自民党の谷垣禎一総裁は31日の党首討論で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに解決できなかった場合、「日米間の信頼も決定的に損なわれる。そのときは首相は退陣しなければならない。退陣しなければ信を問わなければならない」と述べ、内閣総辞職か衆院の解散・総選挙を求めた。

【関連記事】
鳩山首相、普天間移設「最終的に5月末までに…」
社民、国民新両党がホワイトビーチ沖案に反対 普天間移設問題
普天間移設で首相、政府案の月内一本化は困難との認識
普天間問題 岡田外相「ゼロベースで検討中」
「ヘリ部隊2カ所程度に分散を」普天間移設で防衛相
あれから、15年 地下鉄サリン事件

神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討(産経新聞)
御茶ノ水のカザルスホール、最後のコンサート(読売新聞)
「自立、自律、自浄」を-国立がん研究センター・嘉山新理事長(医療介護CBニュース)
中井氏、週刊新潮に反論「路上でキスは1回もない」(スポーツ報知)
元社保庁職員に逆転無罪=共産党機関紙配布-東京高裁(時事通信)
AD