京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

ご利用は年に数回、本当にどうしようも無い時だけクリーニング店をご利用されるお客様ですが、かれこれ10年以上弊社本店をご利用頂いています。

 

50歳代前半の奥様からのご依頼です。

 

お客様、『シミ抜きお願いしたいんですけど、、、』

 

受付スタッフ、『はい、どんなシミでしょうか?』

 

お客様、『ファーブリーズをしたら、シミになっちゃってね!』

 

受付スタッフ、『そうですね、あちこちに輪ジミができてますね』

 

お客様、『そうなんですよね、前の方にシミがあるんですよね』

 

受付スタッフ、『ファブリーズを吹きかけるとき、近くでされましたか?』

 

お客様、『近づけてやったかな?そうだと思う。』

 

受付スタッフ、『ファブリーズをされるときは、あまり近づけ過ぎない方がいいと思いますよ』

 

お客様、『ホンマやね、今度からそうします。』

 

受付スタッフ、『ファブリーズを近づけすぎて吹きかけたり、たっぷりと吹きかけて、シミになって持って来られるお客様、結構ありますよ』

 

お客様、『ああ!そうなの!みんな同じ失敗してるのね!鈍くさいのは私だけと思ってた!』

 

受付スタッフ、『ご心配なく!たくさんおられますから!』

 

お客様、『シミ抜きしたら取れますか?』

 

受付スタッフ、『レーヨン素材なのでちょっと厄介かもしれませんが、大丈夫ですよ。ご安心ください。』

 

お客様、『それなら、シミ抜きお願いします。』

 

  

レーヨン100%素材です。

 

レーヨンには、吸湿性があるので、ファブリーズのような水溶性の霧を吹きかけるときは遠くから(衣類から離れた状態で)軽く一拭きするに留めるべきです。

 

しかし、ほとんどの消費者は、素材の種類や衣類の吸湿性など考えるはずもありません。

 

むしろ、たっぷりと吹きかけた方が除菌消臭効果がアップするのでは?錯覚するようであす。

 

ファブリーズによる輪ジミができたときは、油性処理やドライクリーニング処理では落ちません。

 

ファブリーズは水溶性なので、水性処理や水洗いで落とします。

 

     →    

左膝 (シミ抜き前と後)

 

      →   

右膝 (シミ抜き前と後)

 

    →    

前右足 下 (シミ抜き前と後)

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『キレイに落ちてますよ』

 

お客様、『本当だ! 前の当たりがシミがベタベタ付いてたけど、キレイになってます。ありがとうございます。』

 

無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります