2011-06-20 16:18:46

大腿部外側のツッパリ感のある痛み

テーマ:症例

今回は大腿部外側(ふとももの外側)の痛みについて書きます。

なるべく専門用語は使わずに書きたいと思いますが、傷病の特質上、
どうしても書き方が専門的になってしまうところはご了承ください。


症例(50代 女性 )
3年前から、健康のためにウォーキングを開始。
その直後から椅子に座っていると右大腿の外側がだんだん痛くなり、その後に立って歩いていてもツッパリ感が消えず、もう治らないものだとあきらめていました。
そんな状況を友人に話すと、うえだ整骨院を勧められ来院。

当院に来る前は整形外科やハリ、整体などの治療を受けるも改善はしていない。


体の痛み相談室(うえだ整骨院公式ブログ)


当院での治療
当院で検査を行ったところ、腸脛靭帯(ももの外側)に炎症反応(熱感)を確認。
骨盤の左右のバランスが崩れ、特に右の骨盤は外方に変位(骨盤が広がった状態)。
股関節の外方変位もプラスされ、重心も外側に移動。

治療股関節と骨盤の調整を行いバランスをとったところ、歩いたときのツッパリ感が消失。
その後、5回の治療で座ったときの痛みも完全に消失。

この大腿外側の症状は骨盤がズレている方にかなり多く診られる症状です。
そして、この状態でモモよりさらに下の膝の外側が痛くなる症状をランナー膝と言います。
ランニングしている多く診られるため、この名前がついていますが、特別何もしていない人にも起こります。
 


治療のポイントは
重心が外方に移動してしまっているのをいかに治すか?
ということです。

 重心が外方に移動してしまっているという事は、足がまっすぐ地面につかなくなるということです。具体的には足の小指側で立つことになります。
これが足全体の外側への負担を増加させる原因となります。
骨格の歪みから来る重心移動なので、変にかばうと他の場所が痛くなることもあるので、注意が必要です。



□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

腰痛や肩こり、自律神経で悩んでいる方、
当院へご相談ください。
交通事故・自賠責保険の治療も専門外来を行っております。
   うえだ整骨院

〒202-0021 東京都西東京市東伏見2-6-2
TEL 042-469-0381

URL http://www.godhand.biz/
Mail info@godhand.biz


□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□■□□

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うえだ整骨院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿