2012-05-08 09:57:46

内臓疲労と肩こり

テーマ:肩こりでお悩みの方
内臓が疲れていると肩がこる。
えっ?と思われるかもしれませんが、内臓と肩こりには
実はとても深い関係があるんです。


今日はその関係についてお話していきたいと思います。

まず始めに内臓自体に問題はなくても、内臓に負担をか
けている原因があるのをみなさん知っていますか?


それは骨盤の歪みです。
骨盤は人の体にとって支柱となる大事な部分ですが、
クセのある悪い姿勢で生活をしていると少しずつ歪んで
きます。
足を組んだり浅く座ったり肘をついたりと・・・
悪い姿勢は挙げればきりがありません。

そして長い年月、歪んだまま生活を送っていると骨盤は
少しずつ動きが悪くなっていき、骨盤周囲の筋肉が弱って
いきます。
そして硬くなりながら、筋力が低下してしまうのです。
すると内臓は次第に通常の位置から下にさがっていき
ます。
これが「内臓下垂」と言われるものです。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)


内臓が下垂することで姿勢は少しずつ前のめりになり、
頭が傾いていきます。
ここで以前「肩こりと姿勢」の項目でお話したように、姿
勢が悪くなることで肩がこってしまうのです。

ここまで体の状態が悪くなってしまうと、いくら休んでも症状は
改善しないことがほとんどです。
一度、当院に体のゆがみを診せて下さい。

同時に当院では疲労回復を専門に取り扱うマッサージ店、
ボディ・チャージ(http://www.body-charge.jp/ )を
併設しています。
そこで行う内臓マニュピレーションは内臓機能を高める
マッサージで、内臓疲労をしっかりとっていきます。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

内臓疲労からの肩こりは当院及びボディ・チャージに是非、
お任せ下さい。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-24 08:41:43

骨盤の歪みと肩こり

テーマ:肩こりでお悩みの方
普段、診察している際によく聞かれるのが、

「この肩こりは腰からですか?」という質問です。


結論から言いますと骨盤がずれると肩はコリます



体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)
          
(c)フリーメディカルイラスト図鑑  


骨盤には上半身のさまざまな筋肉が付着しています。

その中でも特に重要なのが、骨盤と上腕骨(腕の骨)をつなぐ広背筋です。


骨盤が歪むと広背筋に引っ張られて、肩甲骨が下に引っ張られてしまいます。
そうなると肩の高さをそろえてバランスを取るために、肩こりの筋肉である僧帽筋が緊張します。


この僧帽筋の緊張が肩こりの最初に起こります。
後は姿勢や目の疲れなどの手伝って、どんどん肩こりの自覚症状が増していきます。

何しても治らない肩こりは骨盤の歪みを疑ってみるのも一案だと思います。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□
腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-02 09:06:06

肩こりと姿勢

テーマ:肩こりでお悩みの方

今回は以前肩こりの原因が

 1.姿勢の悪さ
 2.骨盤の歪み
 3.内臓疲労
 4.眼精疲労
 5.むち打ち症の後遺症


などが挙げられると書きましたが、今回はその1として


 

姿勢が悪いと肩が凝るのはなぜか?

を書きます。



肩こりというのは、主に僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉が緊張している状態を表します。



体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)



 

僧帽筋はどういう役割を果たすかというと、簡単に言うと頭を支える役割をします。

特に頭が前に傾くのを抑える役割を果たすのです。


頭の重さは同じ大きさのボーリングのボールぐらいありますので、

姿勢が悪くなり、ちょっとでも頭の位置が傾くと僧帽筋にはすごい負担になります。


つまり、胴体の真上に頭が垂直に位置していれば、僧帽筋は緊張する必要がなく肩は凝りません。


頭が前に傾いているから肩は凝るのです。


では、どうすれば良いかと言うと


胸を張るのは絶対にしてはいけません。

 

操り人形をイメージしてください。

頭の上から一本の糸で吊り下げられているイメージです。

 

このイメージで立ったとき始めて、力が抜けた状態でバランスをとることが出来ます。

出来れば、他の姿勢を良くするイメージは全て捨ててください。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)


しっかりイメージできれば、体型にもよりますが、上の図の左の

絵のような良い姿勢に自然になることが出来ます。




□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-06-11 08:30:15

肩こりの原因

テーマ:肩こりでお悩みの方


肩がこる原因を挙げると

 1.姿勢の悪さ
 2.骨盤の歪み
 3.内臓疲労
 4.眼精疲労
 5.むち打ち症の後遺症
 
などが挙げられますが、実際どれもが原因に当てはまります。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

しかし、実際に肩がこっている人は自分がどの原因に当てはまっているのかを正確にわかっている人はほとんどいません。

肩がこった場面が自分の肩こりの原因だと思ったら、大間違いなことが良くあります。

実際に肩がこる場面というものは、仕事であったり、勉強であったりして避けられない場面が多いのが、実情です。


では、肩はこるものとして諦めるしかない・・・

そんなことはありません!
諦めることはないのです!

肩こりのメカニズムをしっかり理解をして、しっかり原因から治療を行えば、ほとんどの肩こりは改善可能です。

次回から、それぞれの肩こりのメカニズムを説明します。
 

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)