うじのブログ

うだうだだらだら、鬱患者の日常。そしてホームページ、アフィリエイトの話もちらほら。気が向いたら見てやって下さい。


テーマ:

ブログサボってるなぁ、と思った。

まぁ、以前から思いつきでしか書いてないからあんまり変化無いと言えばそうなのだが。

で、毎月…ちゃんとは書いてなかったけれど、継続してた歩数集計。

HDDの内容が吹っ飛んでデータが無かったのだが、Nintendo 3DSを持ち歩いてた間だけではあるがデータを補完する事に成功した。

で、いつから書けばいいのかと、最新の歩数記事を確認すると、

http://ameblo.jp/uji3/entry-12069149980.html

で2015年7月までしか書いてなかった模様。

というわけで、一々記事を書くのもアレなのでまとめて。

2015年8月:67,600歩、2,186歩/日

2015年9月:57,333歩、1,911.1歩/日

2015年10月:72,966歩、2,353.7歩/日

2015年11月:55,553歩、1,851.8歩/日

2015年12月:75,069歩、2,421.6歩/日

2016年1月:66,828歩、2,220.3歩/日

2016年2月:54,360歩、1,874.5歩/日

2016年3月:82,556歩、2,663.1歩/日

2016年4月:57,284歩、1,909.5歩/日

2016年5月:59,999歩、1,935.5歩/日

2016年6月:46,623歩、1,554.1歩/日

2016年7月:51,162歩、1,650.4歩/日

2016年8月:42,804歩、1,380.8歩/日

2016年9月:68,812歩、2,293.7歩/日

2016年10月:86,246歩、2,782.1歩/日

どんどん尻すぼみに歩数が減っていって、リハビリ始めてから戻しているのが良くわかる。

今は見失った「正しい歩き方」を教えてもらっている。いい感じに歩けるときとあちこち痛む時との間でさまよってます。

痛みの原因が取り除ければ健脚に戻る予定だけれど、なんか難しそうな今日この頃。

痛みながらでも歩ければ(歩いて良ければ)痛み止め使いつつでも歩きたいものだが。

今日はリハビリをサボってしまった。

気分障害ゆえでは無い所がお前本当に鬱なのかと。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

母の介護関係で車椅子と電動ベッド、ベッド柵、床ずれ防止マット、などをレンタルで利用してる。

介護制度のおかげで、レンタル料金の一割負担で済ませられて大変助かっている。

ここまでは事実で、有難い話だ。

だが、介護保険の場合は入院の際などは対象外になるので、歩行補助器具などは入院中のリハビリでレンタルの物を使えないというジレンマがあり、短気な私は所詮数万円のことと手押し車を購入に踏み切った。

ここまでもまだいい。

母が退院して紆余曲折の末、ほぼ寝たきりになった頃、床ずれを起こしそうだという事になって急遽床ずれ防止マットという物が導入された。レンタルで月額600円也。我が家にとっては大した額ではない。これもまぁ良し。

で、その時に型番がわかったので思い立って調べてみた。価格は6万円ぐらいだった。自己負担が600円、介護保険で1割負担。と言うことは、業者は一年を待たずして元を取る。

ちょっと「えええええ」と思う。

スカパーのチューナーレンタルとか、ADSLサービスのモデムとか、レンタル費用*使用年数<定価で譲渡されてきた過去があるので、不信感が…。

だがまあ、それも特殊例(サービスに必須の機器を本業サービスを受ける前提の破格の待遇)だから仕方ない。

で、その次は車椅子。今のところレンタルしているが、レンタル業者を無駄に儲けさせたくない…将来の入退院とか要介護度が下がった後の非常時とかの事を考えて購入を検討開始。

ここで「むむむ」。

購入には介護保険の適用がなされない。制度として、介護が必要な人をその介護状態に対して一時的にサポートします。使い回しが出来ないものについては仕方ないから補助してあげる。そういう立て付けになっている。

まぁ、一瞬だけ要介護の状態になった人に車椅子の価格の9割補助して、介護が必要無くなってもその人の財産になるのは制度としてどうかとは思う。

でも、世の中には減価償却とかいう考え方もあるだろうと思うし、何よりレンタル事業者ぼろもうけ構造が気に入らない(←やっぱりそこかw)。

そこで、「ならば名前だけ事業者になって」とか調べて見たら、一定の面積とかプライバシー保護のためのブースだとか衛生管理施設だとかごちゃごちゃと必要とか。

くう、持たざる者にはやはり無理なのか。でも、場所さえあれば消毒とかは外注でも良く、法人格としては制限は緩く、専門相談員を必要人数置けば(常勤管理者と兼務OK)良いので、何とか福祉士の類(看護師、技師装具士とか色々)の資格保有者が必要数確保できれば(これが最大の難関だろう)福祉機器レンタル業が始められる。

誰かやってくれないかな。一定期間レンタル満了したら所有権委譲してくれるとか。一年で元取る価格設定で二年で譲渡でいいから。

…という様なことも規制されているのかな。ここは未確認。

ともかく、レンタル業者が当たり前のように新品持ってきて暴利を貪ってという現状にはどことなく納得がいかない。レンタル業者が清潔にリフレッシュした福祉器具を持ってきてたらもう少し抵抗感はないんだろうと思う。サービスが良すぎるのかもしれない。レンタル価格が相場ならば。

結局はサービスの内容に関与せずにケアマネさんに丸投げしている自分がダメだというのがこのお話のオチではある。ぐぬぬぬぬ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

相変わらずよくわかってないままリブログというので続きを書いてみる。

ツイッターでのリツイートから考えると、間違った使い方であろうと思うが。

ともあれ、リハビリは続いている。前提としてパーキンソン病は確定っぽい。

「この症状はパーキンソンじゃなくてアレで改善する」的な話では結局解決せず。

段々事が大事になって来て、この週末にはボバースインフォメーションコースサポートチーム主催の講習会(長い)のお題になるらしい。

理学療法士の中でも後進育成にかかるような偉い人がよってたかって私をいじり回すらしい。いや、よく理解してませんが。

個人的にはどこまでが何の症状で何がどうなっているのかよくわからない印象なのだが、一方で着実にパーキンソン病らしい感じになってきて困っている。

歩くのに関しては、長年の癖とか検査してない部分の異常とか、色々ありそうな感じもしているのだが、右半身として見ると、どんどん不自由感が強くなってきている。

一番…は足だから二番目の問題かな、右手の不自由さは手の震えから段々と、箸使いの怪しさ、小銭の取り扱いの不自由さ、カミソリの持ち方、ひょっとしたらキーボードでのタイプミスの増加に至るまで、どんどん精度が落ちて行っている印象。

これもパーキンソン病という話を聞いていたり薬を出してもらったりしているからあれこれ心当たりと思うが、何も受診していなければ、「うはwww俺の老化早っwww」ぐらいで済ましているかもしれない。(←ねらーかよっ。ねらーだよ、そしてそう振る舞うときの一人称は勿論「俺」なのである)

実際、そういう病気と言われるまではハイヨーシルバー、じゃなくて廃用が(鬱で動かないために)進んでいるのかと思っていたぐらい。

ともあれ、あちこち不自由な感じは続いているだけでなく進んでいる印象で困った物だ。

今日と前回はリハビリといいつつ次回講習会に備えての事情聴取みたいな話で終わった。

前回は「世界が終わるとしたら」とか聞かれたけれど、今回はもう少し具体的で、相変わらず困惑しつつもそれなりに回答。どうにもダメだったらどうしたい、という話ではなく、目の前の課題をもっと明白にするためという色彩がはっきりしていた印象。

(ここで書いてる途中と言うことを忘れて深夜に至る)

しかし、漠然とした話にぽつぽつ答えているうちに調子が出てきて(?)関係あるかどうかわからない話まで色々と話す。

と言う所で今日(もう昨日だ)はおしまい。明後日というか明日と明後日の午前と午後に何とか講習会がある。

ベテラン、強者揃い、講師はダジャレ好き(ここはどうでもいいw)らしいので、その後のリハビリのヒントになってくれればと思う。

でも、ずっと毎週続くとじわじわとしんどくなって来そうな予感>自分の性格あるいは精神的病態として。

と言うわけで今回はここまで。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。