国土交通省は23日、自動車の不具合に起因する事故や火災の件数が昨年1年間で1138件あったと発表した。

このうち火災が984件と全体の86.5%を占め、さらにそのうちエンジンルーム内の可燃物置き忘れなどが原因となった火災が72件発生していることが分かった。火災の原因別では、ウエスなどの置き忘れが全体の8割を占めているため、同省は日本自動車工業会などの関係団体に対し、ユーザーへの注意喚起を行うよう文書で要請した。

同省の調査によると、エンジンオイルなどが付着したウエスの最低発火温度は330 - 350度で、特に高速道路などの登坂路を走行した直後にサービスエリアで停車するような、排気系温度が高いままで維持される条件では容易に300 - 350度に達し、発火する可能性が高いという。

このため同省では、運行前のエンジンルーム内確認のほか、車両を長期間使用しなかった場合は、小動物や鳥類に持ち込まれた小枝などがないことを確認するとともに、走行中に焦げた臭いを感じたときは走行を継続しないよう呼びかけている。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
タタ ナノ、インドで車両火災事故が頻発
損保ジャパン、セゾン自動車火災に資本参加
EV整備には診断ツール普及が必要
点検整備3項目実施で2%燃費改善---自動車エコ整備
トミカ40周年、販売台数ランキング

早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ(産経新聞)
<山崎飛行士>優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
JR北海道 特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
V9巨人のエース堀内氏、自民が参院比例選に(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
AD