東洋医学的な考え方 その11

テーマ:

これは主におよび宗気の



推動作用によります。



需要に応じての量の調節は



肝の血を蔵するはたらきで行われます。




 

また、が脈内をたえまなく


漏れずに流れるのは、



脾の固摂作用によります。





※用語解説



固摂作用 漏らさない、出過ぎるのを止めるという意味


推動作用 代謝や成長や発育などのこと


疏泄作用 疏泄とは滞らず伸びやかであることを指します。


つづく


AD