京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

今日の事例は、弊社直営店パートさんの私服のクリーニングです。

 

シミの種類もどういう状況でシミが発生したのかも聞かされて無かったのですが

 

  

綿100%素材です。

 

見る限りでは、食べこぼしのシミが日時の経過とともに黄ばんだようなシミです。

 

念のために、油性処理後に通常クリーニング(水洗い)を行ってみましたが、全く落ちません。

 

白地衣料なので、浸け置き漂白処理で落としたいところなのですが、刺繍、とりわけ金糸の刺繍糸がくせ者です。

 

酸素系漂白剤は、金属(金糸銀糸を含む)に対して猛烈に反応して衣類をボロボロに脆化させてしまいます。

 

そこで、シミの部分に漂白剤を塗りつけて、乾けばまた塗りつけて、、、この処理を3回繰り返します。

 

      →    

前 胸元 (シミ抜き前と後)

 

     →    

前 胴部分 (シミ抜き前と後)

 

      →    

前 下 (シミ抜き前と後)

 

(仕上がり)

 

早速、弊社従業員の元へ、、、

 

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります