2012-06-19 08:59:19

腰痛に関する記事

テーマ:腰痛でお悩みの方
腰痛に関する記事です。
これからもどんどんアップしていきます。

1.春先の腰痛について
2.腰部椎間板ヘルニア
3.ぎっくり腰とは
4.ぎっくり腰Part2その原因と予防
5.腰痛ベルトの巻き方
6.座って立つ時に腰が痛む




□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□
腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-18 15:38:48

座って立つときに腰が痛む

テーマ:腰痛でお悩みの方

今回の症例は日々の診療で、ほぼ毎日耳にする症状についてです。


その症状は「座って立つときに腰が痛む」というもので、

骨盤の関節に異常がある方にとても多い症状のひとつです。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)
  

では、なぜ立つときに痛むのでしょうか?


座っているときは痛くなく、

立ち上がってしまえば痛くない

立つ時だけに発生する痛み


実はこの痛みは骨盤の関節(仙腸関節)に異常があり、

仙腸関節の周りの靭帯に負担がかかっている人に起こります。


特に長時間座っていると

骨盤の関節のズレがひどくなるために起こります。


立ち上がって骨盤が安定すると消えてしまう痛みは


腰の悪さで言うとまだ軽度です。


ひどくなる前に簡単に治るので、治療をオススメします。


こちらも合わせてご覧下さい。
当院での腰痛治療の考え方



■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


■□□■□□■□□■□□■□□■□□
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-05-23 09:00:32

腰痛ベルトの巻き方

テーマ:腰痛でお悩みの方
こんにちは、うえだ整骨院です。

ここ最近の気温差から腰に痛みを感じている方が
いると思われますので、今回は腰の負担を減らす
腰痛ベルトのお話をしていきます。

腰痛でお困りの方は大体1本や2本持っている腰痛ベルト。
腰痛のタイプによっても選ぶベルトが変わってくるので、
選ぶ際は専門家に相談して下さい。

今回はうえだ整骨院でお勧めしているベルトの巻き方を解説します。
ベルトの説明書には載っていない巻き方なので、参考にされる方は
よく読んでいただき、ご質問があれば当院にご連絡下さい。


まず、ベルトの選び方ですが、

下の写真のような補助ベルトが付いているタイプを選んで下さい。
上下を間違わないようにして下さいね。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

ベルトを巻く前にまず、ベルトを二つ折りにして、
補助ベルトをはずして下さい。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

補助ベルトをはずしたまま、右腰から腰痛ベルトを当てます。

ベルトを当てる位置は下の図のように骨盤上部の下です。
わき腹から下に向けて体をなぞって、硬い骨に触れるところです。



体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)


後ろからメインのベルトを骨盤に巻きます。
ここは重要です。お腹ではありません。骨盤です。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

次に補助ベルトを骨盤の上部から足の付け根に沿ってつけます。
斜め下に引っ張る感じです。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

完成した形がこれです。
補助ベルトを斜め下に引っ張ることにより、
腰痛の痛みの原因である反り腰を緩和します。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

体の赤い線のラインを見比べて下さい。
ベルトをつけるかつけないかでこれだけ姿勢が変わります。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

この巻き方で腰痛ベルトを着用することで、骨盤を安定させ
日常生活の悪い姿勢(反り腰)からくる腰痛を抑えることができます。

そして、ベルトを巻いた時の楽な姿勢をしっかり体で覚えて下さい。
ベルトを巻く前、巻いた後で違いが出ているうちは体は正しい姿勢を
覚えていません。
この正しい姿勢を体が覚えるには1~2年はかかりますが、巻いても
姿勢に違いが出なくなれば体が正しい姿勢を覚えたことになります。

私たちと一緒に痛みのない日常を目指していきましょう!



□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。


うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-20 12:18:24

ぎっくり腰part2 その原因と予防

テーマ:腰痛でお悩みの方
ぎっくり腰の原因

くしゃみやちょっとかがんだ時に起こるぎっくり腰、
きっかけは些細なことですけど、そこには注意すべき原因があります。
体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)
それは体の歪み+疲労です。
歪みがあるだけではぎっくり腰は起こしません。
逆に疲れているだけでもぎっくり腰は起こしません。

歪みと疲労がセットになった方がぎっくり腰を起こします。

それでは、なぜ疲労が溜まるとぎっくり腰を起こすのかというと
疲労が溜まってくると筋肉の機能が著しく落ちます。
簡単に言うと力が入りにくくなります。

骨は筋肉によって支えられているので、
いつもならなんでもない動作なのに、
上手く筋肉が働かず体重が全て腰の関節に負担としてかかってしまいます。

これがぎっくり腰です。

関節に負担がかかった瞬間、腰の関節では靭帯損傷が起こります。
この靭帯損傷がひどければひどいほど重症になります。
ひどい場合は全く動けないほどの痛みです。

ぎっくり腰が落ち着いてくると、じっとしていればほとんど痛みは感じないのに、
体を動かそうとすると激痛が走るようになります。
これは明らかに靭帯損傷をしているときの特徴で
しっかり治さないと長期化する恐れもあるので、注意が必要です。

医療機関に行くタイミング

歩けるようになってからです。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)
      

動けないうちは安静にして、患部に熱感があるようであれば冷やしましょう。
その場合は手の甲で他の部分との温度差を触り比べてもらうとわかります。
安静にしていても痛みがひどい場合は迷わず救急車を呼びましょう。
他の疾患の可能性があります。
どちらにしろ1度は必ず医療機関の受診をお薦めします。

ぎっくり腰の予防法
ぎっくり腰は普段あまり腰の痛みを感じない方が重症化する傾向があります。
普段からできることは睡眠不足に注意することと適度な運動です。
また、体の歪みを普段から定期的に整えておくのも良いでしょう。
うえだ整骨院オススメ自己管理法

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。


うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


疲労回復専門Body Charge
〒202-0021 西東京市東伏見2-6-2(うえだ整骨院裏)
TEL 042-452-7187
URL http://www.body-charge.jp
E-mail info@body-charge.jp

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-14 08:54:46

ぎっくり腰とは

テーマ:腰痛でお悩みの方
ぎっくり腰とは

欧米ではその病態から『魔女の一撃』と呼ばれるぎっくり腰は
まさにその言葉のとおり、不意にくしゃみや、
ちょっとかがんだ瞬間にグキッとなり動けなくなる。
重いものを持ってなるイメージがありますが、実際はほとんどありません。

なった人ならわかりますが、その痛みはひどいと動けないくらいの激痛を伴います。
特に気温の変化が激しいときは四季を問わず要注意です。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

実は、ぎっくり腰は病名ではありません。
ちょっとしたきっかけでなった急性の腰痛をぎっくり腰を呼んでいます。
正式には急性腰痛症というのが正しいのですが、痛める部位は人によって様々なので、
注意が必要です。

よく、ぎっくり腰だと思って、そのままにしていたら、
痛みがとれず実は腰椎椎間板ヘルニアだったということもあるので、
必ず専門家に診察をしてもらいましょう。
 
 


ぎっくり腰になったら、まずは安静にすることです。
とにかく、 痛んでいる場所にあまり負荷をかけず、
安静にして痛みが引くのを 待つことです。

決してお風呂などで温めてはいけません。
もし、患部に炎症という熱を伴う痛みがあった場合は温めると余計に悪くなります。

体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)

              
なにをするとぎっくり腰になりやすいのか?
また、 いざなってしまった場合には、どのように治療をしたらいいのか?
ぎっくり腰にならないために、日ごろから気をつけておけることはあるのか?

など、ぎっくり腰についてさまざまな疑問を持つ人も 多いでしょう。
ぜひこの機会にぎっくり腰について勉強してみましょう。

次回はぎっくり腰の原因と予防について書きたいと思います。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。


うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


疲労回復専門Body Charge
〒202-0021 西東京市東伏見2-6-2(うえだ整骨院裏)
TEL 042-452-7187
URL http://www.body-charge.jp
E-mail info@body-charge.jp

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-25 09:18:29

当院での腰痛治療の考え方

テーマ:腰痛でお悩みの方
当院での腰痛治療の考え方

腰痛とは腰の痛みを言いますが、その病態はさまざまで、それぞれに違った対処法をしなければなりません。

また、原因としては、「姿勢の悪さ」 「激しい運動や労働」 「老化によるもの」 「内臓の病気」 「精神的ストレス」 など、様々な原因が上げられますが、

これらの原因が引き起こす共通の体の異常が体の歪みなのです。

        スタッフブログ
上の図のように人間の身体は疲労やストレスにより歪みます。

それはストレスが1箇所に集中しないように分散させるためであって、健康な人であれば誰でも一晩寝ると自分の体が循環することによって、自分の力で歪みを解消します。

しかし、一晩寝てもその歪みが解消されない人は疲労が徐々に蓄積し、腰痛などの身体の痛みが現れ、治療が必要になります。


当院ではどのタイプの腰痛でも基本的には体の歪みを治療することにより、辛い症状を回復に導きます。

その上で個別の症状に対してのアプローチをしていきます。
そうすると一般的な治癒期間よりはるかに早く治癒に導くことが可能になります。

次回からは個別の症状を紹介します。

□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)