桂小五郎との出会い6

テーマ:
「あなたなら存じ上げていた。

わたしは土佐藩坂本竜馬というものです。貴藩の益田越中殿に招かれて剣術試合にまかり越していた」


「痛み入る」

桂は立ったまま深く頭を下げ、

「おゆるしくださいましょうな。存ぜぬとは申せ、藩が招いた方を諜者であると眼違いしておりました」

「いや、あやうかった。

越中殿は貴殿さえ御仁に立ち返っておれば

やみやみと土州には勝たせぬと申されていたが、

いまのすさまじさをみて、よくわかりました」

「なにを申されます。武士が刀を折られるとはこの上ない恥辱でござる。

それよりも貴殿を諜者と間違えて成敗しようとしたこと、

虫のよい申し分でござるが、御内聴にねがえまいか」



竜馬がもし品川へ帰陣してさわぎたてれば、長州、土州の両藩の紛争になりかねない。

当然、益田越中も桂小五郎も極地に立つことになるが、

そういうことよりも桂は主家に迷惑をかけることを恐れたのだろう。


竜馬は気の毒になった。

気の毒になればつい言う事が行き過ぎてしまうたちの男なのである。


「なにご遠慮なさるな。わしは諜者よ」


小五郎もこれには息を詰めるほど驚いた。


せっかく諜者の疑いを解いてやったのにこの男はじぶんからあらためて庁舎だと名乗ったうえに小五郎を慰めるように

「だから、あなたは藩に対してなにも遠慮することはありません。

あなたの眼力はただしかったし、処置もあれで良かった」というのである

(こいつ馬鹿か)


小五郎は声も出さずに立っている。











引用著書
「竜馬がゆく」
司馬遼太郎

 
AD