京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

2年ほど前から弊社本店をご利用頂いている40歳代前半の男性からのご依頼です。

 

信頼頂き日頃からよくご利用頂いているお客様です。

 

受付スタッフ、『こんにちは、どうされましたか?』

 

お客様、『このシャツ、エリの後に色が付いてしまって、取れるやろうか?』

 

受付スタッフ、『エリ周りに色が付いてますね、何が付きましたか?』

 

お客様、『革のジャケット着てたから、きっとそれが付いたと思うわ!』

 

受付スタッフ、『革の色移りですね、汗もかいておられたんでしょうか?』

 

お客様、『暑かったしね! 汗もかいたわ!』

 

受付スタッフ、『汗で革の色が落ちたんですよ、革の色移りは落とせない場合もありますが、ご了承願えますか?』

 

お客様、『はい、了解です。』

 

受付スタッフ、『できる限りやってみますので』

 

    

綿100%素材です。

 

革は染料の定着性が悪いため、着用摩擦だけでも色移りします。

 

簡単に移染する一方で、移染した染料を落とすのは至難の業です。

 

色素溶出剤の中でも比較的作用の強い薬剤を使うのですが、衣類の色柄まで落ちてしまう恐れがあるため、薬剤の選択に気を遣う事例です。

 

地色を傷めることなく、移染した革の染料のみを落とさなくてはなりません。

 

       →    

エリまわり (シミ抜き前と後)

 

     →   

左肩 (シミ抜き前と後)

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『革の色移り、落ちてますよ』

 

お客様、『ありがとうございます。』

 

受付スタッフ、『以前からよくクリーニングに出されてるシャツですね』

 

お客様、『気に入っててね』

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります