茨城県内で2003年4月に女性が乱暴された事件で、現場に残された遺留物のDNA型が一致したとして、公訴時効2日前に強姦(ごうかん)罪などで起訴された建築解体業富田和広被告(43)=同県小美玉市=について、水戸地検が別の二つの強姦事件で追起訴したことが22日、分かった。うち1件は、既に起訴された事件と同様、22日午前0時の時効2日前に公判請求された。
 捜査関係者によると、新たに起訴されたのは、03年4月22日と04年3月15日に県内で女性が乱暴された事件。いずれも同被告と現場のDNA型が一致、関与したことを認めているという。03年の事件は時効直前だった。県警は県内で起きたほかの暴行事件についても、かかわっている可能性があるとみて慎重に捜査している。 

【関連ニュース】
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴

気多神社の神社本庁離脱の規則変更認める 最高裁(産経新聞)
名古屋市の違法行為認定=税減免措置で最高裁(時事通信)
シバザクラ、まるでピンクのじゅうたん(読売新聞)
<火山噴火>日航、全日空が欧州便再開 旅行客らで成田混雑(毎日新聞)
事業仕分け「落ち着いて臨む」=経産次官(時事通信)
AD