「フルメタル・パニック!∑ 上田宏さん 角川書店」

上田 宏, 賀東 招二, 四季 童子
フルメタル・パニック!シグマ(1)

※ この先ネタバレアリ ※

原作版,「終わるデイ・バイ・デイ」

からお話が始まっています。

作者が変わっても,面白さはそのまま!!

いやぁ~,一番の見所は,

ソースケ君の滝汗姿でしょう。(←言い切ってるよコイツ。)

他にも,何気に敵役が男→女になっていますが・・・

ブルーノとか,ガウルンの育てた双子とか。

ソレはいいとして,

やっぱりガウルンが出てないと物足りない・・・・・。;Д;

この先,若かりしガウルン少年時代なソースケくんが出てくるのが,

唯一の望みか・・・。(出てこなかったらどうしよう・・・滝汗。)

しかし,早く続きが出て欲しいというか,欲しくないというか・・・。

だってねぇ~,これから出てくるガウルンってば,

寝たきりの上,最後,ソースケ君と地獄までの愛の逃避・・・・

じゃなくて,自爆しちゃいますから・・・。

ダケド,今回は,ステキなカリーニン少佐やイケメンなクルーゾー中尉や

何気な姿のボーダ提督やP79の4コマ目のメガネの彼とかで,


心潤しましたから!!

AD

使用前
使用後

「やりすぎのウォークライ」


今度の試合に勝たなければ,背部の弱小ラグビー部を

カナメとソースケが鍛えあげる(主にソースケ)というお話ダケド・・・。

アンナに純情,可憐だった(写真上)

彼らがぁ~っっ。(ちなみに声は郷里さん)

鬼だ・・・悪魔だ・・・化け物に替わってしまった・・・。

さがらめ何て事してくれんだぁ~?

すさんでる・・・すさみきっちゃったよ?

ラグビー部の面々・・・。(写真下)


その上,お山に篭り中だった時の彼ら,

兵士訓練さながらの中,

とうとう,ラグビーボールに話し掛けるようになってしまいました。

名前までついちゃってるし・・・・。


その後のラグビーの試合,

「二子玉川の悪夢」とか語り継がれたそうな・・・・。


「コレって一種の悪質な洗脳だね。」

このお話は,この一言に尽きます。(爆)

AD
ハピネット・ピクチャーズ
フルメタル・パニック?ふもっふ 第1発<通常版>

いゃ~。もう抱腹絶倒,雨嵐(意味不明)です。

余りの笑いすぎに腰,抜けました。^Д^;ゝ

中でもオススメなのが,

「芸術のバンカーヒル」

「やりすぎのウォークライ」

「女神の来日」

でしょう!


まず,

「芸術のバンカーヒル」

校外での写生大会なお話,。

しかし,美術の先生お得意のなんだか訳分からない難解な屁理屈に飲まれ,

何をカンチガイしたのか相良君,

モデルになつたのに辺り一面,罠を仕掛けて隠れてしまう。

「芸術の為だ。お前達をココから見守る。」

だが,モデルの交換が効かないと知った2年4組の面々。

もちろん,司令官はかなめちゃん。

さすがサバイバル向き。

ボロボロになりながら,追っかける姿はサイコーです。≧Д≦

「ソースケェーっ! サンザンてこずらせてくれたわね~。カクゴは出来てるわね~。」(←バック炎)

と言った瞬間,

「よーやくあえたなぁ~。」

とかなめちゃんと同じくボロボロの姿で,

草の中から炎を背負ってヌゥーッと現れる,クラスメイト!

目がいっちゃってます!!もう,人ではありません。(笑)

そして,最後捕獲され,簀巻きにされて,樹にぶら下げられたサガラ君の絵。

題名が,

「因果応報」 「狩りの成果」 「馬鹿の末路」

特に「馬鹿の末路」の下からのアングルの絵がなんともツボにはまりました。


残り二つは後日。

AD
ハピネット・ピクチャーズ
フルメタル・パニック! mission.12〈通常盤〉

アニメですよ~。

もう,「ソースケ(一部カシム)争奪戦」でした。^Д^;ゝ

皆でよってたかってですよ!

ガウルンに至っては,

「愛してるぜ。カシム!」ですよ。奥さん!!

これで,何が何でも決定ですよ!!(←なにがだよ。ばしっっ。

まーソレは置いといて,

「愛してるぜ。カシム!」は,ガウルンにとっての誉め言葉だったんでしょうね。

あぁ~っ・・・嫌がらせという手も有るか・・・・。


オリジナルのお話「故郷に吹く風」が終わり,

何所をとっても?ガウルンでまくりでうがんじは,

大出血,大フィーバー,何でもお願い聞いちゃうよ?でした~。

特に,「ヴェノムの火」で,

ガウルンが捕まり,ヘリに乗る際に,

「おーこわっ。」って,

カリーニン少佐に見せた笑顔ですよ!!

くぅーっ!カリーニン×ガウルン・・・じゃなくて,

もう,もう,たまりません!!(←バカ)


ほかにも,

テッサたん鼻血出しながら(あの出方具合が何とも・・・)

「彼女は最高だわ!」とか,

マデューカスさんの拡声器持ってる姿とか,

TDD内格納庫でのAS同士の戦いとか!

いえ,スミマセン。これ見てて,何気に,


「うわ~っ。えっちぃぃ~っ!≧◇≦/」


と思った私は異常でしょうか?

ガウルン機がサガラ機に抱きついた辺りからの,

M9の逃げ出そうとしてる,左右の動き。

足を絡めて押し倒す。

エレベーターシャフト上で押し倒されたM9の足。

などなど・・・ものすごく色気が・・・。*´Д`*

ある意味,一番楽しかった最終話でした。 (苦笑)

一時間かけて書いたのに,全て消しちまったうがんじです。(爆)


「 故郷に吹く風 後編 」


・・・・す,救い様のないお話でした・・・・。

そして,前回の予告でガウルンが宣言していた,

「一人も生かして帰えさねぇー。」

見事,敵・味方帰らぬ人々に。

しかし,オヤジ(ガウルン)相変わらず楽しそうだった。


今回の作戦で心がボロボロになって帰ってきたソースケクン。

ソレなのに,ソレなのに,

ソースケの玄関前で待っていたかなめちゃんが,

「なんとか言いなさいよ。ソースケ。」

にたいし,

「・・・・・・・・・・・・問題ない・・・・・・・・・・。」


って,それって,それって,

ああ゛ーっ!そーすけぇぇぇーーーーっっっ!(←意味不明)

―――――― 心がエグられました。


ココから先は,何ほざいたコトぬかしています。

見たい方だけどうぞ。

怒っちゃやーよ?

反転して下さい。


↓  ↓

この回見てて,ふっ,と思ったのですが,

もしかして,ソースケクンって

ガウルンの子供?

っと。

ああ゛ーっ!スミマセンスミマセンスミマセンスミマセン・・・・・・。

別に他意はないので・・・・。

ほら,彼って,日本人だし,

10歳ぐらいから治安の悪い所にいたし,

三十代後半だったら,計算合うし。

ヤツだったら,孕ませてそうだし。(←もちろん知らん振りヨ?)

と,言うところから。


で,さらに今回,

ガウルンがASにABHS実行させた時,

AS       「一分お待ちください。」

ガウ  「ばーか。30秒でやれ。」

で,ソースケクンもアルに索敵モード実行の際,

アル  「一分お待ちください。」

宗介  「30秒でやれ!」

コレで,ワタクシ的に決定打。

ああーっ。親子だぁ~。と。 ニヤリ。

(↑ホントは似た者同志,つーコトなんだろうけど。)


なんだか,今日の私は絶対オカシイ・・・・

現在,「一人フルメタ祭り開催中」のうがんじです。


いや~,面白すぎですね。フルメタのアニメ

なんてったって,声優さんが豪華!

関さんとか三木さんとか大塚さんとか西村さんとか子安さんとか!(←あまり女性声優は詳しくない・・・。)

しっかぁーし!,驚いたのは豪華声優陣だけではない。

テッサたんの声ですヨ!

初めて聞いた時もだえまくり!!

小説読んだとき,ある程度高い声で想像していましたが,ソレを上回る勢いでしたわ。

テッサたんの声のゆかなさん,すごすぎです。

まるマの巫女様役でも出てましたね~。ニヤリ


とりあえず,一番好きなキャラのガウルンは置いといて,ノ^Д^;ノ□(←延々と語りだす可能性大)

8巻まで見たのですが,

「猫と子猫のR&R」

エエです。テッサたんが可愛いです。

特に,ねーさんに向かって,

「(ASにマオより)ずーっと,ずーっとうまくのれますぅ~。」

と踏ん反り返ってるテッサたんには,もうお姉さん,やられまくりです。

反対にマオねーさん,やさぐれ,オヤジ化してるし・・・。^Д^;ゝ


しかし,いつも思うんだけど,ASの降着姿勢に笑ってしまう・・・。

だって土下座ヨ?土下座!

現在,天国と地獄の間を行き来しているうがんじです・・・。


フルメタ小説の「終わるデイ・バイ・デイ(上下)」では,

ガウルンの壮絶な死に方地獄をみて

フルメタアニメ8巻 

「16話予告&音声特典 ワーニングコメント」では,

ガウルンの声鼻血噴出し,

色んな意味で天国を見ました。^Д^;ゝ


田中正彦さん,

ワタクシの中で,要チェックな声優さんになりました。(笑)

天国の扉が見えてきちゃったので,今日はココまで・・・・。


※オマケ
十二国記の「恵州公・月渓」も田中さんだったのね。

「フルメタル・バニック どうにもならない五里霧中? 

賀東招二さん 富士見ファンタジア文庫」カリーニン少佐


マンガを読んで面白かったので,

小説の方にも手を出してみました。 ^Д^ゝ

学園編中心の短編集ですが,

まず,

「善意のトレスパス」

狂戦士化した用務員さんがグー!!

ソースケぬいて,

いまや学園最強の名を欲しいままにしています。

そんな用務員さんですが,

元に戻った一言もサイコー!

「えー?私がかね?全然覚えとらんなー。」

ホントは覚えてんじゃないの?・・・みたいな。^Д^;ゝ


そして,なんと言っても,この巻でオススメなのが,

「わりとひまな戦隊長の一日」

カリーニン少佐エプロン姿!!(右)

今までノーチエックな彼でしたが一瞬で悩殺されました。 ≧◇≦

赤いチェックのエプロン姿ですよ!

しかも声は大塚明夫さんですよ!

しかし,ボルシチの味・・・

ココアとミソの入ったボルシチって・・・。

味は,暖かいドクターペッパーですってよ!!

亡き奥さんが作ってくれたという物らしいですが,

私も嫌がらせだと思います。ハイ。(←挙手)

おしとやかな儚いイメージだったんだけどな・・・

少佐の奥様・・・・・。 ×△×;ゝ


他にも,

クルーゾーさんのアニメオタク事件とか

テッサちゃんの徘徊事件とか笑いドコロ満載でした。

しかし,さぞかし可愛かった事だろう,

夜中にフラフラぬいぐるみを抱いてたテッサちゃん。(←妄想中・・・)

賀東 招二, 館尾 冽
フルメタル・パニック! (05)

原作 賀東招二 作画 館尾冽 角川書店

前々から気にはなっていたけど,高くて手の出なかった一冊。
だって,900円台なんだもの・・・。
古本屋行ったら,5巻まで,一冊100円だったので,ついつい買ってきてしまった。

内容はとある女の子を守る為,傭兵の男の子が自分が傭兵であることを隠してある学校に転向してきて巻き起こす騒動・・・。って感じですが,
主人公?(傭兵の男の子)のサガラがめちゃめち世間ズレしてて,いいです~。
アニメ,まだ見ていないので,早速見なければ ^Д^ゝ

軍隊編(勝手にそう呼んでる)より学園編(以下同文)の方がめちゃイイ!
いや,軍隊編もメカが出てきたり,銃撃戦あったりでよいのですが,こっちだとサガラがカッコよすぎるので,ココはやはり,学園編でしょう!

カナメ(主人公が守っている女の子。実はとてもすごい秘密が!)怒られているサガラがたまりません!

変な行動をするサガラを,「ミリタリーマニアだから・・・。」と何も突っ込まない友人達も素敵すぎです。≧Д≦ゝ
(普通,学校で銃ぶっ放したら危ないって・・・。手榴弾も同様・・・。 オイオイ )
しかも,出てくる女の子は皆かわいいし,オヤジもいるし,いかにも裏があるぞ!っていう生徒会長もいるし,たまりませんな~。