渋谷ではたらくプログラミングスクール校長のアメブロ

小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids 代表取締役社長・上野朝大のブログ


テーマ:


最近、子どもを対象としたプログラミング教室が全国的に増えているようですとらさん

総務省が今年6月に発表した
プログラミング⼈材育成の在り⽅に関する調査研究報告書』では、
全国で51のプログラミング教室・講座があり、そのうち半数以上が
関東で開催されているとされていますが、最近の実感値では、
東京や関東近郊のみならず、他の地域でも子ども向けのプログラミング教室が
少しずつ見られるようになってきたようです。


プログラミング専門の教室というのはまだまだ少ないようで、
学習塾や幼児教室、パソコン教室などで、
プログラミングの講座を開いているところが多いようですねとらさん


最近は、そういったスクールを紹介する比較サイトなども充実しているようで、
当社もこちらのサイトさんで紹介していただきましたいいね!


プログラミング初心者向けの独学勉強法・スクールをご紹介「プロスタ」


大人向けから子供向け、オンライン講座から対面講座まで、ざっと数えただけでも
実に40社以上のプログラミングスクールが紹介されています。



Tech Kids Schoolも、10月からカリキュラムのリニューアルを行い、
心機一転、新学期がスタートしました!


現在、東京渋谷、大阪梅田、沖縄那覇の三校で、
計430名の生徒がプログラミングを学習しています。


認知も広がり、徐々に一般にも浸透してきたように思えるプログラミング学習。
一過性のブームで終わることのないよう、
子どもたちの「楽しい!」、「出来た!」、「もっとやりたい!」を
これからも応援していきたいと思いますぴかっ☆


■10月入学生徒募集中!
Tech Kids School


■Tech Kids Schoolを紹介していただきました
プログラミング初心者向けの独学勉強法・スクールをご紹介「プロスタ」
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


当ブログをご覧いただいている皆さま、お久しぶりです!
Tech Kids School校長の上野です。


筆不精で、すっかりご無沙汰してしまいました!


早いものでもう2015年も半分が終わろうとしていますね。
お子さんたちが心待ちにしている夏休みもすぐそこ!


夏休みといえば、CA Tech Kidsでは今年も

小学生のためのプログラミング入門ワークショップ
Tech Kids CAMP Summer 2015


を開催いたします いいね!


Tech Kids CAMPは2013年の夏に初開催して以来、毎年、前年比3倍で参加者数が増えており、
ご要望に応える形で、開催地・開催回数も年々拡大しているのですが、
今年はなんと、全国5都府県8か所で、計27回にわたって開催いたします!


今年のTech Kids CAMPは、規模も、内容も、大きくグレードアップしていますとらさん
特に注目のポイントを幾つかご紹介いたします。



【1】4つのタイプから選んで参加できる!

従来のTech Kids CAMPでは3日間しか選べませんでしたが、
今年からご希望に合わせた4つのタイプを選んでいただけるようになりました!

低学年のお子様向けの「Junior」(ジュニア)、
プログラミングを体験してみたいお子様向けの3日間「Trial3」(トライアル3)、
プレゼンテーション講座もついて充実の5日間「Basic5」(ベーシック5)、
基礎からみっちり学んで知識をつけたい方向けの7日間「Advance7」(アドバンス7)、


ご予定や、ご参加の狙いにあわせて、好きなコースを選んでご参加ください。


以上4つのタイプから、お好きなものを選んでご参加いただけます!



【2】3Dゲーム開発コースとマインクラフトコースが新登場!

今年のゴールデンウィークに開催し大人気を博した「3Dゲーム開発」が、
Tech Kids CAMPのレギュラーメニューに仲間入り!

Unity(ユニティ)という開発プラットフォームを使って、
ホンモノのゲームのようにリアルな3Dゲームを開発することができます。


また昨今話題の「Minecraft」(マインクラフト)を使ってプログラミングを学べる
コースもこの夏から新登場!

レッドストーン回路やコンピュータクラフト(MOD)を用いて、
Minecraftの世界の中でモノづくりを体験します!



【3】プレゼンテーションを学べる講座も!

Tech Kids CAMPでは、自分の作った作品を最終日にみんなの前で発表する
成果発表会を毎回行っています。

ただゲームやアプリを作るだけでなく、
自分の作ったものを他者に見てもらい、評価やフィードバックを受けることで、
次の作品のアイデアを得たり、創作意欲につなることが出来ますし、
「他の人が喜んでくれるモノを作ろう!」という気持ちが芽生えるからです。

最終日の成果発表会に向け、CAMPでは毎日発表の練習の時間がありますが、
「Basic5」と「Advance7」では、なんとプレゼンテーションに特化した講座も設けました。

プレゼンテーションの流れの組み立てから、人前での話し方、スライドの作り方まで、
バッチリ学ぶことができます。



【4】遠方からの方に朗報!宿泊プラン

これまで遠方からお越しの方には、ご自身で宿泊をご手配いただいておりましたが、
今年の夏は宿泊プランをご用意しました!

他の参加者やスタッフ(メンター)も一緒に泊まりますので、
ホテルに帰ってからもワイワイガヤガヤ、楽しい思い出を作れること間違いなしですいいね!



Tech Kids CAMP Summer 2015のお申し込みは現在絶賛受付中ですが、
なんと6月30日までのお申込みで3,000円OFF!


人気の日程は満席になることが予想されますので、
参加をご検討いただいている方は、ぜひお早めにお申し込みくださいねとらさん



久しぶりのブログが、告知感の強い内容になってしまいましたが、
皆様のご参加をお待ちしています!


↓お申し込みはこちらから

小学生のためのプログラミング入門ワークショップ
Tech Kids CAMP Summer 2015







いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、東京都北区立豊川小学校 5年生全児童を対象に、
メディアリテラシー学習の研究授業として「iPhoneアプリ開発体験授業」が行われ、
CA Tech Kidsが協力させていただきましたとらさん




※写真は許可を得て撮影・投稿しております

1時間目は、Tech Kids School で使用している教材に沿って、
ボタンを押すとランダムに画像が出てくる「おみくじアプリ」を開発。

2時間目には、アプリを利用する対象者を設定した上で、
その対象者に合わせてアプリのデザインを変えたり、プログラムを書き加えたりと、
一人一人がオリジナルな作品に改造していきました。

授業を通して、「アプリがパソコンで作れることを知った」
「著作権や肖像権の大切さを知った」など、アプリの仕組みや情報モラルついても
理解が深まった様子が伺えました。

最後には、学校で1人1台配布されているiPadに自分の作ったアプリを入れることができ、
参加した児童たちは楽しみながら開発したアプリを友達同士で体験し合っていました!



CA Tech Kidsでは、これまでも立命館小学校で
ScratchやJavaScriptなどを使ったプログラミング授業
を実施しているほか、

世界的なプログラミング教育推進ムーブメント「Hour of Code」と連動して
インターナショナルスクールでプログラミング授業
を行うなど、

学校現場でのプログラミング教育の普及・推進にも力を入れています。


日本でも学校教育でのプログラミングの導入が検討されているなか、
先行している民間企業として、果たすことのできる役割があると思います。
今後も引き続き、公教育におけるプログラミング学習の普及推進に貢献してまいります。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
小学生向けのマンツーマン英会話サービスを提供するGaba kids
Tech Kids Schoolがコラボレーション!

先日、Tech Kids School東京渋谷校にて、
Gaba kidsの外国人インストラクターと共に英語でプログラミングを学ぶ
「1DAY Programming Challenge in English」を開催しました♪


昨今の急速な国際化・IT化に伴い、英語の必要性はさることながら、
プログラミングの能力も21世紀に必要なスキルとしてその重要性が叫ばれています。

お子さんが、プログラミング・英語それぞれの楽しさを知り、
継続的な学習をはじめるきっかけを提供することを意図して開催しました。







イベントでは、英単語のマルバツクイズ「English Word Quiz」と、
英文を入力すると小鳥がその返事を返してくれる「English Talk」という
2つのiPhoneアプリを開発しました。

外国人インストラクターに英単語を発音してもらい、
その音声をアプリで再生できるように改造してくれた参加者も!

最後には、開発したアプリを参加者全員が英語で発表しました!



英語が話せることで、世界中のより多くの人と会話をすることができますが、
プログラミングを使いこなすことで、地球の裏側にいる人にも使ってもらえるような
サービスを生み出し、世界を一つに繋げることができるようになります。

グローバルスキル、というと大げさに聞こえますが、
「自分の世界をもっと広げるための力」として、
英語もプログラミングも、とても大きな可能性を秘めたスキルではないでしょうかとらさん


■プレスリリース
CA Tech KidsとGaba kids
英語×ITを学ぶ「1DAY Programming Challenge in English」を共同開催




■メディア掲載:リセマム
GABA×CA Tech Kids、英語とプログラミングを学ぶ小学生向けイベント12/13


■メディア掲載:ICT教育ニュース
CA Tech KidsとGABA/英語とプログラミングを同時に学ぶ体験会を12月開催
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、子供向けの科学雑誌「子供の科学」(愛称:KoKa)
Tech Kids Schoolの共同で、キッズハッカソンを開催しました!

Tech Kids School では今年4月から10月の半年間にわたり、
「子供の科学」誌でプログラミング講座を連載したのですが、
先週日曜日は、そんな「子供の科学」誌の読者が
Tech Kids School に集まり、ハッカソンを開催しました。

ハッカソンとは、「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、
制限時間内にひとつの作品を作り上げ、プレゼンテーションをする開発イベントのこと。


ゲーム部門、ツール部門、アニメ部門の3つのテーマの中から1つを選択し、
参加者がゼロからアイデアを考えて開発に取り組みます!






KoKa読者のみんなはプログラミング経験者も多く、非常にレベルの高い作品も!

ハイレベルなシューティングゲームや、旅行の計画書をつくってくれる便利ツールなど、
面白いアイデアの作品がたくさん誕生しました☆


■プレスリリース
CA Tech Kids、科学雑誌 「子供の科学」 と共同で小学生向けハッカソンを開催


■ハッカソンで開発された作品はこちらで公開していますぴかっ☆
Scratch 「子供の科学 × Tech Kids School」

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日開催された、当社の母体である株式会社サイバーエージェントの株主総会にて、
CA Tech Kidsの事業が株主の皆様に紹介されましたとらさん





株主総会では、当社HPでご紹介しているイントロダクションムービーも上映されました!


プログラミング教育という新しい分野で先進的な取り組みを行い、
社会に対して価値を提供することはもとより、
母体であるサイバーエージェント社の経営にもインパクトを与えるような事業に
育てていきたいと考えています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


本日、神戸のインターナショナルスクール Canadian Academy の放課後スクールに
Tech Kids School が協力し、プログラミング教室を開催しましたいいね!

Canadian Academyでは、世界的なプログラミング教育推進運動「Hour of Code」
(アワー・オブ・コード)に賛同し正課内でプログラミング学習に取り組んでいるほか、
当社との連携によるプログラミングキャンプも開催されています。



今回の放課後スクールでは、英語と日本語のバイリンガルのスタッフに
サポートしてもらいながら、JavaScriptやHTMLなど本格的なプログラミング言語を用いて
Webアプリの開発を行いました!





※一部の写真をCanadian Academy様のOnline Photo Albumから引用させていただいています


Hour of Codeのコンセプトは、
「すべての児童・生徒にプログラミング教育を行うこと」
ではなく、
「全ての児童・生徒がコンピュータサイエンスを学ぶ機会を得ること」
となっており、あくまで「機会の平等」にフォーカスされています。

スポーツや芸術と同じように、プログラミングにももちろん好き嫌いがあるはずですので、
全ての子どもが義務的に取り組む必要はまったくありませんが、

プログラミングに取り組んでみたい、自分の力で何かを創り出してみたいと
望んでいる子どもたちがいる以上、
私達は、その機会をたくさん創り出していきたいなと考えていますとらさん



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



世界的なプログラミング教育推進運動「Hour of Code」(アワー・オブ・コード)が
12月8日から世界各地でスタートしていますとらさん


「Hour of Code」は、アメリカの非営利活動法人「Code.org」が推進する
世界的なプログラミング教育推進運動です。

同団体が主催する、12月8日~14日の「コンピュータサイエンス教育週間」の期間中、
180カ国以上で7万件を超えるプログラミング教育のイベントが開催され、
数千万人の児童・生徒が参加します。

「全ての児童・生徒がコンピュータサイエンスを学ぶ機会を得る」ことを目的に行われており、
アメリカのオバマ大統領やFacebook創業者であるマーク・ザッカーバーグ氏、
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏など、多数の著名人がこの運動に賛同しています。


Tech Kids Schoolでは、「Hour of Code」の趣旨に賛同し、
日本でもより多くの子ども達がプログラミングを学習する機会を提供するため、
一部のプログラミング学習教材をHP上で無償公開することを決定いたしました。

■プレスリリース
CA Tech Kids、世界的プログラミング教育推進運動「Hour of Code」に賛同
Scratchを使ったゲーム開発講座の教材をHP上で無償公開



この度公開する教材は、
学習用プログラミング言語『Scratch』(スクラッチ)を使ったゲーム開発の教材で、
全部で7種類の教材が用意されています。

知識の習得ではなく、体験による継続的な学習意欲の喚起を目的としたもので、
30分程度の短い時間で、家庭でも簡単に取り組むことができる内容です。

ぜひご自宅でチャレンジしてみてください!

詳しくはこちらのページをご覧ください

※公開している教材はTech Kids Schoolの授業で使用しているものとは異なります
※公開している教材は14年4月から10月にかけて当HP上で掲載したものを再編集したものです
※公開している教材の著作権は、株式会社CA Tech Kidsに帰属します
いいね!した人  |  リブログ(0)