米情報サービス大手トムソン・ロイターは13日、毎年恒例の日本の大学・研究機関ランキングを発表した。この順位は、昨年までの11年間に所属研究者の発表論文が他の論文に引用された回数に基づく。東京大の総合国内1位、世界11位は昨年と変わらず。22の分野別では、免疫学で大阪大、薬理・毒物学で東京大がそれぞれ世界5位に入り、日本の得意分野が増えた。
 以前から強い分野では、材料科学で東北大が世界3位、物理学で東京大が同2位、化学で京都大が同4位、生物・生化学で東京大が同3位。 

【関連ニュース】
犬種の大半は中東起源=「秋田」は東アジアのオオカミから
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る
トルコ人助教の博士号取り消し=論文の4割に盗用
石垣島で2万年前の人骨発見=直接年代測定で国内最古
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ

医療データベースの数値目標を了承―厚労省懇談会(医療介護CBニュース)
村本さん死亡「軍が実弾発砲」…タイ政府は否定(読売新聞)
医療分野の素案明らかに-民主党参院選マニフェスト(医療介護CBニュース)
5月中に閣議決定か了解=普天間移設-平野官房長官(時事通信)
子ども手当 参院選へ“巨大選挙買収”(産経新聞)
AD