うじのブログ

うだうだだらだら、鬱患者の日常。そしてホームページ、アフィリエイトの話もちらほら。気が向いたら見てやって下さい。


テーマ:

パーキンソン病の疑いアリでその様な薬を処方されていたわけですが、もっと色々な薬を試してみたい、負担が大きくなると困るよね、と診断書書いてもらって特定疾患の申請を行いました。

これで審査が通れば(3ヶ月ぐらいかかるらしい)めでたく(違う)パーキンソン病の仲間入りです。収入が少ない(最低ランクではなかったw)ので医療費の上限が決まる見込み。ありがたい。

という状況で、神経内科を受診した時に足を引きずっていたのが気になったのか、リハビリもやろうということになりました。

で、パーキンソン病患者扱いでリハビリ開始したのですが、初回は研修生がご一緒するとのこと。

まず方針を決めて何か書類を書いて、とその間にも理学療法士さん(以下PTさん:Physical Therapistで、そう略されるらしい)が研修さんに「小字症とか出たりするから文字もちゃんと見て」などと説明があったり、こっちへの話なのか研修さんへの話なのかわかりにくくて微妙に困惑しつつも和やかにあれこれ動いたりいじり回されたり動かされたり。

その最初。まず座ってみて下さい、立ってみて下さい、座って下さい。

言われるとおりにする。これはスムーズに出来る。PTさんが研修さんに「今の見てどう思う?」研修さんがパーキンソン関連だとどうたらこうたらと思いつく事を述べる。

そこでPTさんすかさず「パーキンソン病の人がこんなにスムーズに動けるか?」

えええええええ、違うんですかぁ?

まぁ、そういう心の声は置いといて研修込みであれこれやって、ちょっと普通に歩く感じに近づいたかなと思いつつリハビリ時間終了。

で、預けていた荷物を持って歩くといきなりギクシャク元通りw

その後、神経内科を受診したときに「PTさんからパーキンソンには見えないと言われてます」と言われる。

でも、これまでの経緯として整形外科的には問題なしと言う所から神経内科に来たわけだし、どうなのだろう。整形に差し戻しとかあるのだろうか、などと思いつつ。

ともあれ、手の震えであるとか色々あるので、当面は薬を継続しつつリハビリも継続。

個人的な希望としては確定診断が出来るまではパーキンソン扱いで医療費を抑えつつ、リハビリで「ここが悪い」と整形外科に差し戻されて治療に成功して、手の震えとかも何か上手く治療されて健康になれるのが理想だけれど、現実はもやもやと何もわからないまま悪化していく一方なんだろうなぁ、という気がする。

最近は確実に悪くなっている感じが強い。リハビリしても負荷がかかったら一気に元通りだし。

話は逸れるが、難病患者の会とかどういう流れで入会(?)するのか全く知らなかったと言うか興味も無かったが、区役所で特定疾患申請したときに保健福祉士さんかなにかと「こういう支援があります」的な話をして、そこで患者会とか講演会とかの案内をもらった。

そういう流れで難病患者の会みたいなのに入っていくんだなぁ、と納得。

当面はリハビリの方で「違うんじゃ無いの」と言われているので距離を置くことにしますがw

 

リブログ機能というのを試してみました。トラックバックというのとはどう違うのだろうとか思いつつ。トラックバックも一度も使ったことないので全然理解してませんが。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

しばらく前に話題になったらしい。難しすぎると。

だが、そうじゃない。わけがわからないというのがわたしの感想。

比較的最近、みんなの歌で再放送(というのかな?懐かしい曲枠)があった。

放送されるのは2コーラスで、昔々録音したものを何度か聞いたが理解できなかったので集中して聞いてみたが挫折。

先日、長兄が帰省してきたので、その折に「題名のない音楽会」の未見放置を並んで見てたら、リズム歌謡なるテーマの回があって、思い出して本格的に確認してみた。

3番まであるらしいけれど、3番はみんなの歌で流れないから無視する。歌詞を見ても意味がわからないどころかWikipedia見てもわからない。(作図の問題だが解が示されていない)

ともあれ、検討を開始する。

1コーラス目。これは楽勝。問題を引用すると、

「るーとにぷらすいちぶんのにぷらするーとのに」を解けとの話。

(2+√(2))/(√(2)+1)

であろうと容易に理解できて、算数チャチャチャに頼らずとも約分するだけの話。楽勝。

ひょっとすると

2+√(2)/√(2+1)、とか、√(2)+(2+√(2))/1

と勘違いするかも知れないけれど、整数の足し算が整理されていないとか1で割る分数の形とかあり得ないから、まぁ問題無く問題の趣旨は伝わると言っていい。

問題の問題は2コーラス目。先に題意と解を書くと

sin(θ)=√(3)*cos(θ)の時、cos(θ)を求めよ。解はcos(θ)=0.5

なのだが、歌詞を聴いても題意がつかめない。θは「しーた」と読むぐらいは知っている前提は許そう。

問題部分の歌詞は

「さいんしーたがこさいんのるーとのさんばい」

これだけ。

これで

sin(θ)=√(3)*cos(θ)

が頭に浮かぶ人は少ないだろう。

私の場合はこんな感じ

さいんしーたが(sin(θ)=?)こさいんの(sin(θ)=cos)ルートの(sin(θ)=cos(√(....?)さんばい(パニック)。

sin(θ)=cos(√(3))なのかと思ったら最後に「倍」がついて、三倍、いや、√(3)倍であることに気付けない。

sin(θ)を「さいんしーた」と読んでcos(θ)を「こさいん」で片付けるのは曲の制約があるにしても酷い。まぁ、式は書けたとしよう。

で、何を求めるのかがわからない。この場合はθを求めるぐらいしか思い付かないけれど・・・。

解法も付いていけない。

「さいんをわることこさいんは、たんじぇんとのことさ」

ふむふむ、両辺をcos(θ)で割って

tan(θ)=√(3)

としたわけだな。ここでtan(θ)にする意味がピンとくる人なら続きもスラッと聴けるのかも知れないが、

「にへんがいちたいるーとさん、しゃへんがにとなるね」

式変形の頭で居たところにいきなり「にへん」とか「しゃへん」とかの言葉が入ってきてパニックになる。幾何的に解こうと言うことらしい。

tan(θ)=√(3)で二辺が1:√(3)は、まあその通りだが、いきなり三角形が頭に浮かばないと困る。パッと「あの形」が出てくれば1:2:√(3)と言っていることがわかるのかも知れないが、これは三角定規の長い方の辺の長さの比を覚えているのが必須なのだろうか。

普通に直角三角形の斜辺がどういう長さになるかと問われると一般的にはa^2+b^2=c^2から導くことになるが、とてもそんなヒマは無い。√(1+(√3)^2)=√(4)=2で簡単ではあるけれど、「たんじぇんとのことさ」から八拍しかないのでその間で斜辺を求めると言われもせずに演算を完了するのはとてもじゃないが無理。

そこまで頑張ったとして、続くのは

「さいんはにぶんのるーとのさんでこさいんれいてんご」

と一気に結論まで突っ走られてとてもじゃないが付いていけない。

意味わかります?

sin(θ)=√(3)/2でcos(θ)=0.5と読みます。

いや、無理。

聞き取ってこの式に変換できれば超能力者だと思う。θとかすでに消えてなくなってるし。

sin(θ)=√(3)/2になる理由が説明されていない。自明なのか? やっぱりよくわからない。

斜辺を1とした時にy=sin(θ)でx=cos(θ)だから、斜辺を1に正規化みたいなことをしてやれば良いというのは理解できるが、説明がなくていきなり各辺を1/2するのはどうなのかと。

まぁ、「しゃへんがにとなるね」でピンと来ている人は行けるのだろうが。

そして末尾の部分「こさいんれいてんご」が結論であるとわかるのだろうか。

普通にこの部分だけ取り出して聞けば

cos(0.5)

となり、「え?」で終わる。

みんなの歌放映バージョンでは、「こさいんれいてんご~」とリフレインされて終わる。

意味がわからない。画面を見ていればわかったのかも知れないが、聞いただけでは

cos(0.5)が何やねん

となる。

実は

cos(θ)=0.5

でしたと言われても納得できない。

ここまで書いてやっとわかった。「こさいんれいてんご~」の繰り返しに惑わされたが、実は結論は、

sin(θ)=√(3)/2 であり、また cos(θ)=1/2 である

であると。

と言うわけで、ネット上で話題になったらしい「問題の難しさ」とは別次元の、聞き取ってどうくみ取って何を求めるのかが非常に難しいのがこの「算数チャチャチャ」の問題なのである。

激しく疲れたが解けたので良しとする。

ちなみに、3番は「θプラスの2分のπ、そのコサインをかけ」という問題で「コサインθのグラフが10マイナス1、θプラスの2分のπ、2分のπずれる、0マイナス10プラス1で」という流れで「θと平行さ」が結論らしい。全然意味がわからない。歌詞を引っ張ってきたサイトの表記の問題で、10が「いちぜろ」なのか「じゅう」なのかがわからないが、Wikipedia見てると(これも何か変w)「いち」「れい(またはゼロ)」みたいな感じ。

Wikipediaでの解答でもグラフの図示はなく、θと平行の意味は不明なまま。一応、y=cos(θ)をθ方向に-π/2平行移動したものとなるとの記述はあるが、「θと平行さ」という歌詞の結論とは印象がまるで違う。

検索してみてもサインカーブ(コサインだから位相が違うが)が二本ずれて描かれているものぐらいしか出て来ない。

例によって「θと平行さ」をcos(θ)を平行移動したものさ、と読むのかもしれないが、それってそもそも問題にするレベルではなく自明だと思うのだが。

#作図問題としては、どっちにπ/2ずれてるか、サインカーブが正しく描けているか、という意味はありそうだとは付け加えておく。

と言うわけで、聞いたことのない3番は(私には)全く意味不明としてこれにてお終いっ。

例によって勢いで書いているので色々抜けがありそう。

あ、思い出した。

sin(θ)=√(3)*cos(θ)は、普通に(?)解けばtan(θ)とか経由せずに二乗して(sin(θ))^2+(cos(θ))^2=1を使うと思う。まぁ、それを幾何学的にチャチャチャっと解くから算数チャチャチャなのだろうけれど。

二乗するパターンだと(sin(θ))^2=3(cos(θ))^2、1-(cos(θ))^2=3(cos(θ)^2)、1=4(cos(θ)^2)、1/4=(cos(θ))^2、cos(θ)=±1/2、とこれでも暗算レベル。算数チャチャチャ方式では落とされている±もちゃんと意識できる。あ、sin(θ)も求めるのだっけ。暗算で、えーと、sin(θ)=±√(3)/2だ。おお、合ってるw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

母が要介護4でほぼ寝たきりだ。

私が過ごしている居間と続きの寝室でカーテン一枚隔てて過ごしている。

ヘルパーさんがせっせと通ってきてくれて朝晩の食事の世話から下の世話までやってくれている。

私は、週の内、2-3日だけ用意された昼食を温めて出す程度の世話をするだけで済んでいる。有難いことだ。

で、何が不満なのかと言われると、やっぱり数え上げたらキリが無いのである。

キリが無いのにここに書くのは特に困惑する事態が発生したから。

先に書いたとおり、母はほぼ寝たきりなのだが、絶望的というわけでも無い。少なくとも私はそう思っている。

で、リハビリが行われているのだが、その一環だかで、食事の時にベッドから椅子に移乗して食事をするという方針になっているらしい。

ここまでは良いのだが、その時にこっち側でテレビ見てると「テレビ見ましょうか」とカーテンを開けやがるのですよ。

母がそれなりに興味を持っている、相撲中継をやっている時はそれでも良かったのだけれど、今は暗いニュースばかり。そもそも興味の無いテレビを見ながら食事をすると言うのは行儀が悪いのでは無かろうか。個人的にはそう思う。テレビは悪だと思っているし。

まぁ、ここまでも良いとしよう。家族でテレビを見ながら食事をするという風景で育った人達ならば仕方ないのかも知れない。

そして今日。見たい番組が特になくスマホでぽちぽちと遊んでおりました。ヘルパーさんが来て夕食の用意がカーテンの向こうで進められている。

ヘルパーさん帰るまでは鍵掛けて出かけることも出来ないのでスマホぽちぽち。そしてその時は来た。

「カーテン開けましょうか、息子さんも居ますよ、お話しできますよ」

えええええええええ。

お話など出来ないのだ。特に話すことなど無いし、必要があれば既にしているし、他人がうろうろしている環境で出来る話など全く無い。

慌ててスマホを置いて、そして黙って膝を抱えて過ごす。辛い。

こんな体たらくの息子の姿を母に見せつけるのも辛いし、母がもそもそと食事をする姿を見るのも辛いし、多分不自由に食事をしている姿を母も見つめられたくも無いだろう。

何でこうなった。

そもそも母に椅子に移乗して食事してもらうというのは、立つ歩く座るのリハビリの一環だと思う(でなければ無意味なことにしか思えない)のだが、なぜかヘルパーさんが「行きますよ、よいしょっ」で移動させてる(みたいだ)し。

というわけで、母が食事を終えるのを待って、現実逃避がてらこれを書いている次第。

何とかカーテンは閉めてくれてやれやれ。

今日は特にストレスだったが、これが自分の性格によるものなのか障害によるものなのかは謎。

ともあれ、こんな感じの、もう少しマシなレベルのストレスにまみれて生きております。

まぁ、生きて行くにはストレスも必要とかなんとか言う話もあったし、ぼちぼち生きていこう。

さて、自分の夕食だ。出かけてくる。ノシ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。