大鵬薬品工業は4月22日、がんの化学療法に伴う悪心(吐き気など)・嘔吐の予防に用いる5-HT3(セロトニン)受容体拮抗型制吐剤「アロキシ静注」を新発売した。同社によると、がんの化学療法に伴う悪心・嘔吐は、抗がん剤を投与した後、24時間以内に発現する「急性」と、24-120時間後に発現する「遅発性」があり、同剤は国内に有効な治療薬が少なかった遅発性への有効性も確認されている。

 大鵬薬品によると、体循環によって抗がん剤が小腸に到達すると、小腸は抗がん剤を生体にとって危険な物質ととらえ、神経伝達物質であるセロトニンを排出。このセロトニンが自律神経の終末を刺激して、中枢にある化学受容器引き金帯(CTZ)に情報を伝達した後、CTZが悪心中枢にその情報を伝えることで吐き気が生じる。同剤は自律神経の終末にある5-HT3受容体に拮抗することで、CTZへの刺激伝達を遮断し、悪心・嘔吐を予防する。
 また、同剤は既存の5-HT3受容体拮抗型制吐剤と比べ、血中消失半減期が約40時間と非常に長いため、遅発性悪心・嘔吐にも有効だという。

 アロキシは、2004年1月に大鵬薬品がスイスのヘルシン社と締結したライセンス契約に基づき、国内で開発し、今年1月に製造販売承認を取得。既に世界63か国で承認されており、09年の全世界の売上高は約360億円。日本でのピーク時(17年度)売上高は60億円を見込んでいる。


【関連記事】
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
バイエルの抗がん剤の製造販売承認を承継―ジェンザイム・ジャパン
抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ
抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬
アステラス、がん領域強化で米社にTOB

ドウシシャ、9000万円所得隠し=「子会社への寄付」と指摘-大阪国税局(時事通信)
雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
病気から命救ってくれた日本にありがとう=感謝込め日中友好サイトを開設―中国
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)
<出資法違反容疑>いづみや総本社元社長逮捕 愛知県警(毎日新聞)
AD