今日からネパールトレッキングとバンコクの旅が始まった。
バンコク経由カトマンズ行きは、関空を深夜の00:20に出発する。
 
 
気ままな個人旅行でHさんとの二人旅だ。
 
カトマンズに着いたが、迎えに来るはずの山岳ガイドが来ていない。
小一時間待った後、ようやく現地旅行社から代わりの人が来た。

今日はカトマンズに一泊するので、ホテルに向かうが、当初聞いていたホテルではなかった。旅行社の話では約束のホテルより良いホテルだと言うが、その様には思えない。

しかし、通された部屋は立派なツインベットルーム。どうぞごゆっくりと言って部屋を出る担当者にもう一部屋は何処かと尋ねると怪訝な顔をし、この部屋に二人が寝るのが当然の様な顔をしている。

旅行中のアコモデーションはすべて別部屋の契約なので、もう一部屋欲しいと強く言い、私は別の部屋に移ったが、後でHさん曰く「私たちは、その様な関係に見られていたんだ!」

時間があったので、近くのボダナートのストゥーパに向かう。
 
ストゥーパを訳すと「卒塔婆」になった。
 
今日は色々あったけど、お湯の出ないシャワーを浴びた後、ホテル併設レストランで乾杯!
 
◆カトマンズの印象
1.街が汚い。ネパール人はゴミを平気で道に捨てる。
2.道路が狭く、迷路のようになっている。都市計画ができてない。
3.ほとんどが未舗装道路で、街は埃っぽい。マスクが必携。

明日のBlogに続く
AD