お
k=ほ
l=そ
{c10}=ぉ
{c11}=:

z=ぅ
x=や
c=せ
v=も
b=ゆ

n=ひ
m=わ
{b08}=ふ
{b09}=ろ
{b10}=・
{b11}=_
{b00}=・

1=!
2="
3=#
4=$
5=%
6=&
7='
8=(
9=)
{e11}==
{e12}=~
{e13}=|


[2]
{Space}=S0

q=!
w=ご
e=じ
r=で
t=ゃ

y=づ
u=ぴ
i=ぽ
o=が
p=?

a=ば
s=ぱ
d=げ
f=ど
g=だ

h=ぐ
j=ヴ
k=ぼ
l=ぞ
{c10}=ぎ
{c11}=ぢ

z=ず
x=の
c=ぜ
v=ゅ
b=ざ

n=び
m=ぷ
{b08}=ぶ
{b09}=ぺ
{b10}=べ
{b11}=・
{b00}=・

1=!
2="
3=#
4=$
5=%
6=&
7='
8=(
9=)
{e11}==
{e12}=~
{e13}=|

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-26 22:22:37

月配列のMy配列

テーマ:月配列関係
月は、非常に優れた配列で、打てば打つほど、「あー、よく考えられて文字が配置されているなあ」と感心しきりなんだけど、やっぱり、自分的にどうかな、というところは出てくるのね。

オレ的に月の標準配列でちょっときついな、と思った点:

(1) 右手小指、ホームポジションの外も結構、使うし、小指連打もあるよ~
(2) 長音記号「ー」が2打鍵はないでしょ、、、ってか、IT業界の人間にとってはあり得ない


ということで、実はこれまでいろいろと配列をいじってたりもしてみたんだな。今は、こんな感じにしてる。


     右手                左手

(シフト無し)
り  こ  し  て  ょ    つ  ん  い  か  ー
は  ②  ①  と  た    く  う  ①  ②  き  ち
す  の  に  な  さ    っ  る  、  。  へ  ・

(シフト)
ぁ  を  ね  ら  め    ぬ  む  み  え  ぇ
ぃ  よ  け  あ  れ    ま  お  ほ  そ  ぉ  :
ぅ  や  せ  も  ゆ    ひ  わ  ふ  ろ  ・

(濁音・半濁音)
!  ご  じ  で  ゃ    づ  ぴ  ぽ  が  ?
ば  ぱ  げ  ど  だ    ぐ  ヴ  ぼ  ぞ  ぎ  ぢ
ず  無  ぜ  ゅ  ざ    び  ぷ  ぶ  ぺ  べ


①は、通常のシフト。①に続けてキーを押すと、(シフト)側の文字が出る。②は、濁音用のシフト。②に続けてキーを押すと(濁音・半濁音)側の文字が出る。

(濁音・半濁音)側の文字は、シフト無しか、シフトありの同じ位置にある文字の濁音が出るようになっている。シフト無し側に濁音を持つ文字が配置されている場合は、シフトあり側には濁音を持つ文字は来ないように配置されているので、濁音が重なってしまうことはない。また、半濁音(ぱぴぷぺぽ)は、対応する濁音の近くに配置してある。なお、(濁音・半濁音)側には、濁音ではないが、「ゃ」と「ゅ」も配置されていることに注意。

このように、My配列では


(1) 濁点は先押し方式で、各手に2種類のシフトキーを合計4キー配置し
(2) 「@」の位置に文字は置かない
(3) 「ー」はもうちっと良い位置に持ってきた


というのが特徴。標準よりも楽に打てることを優先したので、打鍵数は悪化しているけど、それでもM式の調査結果(http://121ware.com/apinfo/content/mworld/P1-3.htm)による、カナ文字の出現頻度で計算したところ1%程度の悪化に留まっている。

とまあ、大体、気に入っているんだけど、やってて気になる点は


(1) 「の」の位置が良くない
  「この」が打ちにくい・・・
(2) 「り」の位置も、ちょっといまいち
  「すり・ずり・りす」のつながりが打ちにくい
(3) 「ゅ」はシフト無しで打ちたい
  特に「ちゅ」が打ちにくい
  「しゅ」も打ちやすくはないが、それは贅沢か・・・
(4) 「ふぁ・ふぃ」が打ちにくい
  頻度は少ないから、そんなに気にすることはないけど・・・
  ローマ字だと、とっても打ちやすいだけにギャップが・・・


これでも、実は6バージョン目w。だいぶ打ちやすくなってきたけど、なかなか難しいよなあ・・・。月の標準配列は、オレ的には気に入らない点がいろいろありはするけど、ほんとよく考えられて作られていると思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-26 22:07:38

で、月配列で速くなったの?

テーマ:月配列関係
ということなんだけど、2、3ヶ月くらい練習しても、まだローマ字より速くならない・・・orz

ローマ字だと毎分200-250カナ文字くらい(毎分350打鍵くらい)で、月配列だと現状、その半分から7割程度、って感じ。ネットで同時期に始めた人は順調に速くなっているのになあ・・・。歳かな・・・orz

いわゆるタイプウェル基本語というヤツの最高記録だと、ローマ字だと57秒、月だと75秒ってとこ。ローマ字は、5年くらいは、スピードが変わっていないし、よほど練習しないと、これ以上、速くなりそうな気はしない。実生活上、何ら困ったことはないから良いんだけど。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-26 21:30:21

月配列とは?

テーマ:月配列関係
月配列というのは、かな入力の一種で、普通のかな入力と違って、「A」のキーを押すと「ち」ではなくて「は」が出てくるような配列のこと。
詳しくは、 http://jisx6004.at.infoseek.co.jp/tsuki.html を見よう。

特徴としては、


特徴1. 通常のかな入力と違って最上段(数字の段)を使わない
特徴2. 当然、そのままではキーボード上に配置できない文字が出るので、そういう文字はシフトを使って入力する
特徴3. ただし、シフトキーとしては、通常の小指で押すシフトキーは使わないで、「d」「k」のキーをシフトキーとして利用する(= 中指シフト
特徴4. よって、ローマ字入力のような感覚で、かな入力ができる

というところみたい。

普通のかな入力とは違う、優れている点としては、


メリット1. 頻度の高いキーを人差し指や中指などに割り当てて、より楽に、より効率よく入力できるようになっている
メリット2. 右手小指をうんと伸ばさないと打てないような位置は使わない
メリット3. 楽なだけでなく、打鍵数も少なくなるように工夫して文字が配置されている


もちろん、一部のキーはシフトを使って打鍵するので2打鍵必要になるんだけど、そういう文字は頻度が少ない文字が選ばれているので、平均的な日本語の文章を打ち込む分には、普通のかな入力よりも1割程度、総打鍵数が増えるくらいで、ローマ字入力に比べれば2割強も総打鍵数を減らすことができるという優れもの。

ローマ字入力は指を使いすぎて疲れるし、かといって普通のかな入力じゃ最上段まで使って大変、でもタイピングはもうちょっと速くなりたいし、みたいなことを考えていたら、ちょうど月配列を知ったので、ちょっと練習してみよう、と練習をはじめたわけです。


3/6:
誤字訂正、フォント拡大
negiさん↓へトラックバック
「キーボードの日本語入力方法って」
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005-01-26 20:53:58

開設

テーマ:雑記
とりあえず作ってみた。
スキンにウルトラマン選んでみた。
最近のウルトラマンはすごいな。
なんか凶悪。
肩のトゲとか何?

昔はトゲなんて怪獣にしかついてなかったのに。
ちなみにタローの頭は角だよね?

よくみるとトゲじゃないっすね・・・orz

なんかウルトラマンのサイトみたいに見えるから、やっぱりこのスキンはやめよう!お花畑にしてみるか・・・うーん、ミスマッチだw
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。