東京都家具厚生年金基金の汚職事件で、元常務理事の三枝正久容疑者(69)が理事を退任する際、新設された常任顧問のポストに業者選定の権限を移管していたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。
 同容疑者は顧問就任後に現金の振り込みを自ら要求しており、警視庁捜査2課は業務委託先の業者からわいろを受け取り続けるために、権限を移した疑いがあるとみて調べている。 

【関連ニュース】
常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職
前副知事らを起訴=町村会汚職で福岡地検
前副知事、接待認める=同席の県幹部ら聴取
町村会視察「記録ない」=前福岡県副知事の北海道旅行

世界一参加者の多いかくれんぼ、ギネス認定(読売新聞)
<鉄道事故>女児がJR奈良線の列車にひかれ死亡 京都(毎日新聞)
DEEP、6月にシンフォニックコンサートツアーを開催
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
JR不採用問題23年ぶり政治決着…解決金200億(読売新聞)
AD