民主党の小沢一郎幹事長は2日午前、国会内で開かれた臨時の党常任役員会で、鳩山由紀夫首相の辞意表明について「鳩山首相は政権の先頭に立ってご苦労いただき、頑張っていただいた。胸中察するところがあり、熟慮の上での判断だろう。敬意を表しつつ、その気持ちをくんで参院選勝利をめざして頑張っていく」と述べた。

 また自身の進退について「私自身も首相と同じように辞任した。内閣も役員も総辞職だ」と語った。

【関連記事】
テレビ各局が退陣表明を中継
総理辞任後の街の声、「仕分けは評価」「借金残した」「交代も無意味」…
口蹄疫被害農家、首相に怒り「昨日の言葉は何だったのか」
鳩山政権を振り返って、「未知との遭遇」だった8カ月
兄の辞任に邦夫氏「こんなみじめな…耐えられない」
「はやぶさ」帰還へ

口蹄疫の侵入許さぬ 東北の畜産関係者、対策着々と(河北新報)
裁判長「団体の主義主張の場ではない!」…SSのPRに異例の牽制 SS元船長第3回公判(産経新聞)
謎の古代動物は原始イカ類=5億年前の新化石分析―カナダ(時事通信)
首相、究極の“二枚舌” 「辺野古」明記せず 普天間移設政府方針(産経新聞)
<たちあがれ日本>中川氏、参院比例代表で出馬へ(毎日新聞)
AD