京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

弊社本店には6月に初めてご来店頂き、今回が3回目のご来店です。

 

50歳代前半の奥様からのご依頼です。

 

お客様、『家で洗濯したんですけど、ココにブルーの色が付いてしまって、、、』

 

受付スタッフ、『何か青い色の服と一緒に洗われたのですか?』

 

お客様、『いいえ、そんな憶えはないので、このTシャツのストライプ部分のブルーが色移りしたのかなあ?と思ったんですけど、、、?』

 

受付スタッフ、『そうなんかなあ、、、?お預かりして色移りが落ちるかどうかやってみないと分からないのですが、やってみます。』

 

お客様、『はい、お願いします。』

 

  

ポリエステル62%、綿35%、ポリウレタン3%の混紡素材です。

 

移染の原因が分かっていると使用する薬品も絞り込むことができて、比較的落としやすいのですが、今回の事例のように、他の衣類の染料が移染したのか? それとも、このTシャツの染色が悪くて、染料が浮き上がってきたのか? 全く見当が付かないので、作用の弱い薬品から順番に手探りで薬品を探します。

 

何とか色素を分解できる薬品を見つけ出しました。

 

薬品で色素を分解しつつ、超音波シミ抜き機で洗い出していきます。

 

前右側 (シミ抜き前)

(シミ抜き後)

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『キレイに落ちましたよ』

 

お客様、『何だったんでしょうね?』

 

受付スタッフ、『たぶん、一緒に洗った服から移染したみたいですよ』

 

お客様、『そうでしたか!』

 

受付スタッフ、『また、着れますね』

 

お客様、『ありがとうございます。』

 

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります