お屠蘇とは「屠蘇散」あるいは「屠蘇白散」といい、れっきとした

漢方処方。

中国の三国時代(魏,約1700年前)の名医「華佗」の作、弘仁2年に、

唐から「蘇命」が来朝、「屠蘇白散」という薬を嵯峨天皇に献上し、

天皇が元日から三日間、お神酒に浸して用いたのが始まり。

 

屠蘇という名は、

「鬼気を屠絶し、人の魂を蘇生す」 「蘇とは魏鬼の名、この薬が鬼を成敗

した」 「屠蘇という名の草庵の住人が、里人の健康を守るため除夜ごとに

薬を配って元旦に服用させた」 ことに由来するとか言われる。

「屠」は一年中の邪気を払い、「蘇」とは病を避け、

長寿延命や無病息災を願うこと。

 

「一年の計は元旦にあり」お屠蘇は新年の大事な行事。

正月の三が日は衣装を正し東方を拝み、

「一人これを呑めば一家病無く、一家これを呑めば一里病無し」

と唱えながら、年少者から飲むのがしきたり。

 

江戸時代には幕府や民間でも、お屠蘇を飲むようになった。

紅色の三角の布袋に入れ、井戸の中の水毒を防ぐために、除夜から井戸

の中に吊るし、元日の朝にお神酒(清酒、味醂)に浸ける。雑煮を家族が頂

く前に飲み、新年を祝すのが仕来たり、松の内が過ぎるとその残り粕は井

戸の中に投じられる。

 

      

 

現在の一般的な屠蘇散は「延寿屠蘇散」といわれ、

白朮(びゃくじゅつ)」(キク科 オケラの根茎:健胃、利尿)

桔梗」(キキョウ科 キキョウの根:鎮咳、去痰、排膿)

山椒」(ミカン科 サンショウの果皮:健胃(香辛料)、駆虫、殺菌)

防風」(中国産 セリ科 トウスケボウフウの根:解熱、解毒。

  日本に自生する浜防風を代用)

桂皮(肉桂)」(中国産クスノキ科 シナニッケイの樹皮:健胃(香辛料)、

  発汗、解熱)

陳皮」(ミカン科 ウンシュウミカンの果皮:健胃)

丁字」(インドネシア産 フトモモ科 チョウジの蕾み:健胃(香辛料)、

 駆虫、殺菌) から構成。

 

どれも香気生薬や健胃作用を持つ生薬で、配合香気で邪気を払い

(祈祷,呪術)、脾胃に作用して食欲を増し、気を巡らせることを目的としている。 

             

            

 

 

AD

まだ暑いかもしれませんが。。。。。。


五藤薬局健康教室 


漢方クラス 開催です。アップ


漢方の基礎目


漢方の質疑応答グッド!


メンタルヘルス的漢方・・・・・・・目


9月5日月曜日 10時から11時半ぐらいです。


場所は五藤薬局店内です。

お問い合わせ・お申し込みは


電話 029-221-5046です。



                                   
                   

 

AD

自分用の漢方は煎じ薬で飲んでいます。アップ


     


煎じ薬は生薬を水に浸して煮出したものです。!?


漢方本来の飲み方です。葛根湯などの「湯」と名の付くものは、

煎じ薬で服用すると最も効果を発揮します。本来の形なので、

液体ですから体への吸収が良く、有効な成分を吸収しやすいし

服用の時や、煎じている時の香りも薬効の一つです。煎じ薬そ

のままの味が味わえ、味も薬効の一つです。


漢方処方の効果効能そのままですので煎じ薬の効能を最も発揮

します。また、味や香りも漢方薬の大切な構成要素です。


漢方薬の内容の構成生薬は、野菜果物と同じように、質の良い

ものとそうでないものがありますので、価格はもちろん、効果

も大きく変わります。


また、料理の種類によって野菜の切り方が違うように、生薬も

切り方(刻み方)で効果が変わってくるわけです。


エキス製剤は煎じ薬を調製した後に水分を除去して得られるエ

キス粉末に賦形剤を加え顆粒剤などにして製剤したものです。


厚生労働省の通知には、「エキス剤の指標成分含量は煎じ薬の

70%を超える事」と記載があり、煎じ薬が基準で、エキスにす

ると効果が30%以上落ちると示唆しています。化学的に顆粒に

したもので、体への吸収が煎じ薬に劣ります。製薬工場にて製

造するので、手元に来るときには香り成分がほとんど無くなっ

ています。


また顆粒状になっているので、煎じ薬などに比べ味がしない。

工場で製造する際に、熱分解や精油成分の揮発など、有効成分

の減少は避けられないでしょう。保険が適応されているものは

生薬の値段を国が決めていますので高い生薬を使うというわけ

にはいきませんね。


  

AD