ソニーとCS(通信衛星)放送のスカパーJSATは20日、3次元(3D)映像化するサッカーW杯南アフリカ大会の25試合を、ソニーがスポンサーとなり、スカパーが開局する3D専門チャンネルで6月19日から放送する、と発表した。国際的なスポーツ大会の試合を3Dで生中継で放送するのは国内で初めて。

 スカパーが立ち上げる3Dチャンネル名は「スカチャン3D169」。サッカーW杯に合わせて6月19日に開始し、同日、開局記念番組として日本対オランダ戦を生放送する。翌日20日から注目の対戦カードを順次放送し、7月11日に行われる決勝戦も生放送する。放送サービス「スカパー!HD」と基本契約を結んでいる視聴者は無料。 

 ソニーは6月10日に3D液晶テレビ「3D対応ブラビア」を発売する予定だ。10年度に全世界で250万台の3Dテレビを販売する目標を掲げており、3Dテレビ向けの注目番組を提供することで、販売促進につなげる考え。

【関連記事】
NEC、3D対応のパソコン投入へ 今秋発売目指す
3D番組そろ~り始動 手探り状態のJCOM
パナソニック、全仏テニスを3D生放送 欧州内で
東芝の液晶テレビ「レグザ」新シリーズ 全機種がLED 
メガネなしで3D、シャープが携帯電話向けディスプレーを開発
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<貸倉庫殺人>容疑者の一部、殺害認める 3遺体の身元確認(毎日新聞)
独法仕分けに意見602件 「不用施設は売却」「天下り禁止を」(産経新聞)
里見女流2冠“制服卒業”初スーツで笑顔(スポーツ報知)
<愛知5人殺傷>容疑の長男、以前からトラブル(毎日新聞)
区民ミュージカル 25日、2年ぶり再演(産経新聞)
AD