第4回大江健三郎賞(講談社主催)は6日、作家、中村文則さん(32)の小説「掏摸(スリ)」(河出書房新社)に決まった。中村さんは愛知県東海市出身。平成14年「銃」で新潮新人賞を受賞してデビュー。16年に「遮光」で野間文芸新人賞、17年に「土の中の子供」で芥川賞をそれぞれ受賞している。

【関連記事】
悪に恐怖し快楽に溺れる『掏摸(スリ)』中村文則著
“ハルキ・イヤー”にあえて「1Q84」を除くと…
【書評】『何もかも憂鬱(ゆううつ)な夜に』中村文則著
芥川賞・直木賞 選考過程、講評を紹介
直木賞に佐々木譲さん、白石一文さん
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<地震>北海道・小樽などで震度3=午前10時3分(毎日新聞)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
<患者骨折>元看護師を再逮捕…別の女性への容疑 兵庫県警(毎日新聞)
【探訪 企業ミュージアム】サクラクレパス サクラアートミュージアム(産経新聞)
水俣病、2人を患者認定=新潟市(時事通信)
AD