Instagram



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年12月03日 16時27分02秒

メーカーの矛盾点を探ろう❢

テーマ:読んでも意味ないブログ

今日は、比較的落ち着いた土曜日ビックリマーク

 

そんな事を言っていると昼からラッシュになることが多いので今のうちにブログを書いておきますメモ

 

さて、今日の内容は読んでも意味ないブログパンチ!となればダラダラ長いブログになるので気合い入れて読んで下さいねラブラブ

 

メーカー(トヨタ)さんの足廻りに関する矛盾点を書いてみようと思いますメモ

 

image

先日、ワゴンGLの2インチダウン車のトーションバーを交換した時の画像なのですが、純正トーションバー26510!!

 

この26510トーションバーの太さが24.2Φ

 

で、4型S-GL2WD(2.0Lガソリン車)の純正トーションバー26520の太さが24.5Φなんです手

 

まぁこれだけでは、バン(SーGL)の方が0.3mm太いだけでしか無いのですが、車両重量を見てみましょう目

 

4型S-GL(2.0L)の車両重量が1770kg(2880kg)

ワゴンGL(2WD)        が1970kg(2520kg)※()内は総重量

 

 

と、そりゃ車両の総重量で見てしまうとナローの4型ガソリンS-GLの方が重いですが、車両重量で見ればワゴンGL(2WD)の方が200kgも重いんですよねぇ~汗

 

なのにトーションバーは0.3Φ細いえーん

 

何か変だと思いませんか!?

 

で、4型ナローS-GL2WDのディーゼルを見てみると目

 

車両重量が1920kgで総重量が3030kg爆弾

 

純正トーションバー26540太さが25.6Φとなってますレンチ

 

ガソリン車とディーゼル車とだけ比較しても1.1Φ太くなっておりますぶちゅー

 

4型S-GL(2.0L)の車両重量が1770kg(2880kg)

4型S-GL(3.0L)2WD     が1920kg(3030kg)

ワゴンGL(2WD)        が1970kg(2520kg)※()内は総重量

 

車両重量だけで見ても4型S-GLディーゼル2WDとワゴンGLの重さは、ほとんど同じなんですビックリマークそれでもワゴンGLの方がワイドな分だけ50kg重いんですけどね爆弾

 

それなのにワイド・ワゴンGLトーションバーが一番細いえーん

 

数字だけ書いていても意味不明なので表のように書いてみました!少しは分かりやすくなるかなはてなマーク

 

4型S-GL(2.0L)の車両重量が1770kg 26520 24.5Φ

4型S-GL(3.0L)2WD     が1920kg 26540 25.6Φ

ワゴンGL(2WD)        が1970kg 26510 24.2Φ

 

確かに、好みはありますから、細い方が衝撃自体は柔らかくなりますが、重さとの関係を見ると変な感じしません!?

 

乗り味を硬くせずに柔らかくしたい意図があるのかも知れませんが、それならそれで純正ショックの減衰力ももう少し強くないと上下運動が止まらないえーんえーんえーん

 

減衰力が足りてないあせる

 

こうなってくるとローダウンするのであればワゴンGL(2WD)は若干のローダウンでもトーションバーを交換した方が良いと個人的には思いますね汗

 

話は少し変わります

 

今度は4WDを見てみましょう目

 

4型S-GL(3.0L)4WDの車両重量が2030kg(3140kg)

ワゴンGL(4WD)           が2080kg(2630kg)

※()内は総重量

 

と車両重量が50kgと2WDとほとんど差が無いのに4WDの場合はワゴンGLの純正トーションバーの方が太い設定なんですえーん

 

ワゴンGL(4WD) 26560 24.1Φ

S-GL(4WD)    26550 23.7Φ

 

って感じであせる2WDと逆あせるあせる

 

なぜ2WDと4WDで考え方が全く違うんだろう!?

 

ワゴンだからトーションバーを細くしてフワフワした感じの乗り味にトヨタさんがしたのかなと思いたかったんですけど、4WDを見ると逆なんだもんにやり

 

わからない汗

 

矛盾してると思いませんかはてなマークガーン

 

この事を書きたかっただけグラサン

 

前回の大阪店での作業でリムさんのハイパートーションバー(27.5Φ)からリムさんの強化トーションバー(26.0Φ)に交換したブログを書きましたが、足廻りは好みもありますが、最後は絶対にバランスです!!

 

過度に太いトーションバーを入れたのであればショックの減衰力も大きくしてあげないと揺れは止めることが出来ないんです手過度に太いね!!コレ大事

 

だから、当社は減衰力調整付きのショックをオススメしているのですウシシ

 

同じ車同じ足廻りにしても積載量によってハイエースは全く違う車に変化しますから、減衰力固定式のショック(純正など)では、対応しきれないのです汗汗

 

減衰力調整付きのショックは、高価とは思いますが貴方に全く合わないショックである可能性の方が高いと思います!!!!5

 

ショックで悩んでいる方は一度ご相談下さいまし電話

 

おぉっとトーションバーの話が、ショックの話になってきてしまいましたねゲラゲラ

 

トーションバーでお悩みの方は、純正トーションバーを使用する事も有力だと思いますぱちぱち

 

例えばワゴンGLを少しだけ乗り味をしっかりさせたい方などは26530とか26540はオススメかもアップアップアップ


ただ、純正トーションバーは6万円ほどしますので、オークションなどで入手できれば良いかもぶちゅー

 

2WDのワゴンGLでショックがすでに入っていて少しだけローダウン(2~3センチほど)されたお車であれば、ワイドにも当社の2WD用強化トーションバーも良いですけどねぇ~クラッカー

 

少しだけ営業しておきますわラブラブ

 

商売にならないようなブログばかり書いていると部長に怒られますからねぇ~叫び

 

ローダウンされたお車でショックやスタビライザーなど交換してあるのにトーションバーが純正って意外と多いんですよねぇ~叫び

 

40mm以上ローダウンされたお車は、絶対にトーションバーを交換した方がバランス良いですパンチ!

 

乗り心地は硬くなりませんからご安心下さい!!

 

しかしながら、太すぎるのはダメですよんドキドキドキドキ

 

何度も言いますが、足廻りはバランスですからねドキドキ

 

参考になるブログはコチラ ⇒ 大阪店に行ってきました

 

そのブログの方のインプレッション ⇒ ルブロス&足廻りインプレッション

 

 

トーションバー選びは大切ですよん音譜

 

当社では、自社製品をゴリ押しせずにちゃんとお車に合わせたトーションバーを選定させて頂きますドキドキ

 

image

ちゃんと他社(リム)さんの在庫も持っております!!※4WDは当社で過度なローダウンはオススメして無いので在庫は当社オリジナル品のみで取り寄せ対応となりますのでご了承ください。

 

お気軽にご相談下さいドキドキ

 

では、またパー

 

名古屋店より かみむら

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。