東洋医学的な考え方 その12

テーマ:

そして、の動きキスマーク 



推動作用



推動作用とは、気が人体の成長と


発育・臓腑や経絡の生理活動・


血液の循行・津液の輸布などを


推進する作用)に


よるものですから




肝気滞らず伸びやかで


あることを指す、


疏泄作用


関係しているわけです。




つまり血の動きには


心・肝・脾


3つのはたらき


深く関係しています。


気の推動作用が失われますと


血の流れが停滞し、


しびれる・刺される
ような痛み


・皮膚の色や唇が紫暗色に変化する


などの症状があらわれます。




そしてさらに


脾の固摂作用が失われますと


不正出血や皮下出血などの


いろいろな出血の症状が

あらわれてきます。

つづく
AD