都は平成22年度から3年間をかけ、交通事故の映像を録画するドライブレコーダーをすべての都営バスに導入することを決めた。

 ドライブレコーダーは、事故の衝撃などにより事故前後の様子を録画するほか、速度やブレーキの有無などのデータも記録する。

 都営バスでは20年から試験導入しており、事故の分析などに効果があったことなどから1456台すべてへの搭載を決めた。都によると、取り付け場所はバスの前後左右が撮影可能な4カ所になる。

堀江元社長の資産、競売中止=供託金支払い-東京地裁(時事通信)
日医会長に親民主・原中氏 自民候補の推薦撤回、焦点(産経新聞)
中国毒ギョーザ 家族思い、いい子だった…容疑者の両親(毎日新聞)
民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」(産経新聞)
ツイッターの信頼性 “なりすまし”防ぐ機関設立を(産経新聞)
AD