■寝て食べて大きくなる赤ちゃん

 「赤ちゃん」はなぜよく寝るのだろう? ヒントは動物界にあった。体が小さいハツカネズミは大きなゾウよりも何倍も眠り、食物は18倍も食べる(体重比)のだという。小さい動物の細胞ほどエネルギーが必要だからだ。赤ちゃんも同じ。体をどんどん大きくするため、よく寝てよく食べる…。「生物学」から見た“赤ちゃんの不思議”を紹介する。

                   ◇

 赤ちゃんって、しょっちゅう寝ていますね。生後数カ月の赤ちゃんなら、1日の3分の2は眠っています。なんであんなに寝ているのでしょう?

 突然動物の話になりますが、ハツカネズミは13時間も眠ります。ゾウは3~4時間しか眠りません。小さなものほどよく眠る傾向がみられます。

 こんな傾向が生じるのには、動物がどれだけエネルギーを使って生きているかが関係していると私は考えています。

 体は細胞からできており、細胞はエネルギーを必要とします。そのエネルギーを動物は食物から得ています。だから食べなければエネルギー不足になり、死ぬのです。

 細胞は大きい動物のものでも小さい動物のものでも、見かけもサイズもそれほど変わりはありません。

 ところがエネルギー使用量は大違いで、小さい動物の細胞ほど大量に使うのです。

 だから、小さいものは体の割にはたくさん食べねばなりません。例えば、ハツカネズミは(体重当たりで比べると)ゾウの18倍も食べます。細胞がそれだけエネルギーを必要とするからです。子供は小さいけれど、よく食べますよね。「痩(や)せの大食い」もよく知られたことです。

 エネルギーを使うとは、仕事をしているということです。

 体の小さな動物の細胞は、より多くの仕事をしている、つまり活発に働いているのです。そして、そういうものほど長く眠るのです。よく働けばよく眠るわけです(ちなみに運動選手の睡眠時間は長いと聞いたことがあります)。

 赤ちゃんの細胞は、母親の4倍ものエネルギーを使っています。極めて活発に仕事をしているのですね。

 赤ちゃんの仕事とは、体をどんどん作って大きく育っていくこと。この、ものすごく大切な仕事を懸命に行っているのが赤ちゃんなのです。

 だからこそ、よく眠る必要があるのでしょう。「寝る子は育つ」のです。

 協力「NPO法人日本子守唄協会」

                   ◇

【プロフィル】本川達雄

 もとかわ・たつお 東京工業大学大学院生命理工学研究科教授。専門は生物学。昭和23(1948)年、宮城県出身。東京大学理学部生物学科(動物学)卒。著書に『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書)、『「長生き」が地球を滅ぼす』『世界平和はナマコとともに』(いずれも阪急コミュニケーションズ)など。

普天間で日米実務者協議=「桟橋方式」など調整(時事通信)
桟橋方式に否定的=国民新・亀井代表(時事通信)
ナトリウム加圧ガスが低温=もんじゅで警報、試験に影響なし(時事通信)
台所に男性遺体 殺人容疑で捜査(産経新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
AD