京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

10年以上前から弊社直営店をご利用頂いている50歳代半ばの奥様からのご依頼です。

 

毎週のようにご利用頂いている常連さんです。

 

受付スタッフ、『こんにちは』

 

お客様、『シミ、取ってください。』

 

受付スタッフ、『ジャケットですね、どこにシミがありますか?』

 

お客様、『右袖、肘の部分です。』

 

受付スタッフ、『何が付いたのか?分かりますか?』

 

お客様、『主人に聞いたけど、心当たり無し!なの。去年、仕舞うときは無かったらしいの?』

 

受付スタッフ、『シミが浮き上がってきたのかもしれませんね』

 

お客様、『シミ抜きで落ちますか?』

 

受付スタッフ、『お任せください。シミ抜き、頑張りますので!』

 

お客様、『お願いします。』 

 

  

ポリエステル45%、レーヨン36%、綿19%の混紡素材です。

 

シミが付いたときは、淡くて目立たなくても日時の経過とともに、シミは酸化黄変して黄バミが徐々に目立ちだします。

 

酸化黄変したシミに対しては、酸化漂白処理で落とします。

 

これで落ちない場合は、還元漂白処理で落とします。

 

今回の事例では、シミの種類が分からないので、先ずは油性処理からです。 

 

   →   

右袖 肘部分 (シミ抜き前と後)

 

    →   

(シミ抜き前と後)

※ シミの部分を拡大してみました。

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『シミ、落ちてますよ。』

 

お客様、『ありがとう! キレイに落ちてます。』

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります