1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年02月24日(火) 00時00分00秒

大阪モノレール彩都線にもし都市間高速バスが対抗すれば?

テーマ:うえしょうの「鉄道総論」

桃花台新交通が廃止されて数年経ちますが、この背景には都市間高速バスが脅威となっている側面もあったりするのです。
http://www.meitetsu-bus.co.jp/city-highway/index.html

もっとも、桃花台の場合は高蔵寺方面や桃花台東から都心部への高速バスもあるので、都市間高速バスだけが原因ではないのですが…。

とはいえ、「トドメを刺された」という感じなのも事実です。


一方、大阪でも「都市間高速バスを走らせれば需要が見込まれる場所はあるのではないか」と考える人もいるみたいです。
料金が高い大阪モノレールに対抗する形で「彩都から大阪まで都市間高速バスを走らせればいいのではないか」という話を耳にしたことがあります。

確かに、彩都から千里中央経由で大阪(梅田)まで行く場合と、桃花台から栄までというと乗換2回、私鉄3社にまたがるという点では共通しております。
山田乗換えにすると私鉄2社で済むのですが、阪急も乗換えがあったり千里中央経由よりも本数が少ないなど不便な側面もありますしね。


とはいえ1時間に1本くらい、彩都始発で国道171号線沿線から集客し、新御堂筋で新大阪経由大阪行きにすれば、それなりに利用客は見込めるように思います。
ただ、運賃は高くても500円台までに抑えないと鉄道の方が優位になりそうですが。


さて、こうした都市巻高速バスが出来るとモノレールの脅威になるのでしょうか?
これはモノレールにも秘策があり、YESとは言い難いのではないかと。
彩都の場合は桃花台とは異なり、モノレールを千里中央まで延伸させれば乗換えは1回減ります。
それに北急はもともと安いため、桃花台ほど深刻な値段にならないのです。


もっとも、彩都からは豊中方面への流れも見込まれるなど、他にもモノレール自体は需要はあるので廃止になるようなことはないと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年07月15日(火) 00時00分00秒

北海道新幹線への期待と不安(5)

テーマ:うえしょうの「鉄道総論」

前回に引き続き、北海道新幹線札幌開業後の影響について予想してみましょう。

(4)所要時間的に似ている東京-広島間の新幹線:飛行機のシェアと同等になるのか

新千歳空港は札幌から遠いので不利と思う人もいるようですが、この区間には鉄道やバスが多く走っており所要時間も短いです。
むしろ広島空港の方が山の中で鉄道では行けないところにあり、バスに頼らざるを得ない不利な状態です。
この点では東京-広島に比べて不利といわざるを得ません。

(5)仙台以北の区間列車の登場はあるのか

山陽新幹線博多開業時には、新大阪以西の区間「こだま」が登場し、現在では「ひかりRailstar」など一大勢力です。
そして九州新幹線博多開業時には、ついに全区間直通列車が皆無(東京-鹿児島中央)となります。

東京-札幌の場合は距離的には東京-博多と同等ですから、距離的に似ている盛岡-札幌などの区間列車が登場することは考えられます。
ただし、現在の東北新幹線の場合は盛岡で分割・併合が行われており盛岡以北の編成は短くなっておりますので、区間列車の必要性は低いです。
一方の東海道・山陽新幹線については、新大阪などでの分割・併合が行われていませんので「仕方なく」区間列車があるのが現状です。
(東海道・山陽新幹線でも分割・併合は検討されており、「ひかりRailstar」が8両編成になったのは「2本つなげて16両で東京乗り入れする」ためだったりしますしね)ありえるとすれば、東京-札幌(盛岡以北各停・臨時で秋田編成併結)の列車を青森止めにして、その延長上のスジに北海道内の需要に対応するための函館-札幌間の列車を走らせるというくらいです。
なお、早朝・深夜には函館・青森・盛岡・仙台-札幌という列車が登場するでしょうね。
5回にわたってお届けいたしました北海道新幹線は今回が最終となります。
やはり早く開業して欲しいものですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008年07月08日(火) 00時00分00秒

北海道新幹線への期待と不安(4)

テーマ:うえしょうの「鉄道総論」

北海道新幹線札幌開業後の影響について予想してみましょう。

(1)東京口の東北・上越・北陸新幹線の本数について
東北・秋田・山形新幹線については、札幌超速達(360km/h列車)、札幌・秋田速達、札幌(盛岡以北各停・臨時で秋田編成併結)、盛岡(仙台以北各停)、仙台・新庄速達(停車駅多)、仙台・山形速達(臨時。停車駅多)、郡山(各停。仙台or那須塩原の場合あり)の1時間7本が必要です。
上越・北陸新幹線については、金沢延伸後の北陸新幹線を考えて新潟速達、新潟各停、越後湯沢各停(臨時)、金沢速達、金沢各停、長野速達、長野or軽井沢各停(臨時)の1時間7本が必要です。
あわせると1時間14本ですが、実際には回送や列車遅れ時の対応も出てくるので、全てを東京発着には出来ず1時間に2本は上野または大宮発着となるでしょう。
これは臨時のスジとなる仙台・山形速達(臨時。停車駅多)と長野or軽井沢各停(臨時)が適任です。

(2)仙台発着の速達型の列車は必要?

のぞみ大増発前にはのぞみの続行運転がありましたが、360km/h列車の続行運転の必要はあるのでしょうか。
東京-仙台は東京-名古屋と同距離で、仙台の人口は名古屋の人口の1/3。仙台止めにする理由がイマイチです。
仙台までの速達型としては盛岡発着の列車が利用できると考えておりますので、E5系が増備されればこれを充当させるのがよいと思います。
どうしても仙台止めにしたいのであれば、このパターンの列車を仙台止めにして仙台以北へは仙台で乗換えという方法も考えられますが、古川・一ノ関・北上などの各駅から東京方面へ出るのに乗換えが生じるのはマイナスなのでそこまでする必要はないと思います。
どうしても仙台から座りたいのであれば、東京-仙台・新庄の列車を利用するのでよいと思います。

(3)東京-札幌の適正本数は?

(1)のように考えると1時間3往復は可能だと思いますが、所要時間が違うため盛岡以北各停型の札幌行きは360km/h列車に抜かれ、実質2往復になると想定します。
多客期を考えるとやはり360km/h列車がもう1本必要だと思いますので、最終的には360km/h列車のスジを1本用意して、東京-大宮間を限界の15本にすることが必要かと思います。

仙台から札幌まで途中に政令指定都市はなく、中核市ですら青森・函館しかない現状を考えると、多客期以外であれば、重要的に考えると1時間2往復でいいと思います。
まだあるのですが、次回に致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。