Instagram



2015年09月12日 19時00分15秒

足し算♪引き算♪

テーマ:足廻り
サボり気味のブログすみません

昨日の作業は、吉村店長が紹介してくれていますが少し詳しく書きたいと思います

昨日の作業は”エアーコンフォートシステム”簡単に言えば”エアサス”の取付作業です

今回も乗り心地を少しでも良くする為にエアタンクを特注取付です


スーパーロング・ハイルーフのお車ですから運転席後ろにデッカイスペースありますからねぇ~

 

3ガロン(約10L)のエアタンクです

今回は、エアゲージやエアチャック(空気を入れる所)をスライドドアのステップの小物入れの中に入れたい

というご要望でしたので、エアタンクのステーのスパン的に手間がかかるスペースが小さい所に埋め込みとなります



ココね

アルミのステーをエアタンクに合わせて加工していきます


今回で3台目なので、時間も短縮できるかなぁ~と思っていましたが、何を使うかは覚えているので買い出しの時間が早くなったくらいで作業時間は…



メンテナンスの事も考えて尚且つ、強度や寿命も大事なのでアルミとステンレスで製作

アルミのアングルピースをリベットで固定しているので見た目は少しゴツい気もしますが、プレスで曲げて加工した物より強度的には強いはずですから強度的に無いと思います



ココまでくれば後はエアバックを取付すればほぼ完成ですね


と、言っても配管を今回もスレてエア漏れしないようにエアチューブをコルゲートチューブに入れてフレームの中に入管させて頂きましたのでそれなりに時間もかかります


エアゲージをスライドドアのステップ部に入れる為にボディに穴を開けさせてもらい

 



本当は、もう少し高い位置に取付したかったのですが、少し使用してエアの入れやすさなど実際に使ってみてから位置出ししたいと思います



配管完了後にエアバックに空気を入れると…



こんな感じに膨れ上がります

画像の水はエア漏れのチェックの痕跡です

で、取付後の全体図は



実はこのお車は元々、75mm(3インチ)ダウンのローダウンブロックを入れてみえましたが、エアサスを入れてエアを入れる事により車高が上がってしまいますから車高が上がるのは嫌

って事で…


87.5mm(3.5インチ)ダウンのローダウンブロックに入れ替えしました


87.5mm ー 75mm = 12.5mm

ローダウンしてエアサスに空気を入れて約10mm車高を上げて元とほぼ同じ車高にするって感じですね


足し算して引き算しての相殺(そうさい)です


「見た目は同じ車高なら意味ないんじゃないの


と思ったそこの貴方


見た目では乗り心地まで見れませんが、車は移動の手段ですから快適に移動したいですよね


見た目は同じ車高でもリーフ + エアの力で乗り心地もマイルドになるんだな


言葉では言い表せないのは僕に文才が無いだけですが…
かなり変化します

4輪エアサスはハイエースの足廻りや使用目的などから考えると僕は少し…

ココは皆さんが見ることができる場所なので控えますがオススメはして無いので当社は後ろのみのエアサスが

こちらのお車のオーナーさんも試走に行かれて、

「なにコレ
全然違うやん

と、かなりご機嫌な様子でした
説明し難いので申し訳ありませんが、本当に意味はありますよん

エアタンクを取付る意味はコチラのブログをどうぞ ⇒ 一体何が言いたいの?

「チョコチョコとコンフォートエアシステムを取付しているけど大々的に売り出さないの


と言う意見も聞くのですが、エア漏れに関するトラブルを防ぐ為でもあります


車って乗らないとタイヤの空気圧って落ちますよねそれってタイヤと言うか空気の性質としてタイヤが回って動いていないと空気の分子が動かないので空気が抜けてしまうんです


冬タイヤに履き替える習慣がある方はお解りだと思いますが、スタッドレスタイヤに履き替えた時に空気圧のチェックしますよね


その時ってかなり空気入りませんか


スタッドレスタイヤからサマータイヤに替える時を良く思い出して下さい

その時もタイヤの空気圧チェックするでしょ


スタッドレスタイヤに空気を入れる時の方がたくさん入る気がしませんか


スタッドレスタイヤのシーズンって12月~3月くらいの4ヶ月くらい
サマータイヤは、それ以外の期間は引き算すれば8ヶ月ですよね

タイヤの違いなどもありますが、スタッドレスタイヤは8ヶ月間眠っていますので期間がサマータイヤより長いのでその分、空気が抜けるんです

これは空気の性質上仕方ないんだってさ空気の代わりに窒素ガスにすれば良いらしいですけどね

エアサスも乗らないと微量に抜けます

僕のハイエースにもコンフォートエアシステムが装着していましたので埼玉店に自家用ハイエースで行っていた時は、店にハイエースを置きっぱなし

朝、店から出して夜にまた仕舞うだけの運動が3習慣続きます

そんな時は、1.2キロ入れていた空気圧は帰る頃には0.2キロくらいになってしまうんです

しかし、名古屋店に勤務する時は、ずっとハイエースで通っていましたが、3週間空気圧は全く変化なし

そりゃ気温による若干の変化はありますけどねぇ~

この事からも先ほどの空気の性質の裏付けになるんじゃありませんか

こんな感じで、乗らない人はエアーコンフォートシステムも空気が抜けるという事が理解頂ける方なら良いのですが、商品の販売のみとなるとなかなか難しい物がありまして…

この事が理解頂ければ販売もしております

この空気の若干の漏れを何とかしてくれるのが”エアタンク”でもあるんですよ

スリーブタイプのエアバックは空気の容量もしれてます


しかし、これより別体で10L(リットル)くらい空気があれば長期間乗らなくても次回乗る時に0に近い空気圧になっている事も回避できますからね


しかも、圧縮できる空気の量も増えるのでエアバックだけの時より乗り心地はマイルドになりますから一石二鳥って訳です

気になる方は是非ともお電話下さい


また毎度ながら長々と良く解らないブログにお付き合い頂きありがとうざいました

では、また

名古屋店より かみむら

AD
いいね!(11)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:興味があります~

>き た のさん

そんなに前からチェックしてもらえていたんですね(^^)ありがとうございます。

コンフォートエアサスは、仮にエアバッグが破損してもリーフで走行できる為に車検は構造変更の必要がありません。

コンフォートシャックル取付車両にも取付出来ますが、ロールが大きくなるのでリアスタビが必要になると思います!しかし、コンフォートシャックルとリアスタビの併用が出来ないので、そこが問題ですね…

お電話頂ければもっと詳しくご相談できますのでよろしくお願いします。

かみむら

1 ■興味があります~

いつも、楽しみに拝見させて頂いています。
ユーアイに入る前のHPの頃からチェックしてましたよ~
1型ディーゼルの4WDに乗ってます。
コンフォートエアシステム、非常に興味があります。

車検はどうなりますか?
改造申請で対応可能?それとも車検時は取り外し?

また、現在コンフォートシャックルが付いているのですが、
その状態に取り付けても効果があると思うのですがいかがでしょうか???

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。