京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

10年以上前から弊社直営店をご利用頂いている50歳代半ばの奥様からのご依頼です。

 

月に2~3回ご利用頂いているお得意様です。

 

受付スタッフ、『こんにちは、』

 

お客様、『こんにちは、毎日寒いです、、、』

 

受付スタッフ、『そうですね、それなのに、セーターのクリーニングですか?』

 

お客様、『そうなんですよ、シミ取って欲しいんですよ、取れるかなあ?』

 

受付スタッフ、『いつ頃、何が付きましたか?』

 

お客様、『何が付いたのか、心当たりが無くて、、、!』

 

受付スタッフ、『シミはいつの間にか知らないうちに付いてますからね、』

 

お客様、『シミ抜きしてくれる?』

 

受付スタッフ、『分かりました。』

 

   

毛50%、アクリル505の混紡素材です。

 

カレーのシミかと思って、油性処理→水性処理→酸化漂白処理と進めてみましたが、全く落ちません。

 

カレーのシミではなく、その他不特定の色素系のシミのようです。

かなり作用のキツイ色素溶出剤を塗りつけて、ヘラでしごきながら敷いたタオルに色素を移動させます。

 

今回はそれ以外では、全くシミを落とす方法が見つかりません。

 

    →   

左 袖口 (シミ抜き前と後)

 

あとわずかなのですが、シミ(黄色い色素)を落とすことができませんでした。

 

深追いは危険、シミ抜きは引き際が肝心です。

 

(仕上がり)

 

後日引き取りに来られ、

 

受付スタッフ、『少しだけシミが残ったんですよ、』

 

お客様、『ほとんど分からないじゃないですか!十分、十分!ありがとう!』

 

受付スタッフ、『それなら良かったです!』

 

お客様、『早速、着るわよ!』

 

 

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 


無料相談フォームは←コチラから

 

遠方から宅配便をご利用の方は←コチラから

 

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります