日本精神神経学会など、うつ病の診療・研究にかかわる関連4学会は22日、広島市で会見し、「対うつ病10カ年計画」の策定など国家レベルでの対策を求める共同宣言を発表した。年間3万人を超える自殺者の背景に大きく関与するうつ病を「がんに次ぐ重大な社会的損失をもたらす疾病」と位置付け、治療と研究、啓発に緊急に取り組むよう求めている。うつ病問題で医療を担う学会側が公式見解をまとめたのは初めて。

 他の3学会は、日本生物学的精神医学会、日本うつ病学会、日本心身医学会。同日まで広島市で開かれた日本精神神経学会の総会後、発表した。

 共同宣言は、うつ病を含む精神疾患で働き盛りの貴重な人材を失う結果になっていることを重視。うつ病をがん、心臓病と並ぶ「3大疾患」と位置づけ、「国民病」として啓発活動に力を入れるよう求めた。

 そのうえで、専門的治療と臨床研究を進める「うつ病センター」の設置や、診療報酬体系の見直しによる人的資源の充実などを図るよう提言。産業精神衛生の専門家の育成や、若年層からの対策として児童精神科医の養成にも力を入れることも盛り込んだ。数万人規模を対象とした大規模なプロジェクト研究などを「10カ年計画」として国家レベルで取り組む必要性を強調した。

 学会は、共同宣言の関係省庁への提出を検討している。日本生物学的精神医学会の武田雅俊理事長は「うつ病の専門家がレベルを上げるのはもちろん、世に広く知ってもらい、政策を動かしたい」と話した。【井上梢】

【関連ニュース】
うつ病:対策「国レベルで」 4学会が共同宣言、10カ年計画策定など
うつ病支援:全国の人とメールで「対話」 21日から富山のNPO /富山
究・求・救・Q:自殺450人、前年比43人増--県警09年まとめ /岡山
香山リカのココロの万華鏡:心の病はタブーか /東京
警察庁の自殺統計

建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
東北・GW旅客 三セク鉄道増加 高速バスは減少(河北新報)
知事公用車センチュリー、214万円でネット落札(読売新聞)
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート(時事通信)
<強盗>ドラッグストアに刃物持った男、44万円奪う 埼玉(毎日新聞)
AD