「おばあちゃんの原宿」として知られた巣鴨商店街、JR北口から道路を横切って駅前商店街を巣鴨地蔵に向かって進んで行くとドコモショップの隣に「座・ガモール」という店が2月14日開店した。

 ここは北宮崎県の物産の販売を行う、いわゆるアンテナショップである。

北宮崎、延岡、高千穂、日向市が神話に習って<神の国から>という会社を設立して地元大正大学の協力を得て、産地の物販を販売することになったのである。

 私も出身地、延岡の観光大使を拝命している以上この日は駆けつけなければならない。

2階には交流するサロンもあって会合なんかもできるようになっている。

 私も延岡出身でありながら知らない産物も多い。「チキン南蛮発祥の地」としても売り出しているがその他、辛麺、などたくさんの品数があるがとりあえず買ってきた。オープニングセレモニーには、宮崎の地元の参議院議員・衆議院議員も来ていたね。

 夕方には大正大学へ場所を移して祝賀会を行ったが、生まれて初めて大正大学の門をくぐったね。

ここでは学長の挨拶や、豊島区長も出席してあいさつをしていた。

 最後には延岡観光協会会長の挨拶や、私たち観光大使の紹介もされた。

フェースブックなどでも紹介しているが、皆さんも巣鴨地蔵へお出かけの際はぜひとも立ち寄ってわが故郷の名産をお買い求めいただきたいですねぇ、お願いします。

 私も時々は2階の交流サロンへ顔を出しますので、もしいた時はお茶の一杯でもお出しいたします。

大正大学の生徒が店員となって働くので、夕方の5時半には終了しますので昼間の会合でしたら、空手関係でも利用したいものですねぇ。

 その後は近くの居酒屋などもありますし、若いものは巣鴨とモールをくっつけてガモールと呼んでいるそうでそれが店名の由来になっているそうだ。

近くには六義園などもある。桜の季節になるとちょっと足を延ばしてきてくれるとありがたい。

 今回は私の地元延岡の広告になったが、よろしくお願いします。

AD