京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ

クリーニング人生35年
経験と技術を生かしたクリーニング実績事例をはじめ、日々の仕事で気づいた事や、感じた事、個人のちょっとした出来事など、
色々な事を紹介していこうと思います。


テーマ:

弊社直営店がオープンした時からのお得意様からのご依頼です。


50歳代半ばの奥様です。


『これなのやけど、、、この前、他のブラウス、クリーニングしてもらったら、脇の汗ジミ、キレイに取れてたので、これもシミ抜きお願いします。』


受付スタッフ、『クリーニングせずに仕舞われてたんですか?』


お客様、『そうやねん、、、! このところ暖かいし出してみたら、、、』


受付スタッフ、『わずかな黄バミなんで、仕舞うときは、気付かなかったかもしれませんね?』


お客様、『そうやねん、、、! こんな人が、絶対沢山いると思うわ、、、! ちゃんとしなあかんね!』


受付スタッフ、『夏物衣類の汗ジミのシミ抜き、結構多いですよ、』」


お客様、『やっぱり!』


受付スタッフ、『汗が黄ばんできてるんで、漂白処理が必要かもしれませんよ、よろしいですか?』


お客様、『お願いします。』


  

麻60%、綿40%の混紡素材です。


いずれの素材も吸湿性のある素材のため、黄バミの漂白処理は結構手間を要します。


吸湿性がある素材かどうかは、シミ抜きにようする手間や、かかる時間のバロメーターとなります。


今回のように、吸湿性のある素材が使われていると、汗の成分が繊維の奥深くに浸透しているために、漂白処理をしただけで簡単に落ちるものではありません。


漂白剤を付けては乾かし、また、付けては乾かし、こんな事を、3~5回程度繰り返します。


あるいは、半日~一昼夜、浸け置いて漂白処理をします。

朝出して夕方お渡しのクイックサービスや生産効率を優先するとどうしても、ここまでの処理をする事なく、お客様にお返しするクリーニング店が多いようです。


しかし、クイックサービスよりも、クリーニング料金の安さよりも優先すべき顧客満足サービスは、キレにシミ汚れを落とすことではないでしょうか、


   →  

左脇 (シミ抜き前と後)

   →  

右脇 (シミ抜き前と後)


※着用から数ヶ月しか経ってないので、極単に黄ばんでる状態ではありませんでした。
そのため、写真では、ハッキリした違いが表せませんでした。


(仕上がり)


後日引き取りに来られ、


受付スタッフ、『キレイになってますよ、』


お客様、『ありがとう』


受付スタッフ、『暖冬なんで、夏物のブラスの上に、ダウンジャケットでも着れば十分ですね、』


お客様、『そうなのよ、、、セーター着る必要ないわね、、、』

ランキング参加中です

クリックよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


★家庭洗濯に役立つお洗濯グッズ★

正絹着物の丸洗いと特殊シミ抜き←コチラから


クリーニング料金は、←コチラから


無料相談フォームは←コチラから


遠方からご利用の方のご利用ガイドは←コチラから

    

氏政クリーニングPC用HP(スマホ対応)は←コチラから


★携帯スマホ用HPは↓コチラから★
  
http://ujimasa.biz/

京都・氏政クリーニングのシミ抜きブログ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

氏政 保一 (シミ抜き実績事例)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります