ルンペン放浪記

労働者のありったけ



テーマ:

 

いずこも同じだ。

だますためなら何でもありのきちがい染みたドンチャン騒ぎも、だまされて自ら進んで死んで行く途方もないおめでたさも。

みんなすっかりどうかしちまったものらしい。

それでも放射能から遠く離れれば離れるほど、四六時中プルトニウムをぱくつかずにすむだけ、ここデンバーなら目玉が飛び出るほど物価が高いとはいえ、お国でうじうじしているよりはるかに気は楽だ。

黒も白もハーフのねーちゃんたちも、みな馬みたいな脚線美を張り出して、尻を振り振り、これ見よがしに通り過ぎて行く。植え込みや芝生をかわいいリスやウサギがぴょんぴょん飛び跳ねる。

金色の落ち葉が降りしきる住宅地をベビーカー押し押し歩いていると、誰もがすれ違いざまそれぞれが身につけたとっておきの微笑をぶち込んでくれる。散歩中のじじババは無論、車中の人も、ちゃりんこライダーも、学校帰りのちびっ子たちも、プラカードを掲げた髭面のホームレスも。

四六時中けたたましいサイレンのパトカーが駆け回り、納豆やたくわんを買いにダウンタウンに行く度に物乞い(というより強盗みたいなホームレス)に身ぐるみ剥がされる(前は1ドルだったが今では一人頭5ドルが相場だ)とはいえ、ここにいる間はお手上げになって久しいフクイチのこともセシウム入り野菜のことも、狂ったてっぺんに必死で擦り寄るおべっか使いどものことも忘れることができる。憎悪まみれのろくでもない恥知らずどものことも。

それにしても赤ちゃんというものがこれほど大変だとは!ミルクに流動食、おむつの取替え、いたずらのやりたい放題で目が回る。気に入らなきゃここを先途と地球を揺るがすほど泣き叫び、気を緩める暇もなし。まるで戦場だ。よくもまあ、ママさんたちは、これほど大変な子育てをやってきたもんだと、舌を巻く。母は強しだ、ほんと。

この分ではそうやすやすと滅んではいかないかもしれない。大企業様さまの核ミサイルが世界中で炸裂しても、しっかと持ちこたえるかも知れない。辺野古や高江みたいに。鹿児島や新潟みたいに下の下のほうの底力で、じりじりと。

「娘が11歳になれば、日本がどういうところか実感させに行かせるからね、一人で。それまで生きていなさい」と、42歳のうちの娘。

とんでもないことになったもんだ。

冗談じゃない。放射能にすっかりやられ、今や女房子供の呼び名すらすぐに飛び出してこないというのに。良き友たちはとっくにくたばり、話し相手はだあれもいないというのに。74歳まで生き延びただけでも儲けもんだというのに、この先10年も!ああ、10年も!アスパラガスを食いながらアスパラガスということばを思い出すまで1時間もかかるというのに。

それかあらぬか、ふと、沖縄や鹿児島、奈良や花巻で、みんなはるかに年下だが、ぶつくさいいながら泥にまみれて働いている知り合いたちの面構えがつぎつぎに浮かんできた。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月には孫に会いにテンバーの娘のところに行ける。


金がないのであきらめていたがかーちゃんが「行け」というので奇跡的に高江にまた行ける。3日から行くつもりだ。


そのほかはろくでもないことばかりだ。

ほんと。


どうなることやら?


滅ぶのかな?このまま。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

本当の話、3・11のあれ以来何も書けなくなっていた。ことばが空しい。物語が嘘っぽい。無理に書いたこともあるがやはり嘘だ。
それで長いこと放り出していた。

ロシアにはドストエフスキーもソルジェニーツィンもいた。アメリカにはヘミングウェイがいた。おれたちには夏目漱石か、大江健三郎だ。

やはり、文化のちがいだ。

ツバメの巣を壊して、ツバメのちびたちを殺すビルの所有者がいる。ベビーカーのかーちゃんに迷惑だといって襲いかかるねーちゃんがいる。食べて応援を嬉々として打ち出す電通と農林省の役人達がいる。ほかにも色々あるが、雪崩を打って羊の群れが崖から転がり落ちはじめた。


文化がない。

小説業界のすさまじいわくわくドキドキの確執はあっても、本当の文化がない。


あれからもう6年目になった。



本当の文化が生まれてくる頃だ。

でなきゃ、大和という民族も国家も滅ぶ。






AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

やっと落ち着いて来た。

沖縄で肋骨をやられ、うんうん唸りながら遠くデンバーへ来て20日になろうとしていた。

産後の肥立ちが芳しくなかった42歳の娘も2度の手術で何とか持ちこたえた。チビちゃんはすくすくと育っている。

外歩きはなかなかできないがス-パー(King Sooper)に買出しに行かされるついでにここで働くメキシカンやスパニッシュやアジアンたちの、適切な立ち居振る舞いに納得する。こっそりアメリカなる幻影に肘鉄を食らわして生きていた。

-10度Cを平気で凌ぐデンバーの、野暮らしホームレスには舌を巻いた。そのことは改めてエントリィしたいね。


            From Denver Colorad  1/15



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しかしどうなっているんだ?



ドンチャンドンチャン、嘘とでたらめが毎日毎日、追いつめられたようにかまびすしく、ど派手な大風呂敷で、被ばくで、テロで、核戦争で、黙らせようという寸法だ。
そんなのは無理だ。無理なものはどう逆立ちしても無理だ。



とてもつきあっちゃおられない。



にぎりめしも二つつくり、醤油も温度計もひげ剃りも爪切りも入れた。明日の暗いうちに老いたワンワンを散歩に連れ出し、帰ってからまっすぐ沖縄へ向かう準備はとどこおりなく終わった。辺野古での座り込みもあるが、テントと寝袋を背負って島や村をとぼとぼ歩き、まともな人たちの面つきをしかと心に刻みつつ、老体を野暮らしに染めてからごぼう抜きに加わればいい。



パクられてぶち殺されても構わない。帰れなくてもいい。どうせくたばるのだ。死にたいように死ねばいい。かーちゃんには内緒だが。

帰ることが出来れば、まっすぐコロラドのデンバーへ飛ぶ予定でユナイテッドを買っている。





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。