バンダイビジュアル
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

笑い男編だけに特出した、総集編。

書き加えられたエピソードとか場面が無かったのは、残念だったけど、

いや~、攻殻は、何度見ても面白いよね~。

忘れちゃならない、おいしいシーンはきちんと入ってました。

少佐が安岡に踏み潰されて、思いっ切し怒ってる、


「サイトォォーーーッ! ソイツをよこせェェーーーーッ!」


や、


「もとこぉぉぉぉーーーーーーっ!」


が。(笑)



あっそうそう、コレを見ていて、最後の図書博物館で、

少佐と課長が去った後、あおいクンが居なくなった訳が、

なんとなく分かったような気がします。

彼は、サリンジャーの「ライ麦畑で捕まえて」の一章節(僕は耳と目を閉じ、口をつぐんだ人間になろうと思った。)を今度こそ守って、

僕はここで、沈黙を守って静かに生きよう・・・。

ってことなのね。(←間違ってたら恥さらし。笑)


ところで、「パーフェクトチョイス160」でやってる攻殻の新作、

「攻殻機動隊S.A.C Solid State Society」

みたぁ~~~いっっ!!\≧Д≦/

AD

サリンジャー 「ライ麦畑でつかまえて」「ナイン ストーリーズ」。


攻殻SATの方で笑い男こと,

あおいクンが影響を受けたと思われる本(ライ麦)です。

で,あの,ロッカーに書かれていた(笑い男のマークにも),


I thought what I’d do was,I pretend I was one of those deaf-mutes. (or should I?)

「僕は耳と目を閉じ,口をつぐんだ人間になろうと考えた。(が,ならざるべきか?)」

って,

多分トグサさんが作中で読んでいたであろうライ麦(白水社・野崎孝さん訳)中から探しましたが,

そうゆう訳は無かったので,多分ココのことではと。


「僕はオシでつんぼの人間の振りをしようと考えたんだ。」(25章 308P)


あと,ナインストーリーズの方には,

「笑い男」だの「バナナフィシュにうってつけの日」(密林航路にうってつけの日)だの,

「ここから取ったのね~。」と,笑えます。

ライ麦の方は,ミット赤い金魚の辺りがクスリと・・・。

読めばコアな攻殻を楽しめる?


しかし,原作をけなすわけではないのですが,

私にはどうしても,ライ麦の主人公のホールデン,

「こどもっぽすぎて,まだまだだね。」と思う部分が・・・。

「ひねくれまくってるなぁ~。」と言うか。

「汚れていない・・・。」のかな?

そして,大人になるにしたがって汚れていくと・・・。苦笑

「大人ってきたなぁ~ぃ。」ですから。(笑)

かく言う私も汚い大人か・・・・・ バタリ。 



~左手のミットに書かれていたコトバ~


You know what I'd like to be a?

I mean if I had my god dun choice,

I'd just be the Catcher in the rye and all.


「私がaをしたいことを,貴方は知っていますか?

私に神のような選択権があるならば,

まさしく,全ては「ライ麦畑で捕まえて」にあるでしょう。」

(↑ヘナチョコ訳。滝汗)

AD
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 虚夢回路

「攻殻機動隊 虚夢回路 藤咲淳一さん 徳間デュアル文庫」

から出ている小説第一弾。


ある日突然普通の少年達が,

何かに駆られたかのように自爆テロに走る「目覚ましテロリスト」が勃発。

だが,少年達はテロを行った後の記憶がことごとくなくなってしまう・・・。

そこへ近々,サミットの為に中東和平の立役者がやってくる。

だが,この代表は麻薬密売組織からも再三,命を狙われていた・・・。

例のごとく,ソレを捜査する九課の面々。


ギャグはほとんどなく,「まじめな攻殻~。」と言う世界が楽しめます。

そして,最後,色んな人の思惑が絡み,

ドン伝返しのラストが待っていました。

目覚ましテロリストの犯人は,

元空軍所属の人間で,ある日,

息子が乗っているとは知らないで,

ハイジャック機を上官からの命令で爆撃してしまう。

ハイジャック犯が新浜上空で自爆するからと言う理由で・・・。

飛行機が爆発の際,息子の遺言を受信してしまったあわれな父親・・・・

だったのですが,

一方の代表を狙っていた犯人は,本人だったと。

しかも,彼を狙っていた麻薬組織のトップも彼だったと。

う~ん,やられたぁーっ!って感じです。


9課の面々はホド良く出ていたのに,

タチコマの出番がホンノちょぴっとでした。(泣)

しかし,イシカワさんの言葉遣いに違和感が・・・。

だって,少佐に向かって

やってます。新浜電脳街B4地区の高層ビル群です。」

いや,これ違うよ~。イシカワさんじゃないよぉ~。と。

後は,バトーさんとトグサさんはやっぱり仲がいいなぁ~と。

ムフフフフ~。(←萌えどころが少なかった分,ここらで楽しみましたさ。)

AD

テーマは攻殻でいいのか迷う所ダケド・・・・。


今週のプロダクションIGさんのトップページは

オペレーターのお姉さん’S

です。(別名・ウチのオペレーターが一番可愛いぞ大会?)

陸自と九課と情報庁までは,記憶にあるけど,

警察のおねーさんって・・・いつ出た?


しかし未だに気になる陸自のオペレーター・・・・

何故めがねなんだぁっーーーーっっ!

(↑心の叫び)

攻殻機動隊1.5巻

テーマ:

今日から地元の「浜松まつり」真っ最中。

凧揚げしたり,御殿屋台が出たりします。

しかし,町内練り歩きのラッパ隊の音が耳にイタイ・・・・。 (泣)

今も元気良く鳴り響いてるヨ?21時ナンダケド・・・ (泣)

コレ3日間も続く上,夜中の12時近くまで練り歩きが・・・。 (滝涙)


攻殻1.5

「攻殻機動隊1.5巻 士郎正宗 講談社」

やっとゲット!!

限定版・・・と聞いていたのですが,

書店注文OKでした。

こちらは,

少佐が去ってしまった後

9課の日常業務のお話。

トグサさんとアズマくんが中心でした。 ^Д^

お兄ちゃんから卒業した?トグサさんとか,

若い女性(実は95歳の男)と

オンラインで会っているバトーさんとか,

お怒り顔の課長・・・・・

などなど楽しい場面大有り。


と,面白かったんですが,

やはり,少佐がいないとさびしい・・・

いゃね,チビット出てくるんですが,ホントチビット

でも,すぐに去ってしまうのよ~。(←この辺は2巻とリンクしているらしい)


少佐がいない9課は9課じゃナイ!


シミジミ感じました。

そういえば,この巻には,プロトくんが出ています~

オイシイです。プロトくん~

 ぎょええーーーっっ!! >△<

タチコマがぁーーーっ!!

タチコマがぁ~~~っ!! TДT 号泣。

自分達がのった衛星ごと核ミサイルにぶつかってしまったぁ~っ!! ガンガン!

 明るく 「手の平を太陽に」 を歌いながら・・・・。

何度見ても,

涙止まりません~っ! T△T 

 

そして,そこにプロトくんが一言。

 

「何てことだ。君たちにはきっとゴーストが宿っているんだね。」 (←号泣)

 

他にも,イシカワさんと一緒に物理移動していたタチコマが,

「イシカワさ~ん。ボクみんなと一緒に行かなくちゃいけない所が出来たんですが・・・ごめんね♥」 

ぷしゅ~っ。(←電源切れるタチコマ)

「どうやら部下の犠牲により,核ミサイルの投下は防げたようです。」 

(かちょー)

鉄骨の十字架かついで空を何気なく見上げるバトーさん 

に,

 涙ちょちょギレて止まりません~~~っっ!! ≧Д≦ヽヽ

 

一作目でも死なせちゃったんだから何も二作目も死なせなくたって・・・。何て思ったのは私だけではないハズ。

タチコマがいなくなっちうなんて,9課最大の損失ですヨ!  

でも救いなのは,「彼らにはゴーストが宿っていた」という事かな・・・。

元気でね,タチコマ・・・。

 

という訳で,終ってしまいました「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」。 

3作目がなさそうな終り方だった・・・。

まだまだ見てみたいんだけどな~。

 

クゼ氏,最期まで今一キャラつかめなかったですが,味な人でした。

電脳錠でロックされてた?のに

林檎はかじれるし,

鶴は折っちゃうし,

イマワの際は折鶴見ながら, 「先にいくぞ」 ですよ。

何所までも 動作のカッコいい方 でした。

そういえば,クゼ氏の革命根本?

 ”人の上部構造への移行。硬化したシステムを捨て,人とネットとが融合する” 

なんて言ったりして,なんだか人形使いみたいな事を・・・。

TV版って,「人形使いと会わない」又は「融合しない」少佐の話しダッタヨウナ気が・・・。

 

さて。バトーさんのお約束?

 

「もとこぉぉーーーーっっ!!」 

 今回は誰にも見られなかったようデスガ・・・。(みんな忙しくてそんなトコじゃないって?^Д^;ゝ)

 

ちょっぴし不満だったのは,課長がお兄さんの生存を知らない事かな。

再会シーンとまでは言いませんが,

少佐から「出島であったわよ」程度の報告シーンがあったら嬉しかったな~と。

課長はお兄さんの事,表には出さないけど,生死気にかけてそうだものね。

 

あと,4課ですよ!レンジャー4課!

自分達も熱光学迷彩切って,姿を現し,スコープを外した時の目!

 

み~んな,一緒。 ノ゜〇゜;ノ

 

シリアス場面なのに一人大爆笑!なうがんじでした。^Д^;ゝ

レンジャー4課,皆,バトーさん目だったのヨ。

それと,クゼ氏と少佐が,瓦礫の下でイイ感じで抱き合っていた所を邪魔するバトーさん。

クゼ氏 「チッ,良い所だったのに」 っうー目してたし。 ^Д^;ゝ

 

ところで,あの 鈴木佐藤?佐藤田中だったっけな?けったいな名前のエージェント。

また,出てきましたね~。 美味しい役回りだ。

結局,今回の事件の裏にいた(操っていた?)のは,

米帝だったってコトですか・・・。

「貴国にはコントロール出来ないカリスマ指導者は要らない・・・従順な消費者がいればそれでいい・・・」

だもんな。こえ~。

課長はハゲ広がりそう・・・。

9課も大変ね。

 

最後は,原作一巻初頭シーンで終っていました。(合田の死に方も)

桜の中の少佐を見て,緑のタチコマらしき機体が出てきた時,

 

「復活するのか!!」

 

とワクワクしながら楽しみにしていたら,

そうではなかった。

(TACHIKOMA'S ALL DATEなんて味なファイル残してたのにね・・・。)

「フチコマ」 (原作ではこの名)ならぬ 「ウチコマ」 になっていた・・・。

第一声聞いた時,ガッカリですヨ・・・。

 「ハイ,ショウサ・・・」 ってヤツ。

これから成長できる事を願って・・・。(頑張れ!鑑識。)

しかし,ウチコマの搭乗部,タチコマ以上に狭そうだったケド,

ボーマとかバトーさんかなり厳しそう・・・。 ^Д^;ゝ

やっと12.13巻借りれました。2ヶ月ぶりの攻殻機動隊!

しかしもそんなぁ~~~~っっな展開。(←心の叫びは明日にでも)

 

「23話 橋が落ちた日」

いや,ホントに橋落ちてるし・・・。

じゃ無くて,一番気になったのは,

 

陸自のオペーレーターのお姉さんがメガネだったコト!!

 

何故メガネ?

萌え属性はめがねなのか!?陸自!!

すごく気になる・・・。

 

あとfは,携帯を持っていたトグサさんの手。

手だけなのに,手だけナノニ,手ダケナノニ,色気がぁ~~。(鼻血)

そうそう,トグサさん。イシカワさんにも愛されていました。

自分が重症の身なのに 「トグサは?」 だって。

課長と首相官邸地下に居ると聞いてホッとしているあのイシカワさんの顔。

トグサさんってば,9課のアイドルなんだから・・・。 うふふふふ(←イっちゃってるよこの人・・・。)

 

「24話 出島空爆」

ここはなんと言ってもズバリ!プロトくんがトグサさんに告白を!じゃなくてサラリと気の利いたコト言うのよね。

 

「そんなことありまんよ。先輩は状況に応じて行動できる人です。」  ドーン!

 

もう,一目ぼれ決定だね。(←婦女子モード)

このセリフ聞いた時,彼が,バイオノイドだったなんて事実,なんてことなかったヨ・・・。(笑)

 

他にツボだったのは,

ヘリの操縦ボーマと代わったバトーさんの後ろで,腕組しながらかっこつけているケド,寝てるっぽそうなサイトーさんとか,

様子伺いの為に,墜落したヘリから覗いているバトーさんとか

レンジャー4課から逃げる時,振り向きざまにくるっと回るバトーさんの後ろ髪とかとか!(バトーさんばっかりやん・笑)

一番は,

右足首から隠していた拳銃を取り出す,さるオヤジっぷりの課長 ですが・・・。 ^Д^;ゝ

 

「お前(トグサ)やプロトは調べられても,わしまで調べようとは思わんだろう。」

 

確信犯だよ課長・・・。

藤咲 淳一, 中澤 一登, 沖浦 啓之
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 眠り男の棺

「藤咲淳一さん 徳間デュエル文庫」

小説です。3作目だそうです。知らなかった・・・。
早速1.2巻探しに行かねば。

主役は表紙からも分かるように少佐です。
他にはバトーさん,トグサさん,タチコマ,課長,イシカワ,鑑識の順で出番が多いです。
イシカワサンは相変わらず,電脳部屋に篭ったまま。^Д^ゝ
内容は,「吸血鬼」というあるマイクロマシンに感染した人たちが,愛する人をある日突然襲って,死に至らしめるという。
そのマイクロマシンは,首に噛み付いて,血液にウィルス元のマシンを載せて,電脳死に見せるという代物。
感染の仕方があの吸血鬼に似ていることから,名づけられた事件。
ソレを追う9課・・・という感じ。

舞台は「新浜」から,東京の「荻窪すずらん南商店街」に移るのですが,
いや~,相変わらず少佐はカッコいい!!
ウィルスにやられて少佐の目が見えなくなっちゃうのですが,そんなのも,周りに居た人達をこき使って何のその!でした。(ちなみにこき使われてた人達は9課には全く関係無し^Д^;ゝ)
で,今回の事件のウィルス・・・というかマイクロマシンを作った平良城ロイという男が,東京に居るらしく,そいつを探しに少佐は東京に来たのですが,「どいつなのかな~。」と思っていたら,ソレらしい妖しい老人が出てきたので,「こいつだろうなぁ~。」と思っていたら,やられました。
少佐にこき使われてた男だったとは・・・。
ある意味で,老人も平良城ロイだったんですが。

で,一番のシーンが,なんと言っても,攻殻のマスコット!

タチコマが少佐につるされちゃう所。

今回のウィルスの発症因子が,「愛」とイウコトデ,ワクチンを作る為に実験台にされちゃうのですが,(ちなみにバトー愛用機かと)
その中で,中吊りにされている仲間の姿を見て,
バトーさんと少佐の関係を

「そういえば,人間の中で,ワザワザつるされる事によって,気分を高揚させるといった風習もあるって聞いたけど」
「サディズムとマゾヒズムの関係で成り立つものだってね」
「少佐とバトーさんにもそういった関係が成り立つんじゃないの」
「少佐に冷たくあしらわれる事によろこびを感じているとしか思えないものね」
(↑個人的に大爆笑)

タチコマ達にそんな事思われてるバトーさんって・・・しかも,初期化しちゃったタチコマの後始末頼まれて落ち込んでいる所も慰められちゃうし。
ああーっ!やっぱり
 

タチコマ達ってかわいい~。ノ≧△≦

攻殻11巻やっと見れました。やったー!やったー!

しょっぱな,バトーさんうなってましたね。
最初何の声かと思っちゃいましたよ~。(うなり声が)

21話「敗走」バトーさんがケガした時のあの,トグサさんの艶っぽさ。(←すでに腐女子モード)
ねぇ?ねぇ?ナンカ含んでません?IGプロダクションさん。
もうトグサさん,少佐にも目もくれず,一目散にバトーさん所行ってましたから。
「やられたのかダンナ・・・」
「大丈夫だよ,気にすんな」

気にしますって!(笑)



腐女子心がメラメラと萌えてきてしまいましたヨ?
ダメ押しが,本部での憔悴し切ったトグサさん。
そんなトグサさんに気づくバトーさんも・・・ おほほほほほーっ。(←壊れた)

22話「無人街」 プロトくんがなぜに背広着て,課長についてきてるんで?
はっ もしかして,プロトくんって,鑑識期待の新人じゃなくて,9課も兼任する候補?
しかし,背広姿のプロトくん,いいですなぁ~。(←所詮,背広萌えですから・・・)

バトーさんと話終った合田氏,なんだか嬉しそうで元気みなぎってましたが・・・もしかして,合田さん,バトーさんのこと狙ってた?
バトーさんに誘われて,二人っきりで話せたのが,楽しかったのかしら?
ああ,だから,9課に戦線布告の回で,
少佐とバトーさんが居る前で陸軍の隊長さんと「有線で話そう」と言って,わざと気に障ることをして,バトーさんの気を引きたかったのね!!
彼は,好きな子ほどいじめるタイプっぽいものね~。
(そんな事しか考えてねー私って・・・。反省。)
そんなバトーさんですが,カッコいいところも。少佐が“心ココにあらず”な状態の時に,
「俺たちはな,お前の才能に引かれてココに居るのは確かだが,お前の支えになれねーほど依存している訳でもねーんだぞ。」

オオーッ!!カッコいいバトーさん。

そんでもってボーマの過去も露見。
「大戦中は軍にいた。まぁその頃は仕掛けるのが専門だったがな」
えっ?仕掛けるって?
あんな図体で,工作員だったとは。恐れ入りました。

↓CONTINATION CONTINATION↓
     ココより下ネタ風味。


物語終盤,難民街のビル屋上で,ヘリに足をかけている(バックで飛行機が飛んでる所ね)クゼ氏ですが,
アソコ ビミョーに盛り上がりがあるんですケド?かなり大きいヨ?
しかも,せりあがっていない状態でね。
・・・スミマセン。妄想が見せた産物ですね。
あと,「個別の11人プログラム発症因子」ですが,なんと条件が
義体化以前に
道程! じゃなくて

童貞だった事!!



イヤーっ。やってくれます。合田さん。
「人が悪いにも程があるぞ」
って言ってたケドバトーさん,まさか・・・?
さて,ボーマくんは発症するんでしょうか?(笑)
「攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG 9.10巻」

11巻がレンタル中だった為,現在バトーさんがクゼ氏に向かって
「きさまぁ~。なめてるのか!!」
バトーさんのアップで終っとります・・・。

「ぎゃぁ~っ!!早く続きが見たいんだよぉぉぉーーっっ。」  ドンドンドン! ガン?

仕方がないので♪お手紙~じゃなかった・・・「今日からマ王」の3巻借りてきました。
感想などは,別枠で。

「修好母子」で少佐が台湾の町を散策していた時,バックのお店(おばさんが店番しているヤツね)の看板に 「 臭豆腐 」 なるものを見たんですが・・・。
アニメの中だけの物かと思ったら,台湾や中国に本当にある豆腐でした。
その名の通り,すっっっっごいにおいがするそうで。(どんな匂いかは→→
→ゲロとかトイレの匂いとからしい。)
こちらの豆腐,石灰等の中に入れて発酵させた豆腐だそうで。
ちなみに「臭豆腐」は「ちょうどうふ」と読むそうだ。(「しゅうどうふ」かと思った)

「天使の歌」は,劇場版みたいなつくりでした。イノセンス見ているみたいな。
ところで,このお話のバトーさん,ちょっとストーカーチック入ってましたよ?
で,ココの中で,ベルリンの警察長官?らしき人が,国際混合チームに説明しているテレビ画面で,手術シーン時右端に日付が出ていたとき,「oktober」ってなってたけど,アレって「october」の間違いでは?
ドイツ語では,ああ書くのかな?

「北端の混迷」は・・・突っ込みどころ満載で・・・^Д^;ゝ
プロトくんが,課長の車運転してたり(そんなに九課って人がいないのか!!)
トグサさん,お兄ちゃんから巣立ちして,サイトー・バスさんたちとチーム組めたり,
麻呂マユの彼,過去に少佐にえらい目にあってそうだったり・・・。
択捉の発掘現場では,そんなに部外者(ロシア人とか陸自のアームスーツとか九課のタチコマとか)ボンボコ入れていいのか?警備甘くない?と。^Д^;

一番笑えたのは,10巻の山寺さん(トグサ役)と山口さん(ボーマ役)と監督さんとの対談。
最終回予想で,ボーマが「個別の11人ファイル」発症しないのかという問い掛けの落ちに,
「(最後ボーマが発症して)あのままオカシクなっちゃって除隊みたいなね」という山寺さんの答えに,
山口さんが
「除隊じゃなくて,除名・・・(それじゃあ)まさに降格機動隊ですね・・・(苦笑しながら)やめてください~。」←山寺氏に倒れこむ
はらぁ~抱えて,大爆笑でした。

前に監督さんが,数少ない攻殻の女性ファンには,
「パズが一番人気あるだろう」
とおっしゃっていたので,一応その中に入る(あつかましい?)であろうとイウコトデ・・・

●うがんじ的キャラ人気順位●

一位 バトー      七位 課長
二位 トグサ      八位 パズ
三位 少佐       九位 オペレーターのお姉さん
四位 タチコマ     十位 ボーマ
五位 鑑識の主任   十一位 サイトー
六位 イシカワ

ってトコでしょうか?
1.2.3位,順位はついてますが,ほぼ同率首位なんですけどネ・・・。^Д^;ゝ