廃棄物の冷蔵庫を無許可で輸出しようとしたとして、大阪府警生活環境課などは17日、廃棄物処理法違反(無確認輸出未遂)の疑いで、大阪府八尾市の中古家電輸出会社「祝氏貿易」社長で中国籍、祝洪波(41)被告=同法違反罪で起訴=ら2人を再逮捕した。

 廃棄物の不正輸出を防ぐ目的で平成17年に新設された無確認輸出未遂罪で業者が摘発されるのは全国初。府警によると、祝容疑者は「冷蔵庫を輸出できないことを知らなかった」などと供述しているという。

 再逮捕容疑は昨年10月14日、環境大臣の許可を受けずに、回収業者から1台約500円で引き取った中古冷蔵庫計45台をミャンマーに輸出しようとしたとしている。

 同社をめぐっては環境省が今年3月、指導に従わず伝票を操作するなど悪質として、無確認輸出未遂の罪で府警に告発していた。

【関連記事】
初の輸出未遂罪、業者を捜索 中古冷蔵庫で利ざや目的
「産廃タイルは研磨剤に」 無許可委託、告発された弁護士と業者主張
社福法人がガラス片2500トン不法投棄、姫路市役所など捜索
犬遺棄「もうからないので捨てた」 埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ
ほど遠い「まごころ奉仕」経営 ペット死骸放棄に顧客、住民は動揺
中国が優等生路線に?

揺らぎ続ける首相 質問無視、メディア対応異変(産経新聞)
障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず-郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
【WEB人】著作権に精通する弁護士 福井健策さん(44)(産経新聞)
AD