1995年に起きた国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件が先月30日に時効を迎えたのを受け、警視庁公安部は9日までに、捜査の検証を始めた。
 警察トップを狙った前例のないテロをめぐり、オウム真理教の組織的犯行とみて15年にわたり捜査を継続したが、実行役を特定できないまま終結。問題点を洗い出し、今後の捜査に生かす考えだ。
 捜査関係者によると、公安部の幹部数人が中心となり、初動捜査からの関係書類を精査。捜査員からの聞き取りも検討するもようだ。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
警察庁長官「初動高度化を」=刑事部長会議で足利事件に触れ
「法的措置を検討」=警視庁発表にアレフ
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

「国境なき東大生に」=入学式で浜田学長(時事通信)
民主・輿石氏、「公約には優先順位つけたい」(産経新聞)
新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ(産経新聞)
台風の目「第3極」…政権与党を利するケースも(読売新聞)
<通天閣ロボ>東京タワーに現る(毎日新聞)
AD